街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ハンガリー・ブダペスト動物園のレディとヴィタスの不妊検査 ~ ドナウ河岸の憂鬱

a0151913_1956434.jpg
レディ Photo (C) AP

a0151913_19573591.jpg
ヴィタス Photo (C) AP

先日報道されたニュースで49歳になられる女性の衆議院議員の方が、体外受精による妊娠の事実を公表されました。ご本人の「生みたい」という凄まじいばかりの執念は伝わってくるのですが、こう言ってしまってはご本人に大変失礼であることは十分承知の上で申し上げれば、同情以上に私には何か物悲しさを感じてしまいました。

相性がよいにもかかわらずホッキョクグマのペアに長い期間に子供が生まれない場合、切実に繁殖を願う動物園担当者としてはどうするでしょうか。いかんともし難い焦燥感に襲われるのは当然としても、ではいったいどうすればよいのでしょうか? ペアを変えてみる前に何かできることはないのか....そう考えたのがハンガリーのブダペスト(ブダペシュト)動物園だったのでした。この18歳の雄のヴィタス(Vitus)と19歳の雌のレディ(Lady)は1994年以来このブダペスト動物園でペアを組んできました。ヴィタスはドイツのケルン動物園の生まれ、レディはこのブダペスト動物園の生まれで、あのとべ動物園のピースの父親バールの妹にあたります。

ブダペスト動物園は地元ハンガリーの獣医さんたちに加えドイツからも専門家を呼び、2009年1月にこのヴィタスとレディの2頭に順番に麻酔をかけ不妊検査が行われました。a0151913_2014632.jpga0151913_202112.jpg









まず雄のヴィタスですが、超音波検査が行われ、そして精液が採取されました。その結果ですが、生殖機能の異常は発見されませんでした。性器に若干の傷があったようですが特別の問題ではなかったようです。精液のほうも申し分のない状態だったようです。そのため将来に備えてヴィタスの精液は冷凍保存されることとなりました。次に雌のレディです。場合のよっては人工授精を行う可能性も用意しつつ検査が行われましたが子宮に加齢が原因とも推測できる異状が見出されたわけでした。動物園は最終結果を公表しましたが、結論としてはブダペスト動物園でのホッキョクグマの繁殖を成功させるには新しい雌の個体が必要である....そういう結論に落ち着きました。

こういった一連の検査の様子を報じたハンガリーのTV局の映像がありますのでご紹介しておきます。



人間たちの心配と焦燥をよそにこの2頭は今年の夏も元気にプール遊びをしているそうです。 当分この2頭は仲の良い姿を見せてくれるようですので、これはこれでよいことだと思います。冒頭の写真は一週間目の2頭の様子です。それからこの下は2頭の映像です。かなり体の大きさが違うようですね。





*(資料)
Zoo Budapest (Jan. 28 2009 - Jegesmedve vizsgálat altatásban)
Photo(C) Zoo Budapest
Origo (Jan.29 2009 - Altatásban vizsgálták a jegesmedvepár termékenységét - képes beszámoló) (Video - Jegesmedve-műtét állatkertben)
by polarbearmaniac | 2010-08-28 00:10 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-10-22 00:30
アメリカ・シカゴ、リンカーン..
at 2017-10-21 13:30
ロシア・ペルミ動物園のミルカ..
at 2017-10-20 19:30
ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag