街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・西シベリアのエカテリンブルク動物園に冬将軍到来 ~ 「黒い噂」と衝撃の映像をどう考えるか?

a0151913_2131924.jpg
エカテリンブルク動物園のアイナとウムカ
Photo(C)Екатеринбургский зоопарк

ロシア・西シベリアのウラル山脈近くの都市エカテリンブルクには冬将軍が到来したようです。すでにかなりの積雪があったようでエカテリンブルク動物園で飼育されている2頭のホッキョクグマであるアイナとウムカが大変喜んでいる様子が現地(動物園、及びマスコミ)よりの本日11月14日付けの情報で伝えられています。このアイナとウムカについては過去の2つの投稿、「ロシア・エカテリンブルク動物園の仲良しペアへの大きな期待 ~ ロシアの新しい繁殖基地を目指して」と「ロシア・エカテリンブルク動物園のウムカ ~ 『2011年ミスター動物園』に選ばれる」を是非ご参照下さい。

さて...実はこのエカテリンブルク動物園ですが今年の夏頃から一部で「黒い噂」が流れています。それは地元マスコミの2人の記者が署名入りでこの動物園の実態を告発した記事が登場したのです。 内容は非常に具体的で、この動物園の上層部とマフィアとの結びつきや経理の不透明さ、人事の不公正さ、そして飼育動物への劣悪な待遇によって一部の動物たちの体重が大きく減少したなど、ありとあらゆる問題点が根拠をあげて指摘されています。私はこの記事が事実かどうかの判断はできないものの、あまりに内容が具体的である点で動物たちがやや心配になっているところです。 この動物園の問題点について告発する市民グループが存在しているのも気がかりなところです。まずこの市民グループの方が1か月ほど前にアップした以下の衝撃的な映像をご参照下さい。この映像...本当に事実なのでしょうか。写っているのは雄のウムカではなく雌のアイナ(ペルミ動物園のアンデルマの娘で、天王寺動物園のゴーゴの姉)だと思われます。今年の夏頃に撮られた映像のようです。 (*後記 - この映像はその後、削除されてしまったようです。)



この映像は周囲の状況から間違いなくエカテリンブルク動物園のホッキョクグマ舎です。そして写っているホッキョクグマは私の見たところ明らかに死亡しているのではないかと思われます。この映像をアップした市民グループの方は、動物園がホッキョクグマにエサを少ししか与えないのでそのエサをめぐって2頭のホッキョクグマの間で闘争が起きた結果であるというような内容のコメントをしています。 しかしどうでしょうか、アイナとウムカはこの動物園では壁で仕切って別飼いにしているはずですので、2頭の闘争というのは考えにくいような気がします。ともかく今回のエカテリンブルクに冬将軍到来の記事ではエカテリンブルク動物園は本日11月14日付けでウムカとアイナの2頭の元気な姿を公表していますが(冒頭の写真)、そうなるとこの衝撃的な映像はいったいなんなのでしょうか? それとも冒頭の写真は昨年のものを転用しているのでしょうか? アイナは本当に元気なのでしょうか、それとも本当はもう死亡しているのでしょうか?

とにかくロシアの地方都市の動物園の情報は非常に少なくて調べるのに苦労します。エカテリンブルク動物園については情報のアンテナを広く張り巡らせてその実際の姿を捕まえていきたく考えています。状況によっては来年このエカテリンブルク動物園を訪問して飼育の実態などを自分の眼で確かめたいと考えています。 とにかくロシアという国は実に魑魅魍魎としていて怖ろしい国なのです。
a0151913_21355478.jpg
ウムカ Photo(C)Екатеринбургский зоопарк

(資料)
Екатеринбургский зоопарк (Наши новости - Nov.14 2011)
Екатеринбург Он-лайн (Nov. 14 2011 - Екатеринбургские белые медведи и выдры резвятся в сугробах)
ura.ru (Aug. 17 2011 - Трагикомедия: пьянки с мартышками, худеющий бегемот и мафия, контролирующая оборот сладкой ваты…)

(過去関連投稿)
ロシア・エカテリンブルク動物園の仲良しペアへの大きな期待 ~ ロシアの新しい繁殖基地を目指して
ロシア・エカテリンブルク動物園のウムカ ~ 「2011年ミスター動物園」に選ばれる
by polarbearmaniac | 2011-11-14 22:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag