街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

南フランス・アンティーブのフロッケの誕生日 ~ 書かれうるか、人工哺育論の最終章のページ

a0151913_18274916.jpg
4歳の誕生日にケーキをもらうフロッケ Photo(C)Nice-Matin

先日12月11日は南フランス・アンティーブ、マリンランドで飼育されているフロッケの4歳の誕生日でした。フロッケには特製のケーキのプレゼントがあったそうです。フロッケはクヌートと並んで人工哺育で育てられたホッキョクグマとして非常に有名であることはご承知の通りです。フロッケがドイツ・ニュルンベルク動物園で人工哺育されるに至った経緯は昨年、「ドイツ・ニュルンベルク動物園の2つの選択」として4回の投稿をしていますのでそのうちの(3)と(4)をご参照下さい(過去関連投稿)。
a0151913_184025.jpg
Photo(C)Tiergarten Nürnberg

このフロッケのその後が他の人工哺育で育てられたホッキョクグマと異なるのはニュルンベルク動物園によって”socialization”(あえて「適応化」と訳しておきます)の試みに成功したという点です。ホッキョクグマとしての特性を失わないような配慮のある飼育をされたということですが、その成功の大きな要因となったのが雄で同じ歳のラスプーチン(男鹿水族館、豪太の弟)との同居でした。これは、すでに1990年代に方法論としてはアメリカで確立されつつあったホッキョクグマの人工哺育の実践論と方法論の形成過程において指摘されていた成長過程における”socialization”(「適応化」)の重要性の指摘を踏まえたものだったと言えるでしょう。ニュルンベルク動物園はあのベルリン動物園におけるクヌートの人工哺育に際しては批判的な姿勢をとっていましたが、いざ自分の施設で人工哺育を行わざるを得なくなったときには、当初はベルリン動物園に助言を求めた形跡はあるものの、それ以降はそれまでのホッキョクグマの人工哺育に関する研究・考察を取り入れた点で人工哺育、そしてその飼育を巧みに行うことに成功したわけでした。 ニュルンベルク動物園は人工哺育(特に個体のsocializationに関する考え方について、かなりドイツ国外の情報を研究したとみて間違いないでしょう。
a0151913_18404870.jpg
Photo(C)Tiergarten Nürnberg

人工哺育で育てられたホッキョクグマとして最後の関門は「繁殖」であるわけですが、雄のホッキョクグマで人工哺育された個体が繁殖に成功した例はいくつかあり、我々に関係した個体では、ユキ(姫路〕 とポーラ(仙台) の父親であるセルビア・パリッチ動物園のビョルン・ハインリヒが人工哺育で育てられています(「25年前の東ドイツにいた『もう一頭のクヌート』 ~ ユキ(姫路)とポーラ(仙台)の父親の物語」)。 また先日チェコのブルノ動物園で出産のあったコーラのパートナーであるウムカが人工哺育で育てられています。 しかし雌の個体で繁殖に成功した例としては少なくとも最近過去10年間については明確に明らかになっている情報には欠けているようです。ですからフロッケがラスプーチンとの間で繁殖に成功すれば大変な快挙になるはずですし、ホッキョクグマの人工哺育論もまた一つ新たなページ、そしてそれはおそらく最終章のページを開くことになるでしょう。 私が今年7月にアンティーブのマリンランドを訪問した時は夏の観光シーズンの真っ盛りであり観光客の数があまりに多くて彼らと時間をかけて向き合うことができませんでしたので次の機会を楽しみにしたいと思っています。ただしかし、あのマリンランドという商業施設は飼育展示場は確かに立派ですが、繁殖に向けた取り組みや環境については難点があるのではないかと感じました。

フロッケもパートナーのラスプーチンも4歳になりました。来年の春に早くも繁殖行為があるかどうかはわかりませんが、今後のこの2頭の動向に注意を払う必要があるように思われます。

フロッケとラスプーチンのアンティーブでの映像をまた一つご紹介しておきます。


(資料)
Nice-Matin (Dec.11 2011 - Marineland: quatre bougies pour l'ourse Floc)
(過去関連投稿)
ドイツ・ニュルンベルク動物園の2つの選択(3) ~ ヴェラの狂気
ドイツ・ニュルンベルク動物園の2つの選択(4) ~ 赤ちゃん救出劇
ドイツ・ニュルンベルク動物園の2つの選択(5) ~ 安楽死/人工哺育是非論への視座
25年前の東ドイツにいた「もう一頭のクヌート」 ~ ユキ(姫路)とポーラ(仙台)の父親の物語
セルビア・パリッチ動物園のビョルン・ハインリヒ死す ~ ユキ(姫路〕 とポーラ(仙台) の父親の訃報
アンティーブのマリンランドへ! ~ フロッケとラスプーチンとの初対面
理念無き商業娯楽施設でのフロッケとラスプーチンの存在
南フランス・アンティーブのマリンランドでのフロッケとラスプーチン ~ マリンランドTVの映像より
by polarbearmaniac | 2011-12-15 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-21 12:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-20 15:00
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-04-20 14:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin