街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワ動物園が期待を持つ将来の新ペア ~ ヴォロコラムスク付属保護施設のホッキョクグマたち

a0151913_0541043.jpg
アイオン Photo : WWF / Виктор Никифоров

奥が深くてなかなか考えさせられるニュースが報道されています。一昨年の4月に「ロシア・極北の街でホッキョクグマの赤ちゃん孤児を保護!」という投稿をしています。この極北の地で孤児となっていたところを保護された雄の赤ちゃんのアイオンですが、その近況については昨年10月に「モスクワ動物園で保護されている孤児のホッキョクグマ、アイオンの近況」という投稿をしています。 このアイオンは現在モスクワから北西に130キロほど離れたヴォロコラムスクにあるモスクワ動物園の付属保護施設で飼育されているそうです。 このアイオンが、やはり同じ施設で飼育されている同じ年齢(2歳4ヶ月)の雌のミラーナ(Милана)と最近非常に仲が良くなっているそうです。その様子を以下でご覧下さい。



このミラーナというのはアイオンと同じ年齢ということですから、それは2009年11月にモスクワ動物園のシモーナが生んだ雌の双子の一頭ということになりますね。 この双子のうちのもう一頭はベルリン動物園がクヌートのパートナーとしてモスクワ動物園からロストフ動物園経由で入手し、現在旧東ベルリンにあるベルリン動物公園で飼育されているトーニャであるわけです。 このシモーナが2009年11月に産んだ双子の雌は、私も一昨年に2回モスクワを訪問した際にじっくりと見ていますが、このトーニャ以外のもう一頭については実は韓国のソウル動物園が入手しようとした個体だったと以前は消去法で予想していましたが、その後の状況が一切報道がありませんでしたので、やはりずっとモスクワ動物園の管理下にあったということになります。 この個体がミラーナであるということですね。

モスクワ動物園はやはり貴重な雌の幼年個体を外国には出さずにしっかりと自分で確保していて、野生出身である雄のアイオンとの将来の繁殖を計画しているのでしょう。 そのミラーナとアイオンが今からもう相性が良いというのですから、これは朗報です。 このミラーナとアイオンは年齢から言って多分ムルマとウムカの後継ペアとなるでしょう。 自国領土内にホッキョクグマの生息地を持つ国の強みというのを遺憾なく発揮しているということになります。今回のニュースは何気ない報道のようでいて、実はロシア国内の飼育下の複雑なホッキョクグマ事情を解き明かしてくれる貴重な情報だと思います。

(資料)
РИА Новости (Mar.30 2012 - Белый медвежонок-сирота с Чукотки нашел невесту в Московском зоопарке)
Novostimira.com (Mar.31 2012 - Представители WWF в канун "Часа Земли" навестили в Московском зоопарке)

(過去関連投稿)
ロシア・極北の街でホッキョクグマの赤ちゃん孤児を保護!
モスクワ動物園に送られた赤ちゃん孤児のその後の映像
モスクワ動物園で保護されている孤児のホッキョクグマ、アイオンの近況
by polarbearmaniac | 2012-04-04 07:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin