街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極東、ハバロフスク動物園のゴシ、身勝手な来園者の指を噛み切る! ~ 後を絶たぬ来園者の規則違反

a0151913_20152620.jpg
ゴシに勝手にクラッカーを与えている今回の件の女性
Photo(C)Комсомольская правда
a0151913_21513499.jpg
ロシア極東のハバロフスク動物園で飼育されているホッキョクグマのゴシについては以前ご紹介したことがありました。 サーカス団で非常に不幸な境遇におかれ、結果として体を消耗したままこのハバロフスク動物園に送られ、そしてそこで健康を回復したというホッキョクグマです。 以前の投稿である「ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園のゴシ ~ 氷上サーカスを去り動物園を安住の地に」をご参照いただければ幸いです。
a0151913_20311320.jpg
ハバロフスク動物園    Photo : 27region.ru

さて、このハバロフスク動物園のゴシですがコムソモリスカヤ・プラウダ紙の報道によりますと先週、来園者の中年の女性の指を一本噛み切ってしまったそうです。 目撃者の証言によりますと、この来園者の女性(冒頭の写真)は動物園の安全規則を破ってフェンスを登ってケージに近づき、ゴシにクラッカーを与え始めたところゴシが彼女の手に噛みついたそうで、他の来園者がそれを見て彼女をなんとか救出したとのことです。 彼女はすぐさま病院に搬送されたそうですが指を一本失ってしまうという、こういうケースとしては比較的「軽い」ケガで済んだそうです。 この事故でハバロフスク動物園は一時休園となったとのことです。
a0151913_20275555.jpg
ハバロフスク動物園のゴシ Photo(C)Хабаровский зоосад

これも以前投稿したことがありますが(下の過去関連投稿をご参照下さい)、動物園でホッキョクグマに襲われるケースというのは100%その来園者に責任があるわけです。 動物園での規則を破ってホッキョクグマに接近した結果として痛い代償を支払うのはその来園者であるわけです。 今回のハバロフスク動物園のケースは規則違反を2つも行っています。 フェンスを乗り越えるという行為とホッキョクグマに勝手にエサを与えたという行為です。 全責任はこの中年の女性にあるといって間違いありません。

実はロシアの動物園というのはこの来園者の勝手なエサやりが結構あるのです。 与えているものを見るとリンゴやパンなどです。 私はここ数年モスクワ動物園に何度も行っていますが、ある時間になると明らかに年金生活者と思われる特定のお婆さんがあらわれてホッキョクグマにリンゴをボード越しに投げるのを何度か見ています。 このお婆さん、多分独り暮らしなのでしょう。 こうやって毎日のように動物園にやってきてお気に入りの動物たちに勝手にエサを与えるのを楽しみにしているようです。 困ったものです。 このお婆さん、今年の3月にも毎日のように現れて「ウランゲリ、ウランゲリ!」と呼びかけてリンゴを投げ与えていました。 ウランゲリはどうもこのお婆さんのことをよく知っている様子で、お婆さんの声に反応して水に飛び込んでそのリンゴを食べていました。 実はモスクワ動物園のウランゲリは水に入ることをしないホッキョクグマなのですが、お婆さんから与えられたリンゴを取るためだけに水に入るわけで、私はその貴重な写真を撮ることができました。 その写真は今年の3月29日にモスクワから投稿した「ウランゲリ、その温和な姿と性格の大いなる魅力」というページにアップしています。 水中にいるウランゲリの写真をネット上にアップしたのは多分私が世界初でしょう(苦笑)。 ともかく、動物園で来園者が動物たちに食べ物を与えるのは厳禁です。これは世界共通です。 しかしこの来園者の度重なる行為に業を煮やして、逆に園内でホッキョクグマ用のエサを販売し始めた動物園があります。 それがロシアのノヴォシビルスク動物園です。 その詳細については以前の投稿である「ロシアのノヴォシビルスク動物園、来園者のホッキョクグマへの勝手な食べ物投げ入れに業を煮やす」をご参照下さい。

本題に戻りますが、今回の件ではハバロフスク動物園のゴシには何の責任もないことは明らかです。
a0151913_22154562.jpg
ゴシ  Photo(C)Хабаровский зоосад

(資料)
Комсомольская правда в Хабаровске (May.23 2012 - В хабаровском зоосаде белый медведь откусил посетительнице палец)
Хабаровский зоосад (История Гоши)
(*追記資料)
РИА Новости (May.24 2012 - Белый медведь откусил пальцы посетительнице зоосада в Хабаровске)
Аргументы.ру (May.24 2012 - Белый медведь побрезговал сухарями, съел сразу руку)
Интерфакс – Россия (May.24 2012 - Белый медведь откусил хабаровчанке два пальца)

(過去関連投稿)
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園のゴシ ~ 氷上サーカスを去り動物園を安住の地に
動物園でホッキョクグマに襲われた人々(前) ~ 身勝手な行為の結末
動物園でホッキョクグマに襲われた人々(後) ~ アラスカの「英雄」ビンキー
ロシアのノヴォシビルスク動物園、来園者のホッキョクグマへの勝手な食べ物投げ入れに業を煮やす
by polarbearmaniac | 2012-05-23 21:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag