街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ノヴォシビルスク動物園のライブカメラが高精細度(HD)映像となる ~ クラーシンの近況

a0151913_0443265.jpg
クラーシン(ロッシーの双子の兄弟)とゲルダ   Photo(C) Fresher.ru

ロシアのシベリア中部の都市ノヴォシビルスクの動物園には日本平動物園のロッシーの双子の兄弟であるクラーシンが飼育されています。 このクラーシンについては過去何度かご紹介してきました(過去関連投稿参照)。 サンクトペテルブルクのレニングラード動物園で2007年の11月にロッシー(ピョートル)と双子の兄弟としてウスラーダお母さんから誕生したわけです。 このクラーシンと、彼と一緒に飼育されているゲルダとの姿は2010年からライブカメラで見ることができたわけですが、今回ノヴォシビルスク動物園を支援しているТТК-Западная Сибирь社の厚意によって高精細度(HD)カメラが設置されたとのことです。 日本時間の昨日の午後にこの新しいカメラを用いたライブ映像を見てみましたが実に生々しい映像に驚きました。 その映像は、こちらのページでご覧になれますので是非見ていただきたいと思います。 日本とノヴォシビルスクには時差が2時間です。日本時間マイナス2時間が現地時間となりますのでご注意下さい。夏季の現在は、開園時間は午前9時で閉園時間はなんと夜の21時です。 つまり日本時間では午前11時から午後11時までが開園時間です。 しかしこの2頭のホッキョクグマは閉園時間のはるか前に収容されるようですし、時間が遅いと映像的には非常に厳しいと思います。
a0151913_052353.jpg
高精細度(HD)のライブカメラ映像より

日本国内の動物園からの映像ならばいざ知らず、外国の動物園のホッキョクグマ舎の様子がこれだけ見事にライブカメラの映像で見られるならば文句のないところです。 やはりインターネットの力でしょう。

さて、このクラーシンとゲルダの映像をまた2つばかりご紹介しておきます。 いずれも白いポリ容器を咥えてお客さんの方に投げているのがクラーシンです。 さすがに血は争えないとでもいいましょうか、かつてロッシーがやっていたことを双子の兄弟であるクラーシンもやっているわけです。




それにしても生後わずか7カ月ほどでウスラーダお母さんから引き離されたこのクラーシンとピョートル(ロッシー)ですが本当に可哀そうだったと言わざるをえません。 先日も述べましたようにレニングラード動物園とモスクワ動物園との間の確執がこの早すぎる別離の原因であったわけです。
a0151913_1194726.jpg
2008年4月のピョートル(ロッシー)とクラーシンの双子とウスラーダお母さん
Photo(C)Ortak Payda

(資料)
Тайга.инфо (Jun.19 2012 - Более современная веб-камера появилась в вольере белых медведей Новосибирского зоопарка)
НГС.НОВОСТИ (Jun.19 2012 - В вольере с белыми медведями заработала камера высокой четкости)
Государственный интернет-канал «Россия» (Aug.15 2012 - Белому медвежонку привезли подружку)
Зверушки.ру (Jun.4 2008 - Ленинградский зоопарк)
С.-Петербургские ведомости (Apr.21 2008 - Петр и Красин вышли к людям)
Вечерний Петербург (Jun.9 2008 - Петр и Красин прощаются с Петербургом)
Фонтанка (Jun.23 2008 - Медвежонок Красин улетел в Новосибирск)

(過去関連投稿)
ピョートル(ロッシー)とクラーシンの双子兄弟の産室での映像
腕白小僧ロッシーの性格の変化?
ロッシー(日本平動物園)の双子の兄弟クラーシンの驚異的なジャンプ力!
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のクラーシンのポリ容器遊び
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のクラーシン(ロッシーの双子の兄弟)、順調な生育で地元の人気者に!
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のクラーシン (ロッシーの双子の兄弟) の近況 ~ déjà-vu の光景
ロシアのノヴォシビルスク動物園、来園者のホッキョクグマへの勝手な食べ物投げ入れに業を煮やす
by polarbearmaniac | 2012-06-20 15:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-19 23:45
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin