街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・アリゾナ州 レイドパーク動物園のスノウの慢性皮膚アレルギーが快方へ

a0151913_156319.jpg
慢性皮膚アレルギーより回復したスノウ Photo(C)Reid Park Zoo

皮膚炎を患っていて「転地療養」のために今年の2月からアメリカ・アリゾナ州のツーソン(Tucson)にあるレイドパーク動物園(Reid Park Zoo)で暮らしているデンバー動物園生まれで人工哺育で育てられたスノウについては以前2回ほど投稿していますので過去関連投稿をご参照下さい。 報道によりますと彼女の皮膚の状態はみるみるうち好転してきたそうです。 アリゾナ州の日光と乾燥した空気が、やはり当初予想した通りスノウの皮膚炎(今回の報道では「慢性皮膚アレルギー(chronic skin allergies)」だと言っています)の治癒に大きな効果があったと思われます。 この下の映像は今年の2月にスノウがレイドパーク動物園にやってきて間もない頃の写真と映像です。やはり皮膚の状態は良くないですね。
a0151913_1593335.jpg
2月のスノウ Photo(C)Southern Arizona Veterinary Specialty and Emergency Center



しかし現在では冒頭の写真のようにきれいな状態になっています。 このスノウがアリゾナへ来る前に暮らしていたフロリダ州オーランドのシーワールドの飼育展示場は完全に屋内だったそうで多分湿度が高かったことがこのスノウの慢性皮膚アレルギーを増長させたものと推測できるようです。 空気の乾いたアリゾナでスノウが回復して本当によかったと思います。 以下がスノウの回復を伝えるニュースの映像です。 冒頭はCMです。


ふと思ったのですが、あの男鹿水族館の豪太ですが彼がこの皮膚アレルギーとは無縁だとは言い切れないような気もします。 ちなみに、この下の分布図は気象庁が発表している日本の都道府県別の年間相対湿度を偏差値にしたものです。
a0151913_241343.jpg
データ : 気象庁

これを注意深く見ると日本全国でホッキョクグマを飼育している都道府県のうちで年間相対湿度が最も高いのは秋田県です。 豪太をして現在の豪太たらしめているのは秋田県の高湿度なのかもしれません。

(資料)
KVOA Tucson News (Jun.22 2012 - Tucson climate 'working wonders' for Snow the polar bear)
Blog at WordPress.com (Southern Arizona Veterinary Specialty and Emergency Center - Feb.27 2012)

(過去関連投稿)
アメリカ・フロリダ州シーワールドのスノウ、脱毛治療のためにアリゾナ州のレイドパーク動物園へ移動決定
アメリカ・デンバー動物園で人工哺育された有名な双子のクロンダイクとスノウに遂に別離の時来る
by polarbearmaniac | 2012-06-24 19:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・アルザス地方、ミュ..
at 2017-10-23 00:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-10-22 00:30
アメリカ・シカゴ、リンカーン..
at 2017-10-21 13:30
ロシア・ペルミ動物園のミルカ..
at 2017-10-20 19:30
ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag