街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・クリーヴランド、メトロパークス動物園のスノウボール (旭山動物園 サツキの母) の遺したもの

a0151913_205262.jpg
スノウボール (サツキの母) Photo(C) Yahoo/shadowdancer

二年半ほど前の投稿で、アメリカ・オハイオ州クリーヴランドのメトロパークス動物園で37歳の高齢の雌のホッキョクグマ、スノウボールが2009年10月24日に亡くなったことをお知らせしています(「【訃報】 円山動物園のサツキのお母さんが亡くなりました..」。 亡くなってから2カ月以上経過してからの投稿でしたが、それはこのブログ開設直前の訃報であったために投稿が結果的に遅れてしまったわけでした。 このスノウボールは現在旭山動物園で飼育されているサツキの母親です。 亡くなったときの状況その他は以前の投稿で御紹介しています。彼女は亡くなった時点では北米では2番目に高齢のホッキョクグマでした。 ちなみに当時の最高齢は42歳のカナダのデビーでした。
a0151913_2111756.jpg
スノウボール Photo(C)Gisela Towner

このスノウボールは1971年にカナダのマニトバ州で、まだ一歳になっていないと思われる時期に孤児となっていたのを保護されたそうで、その以降はアメリカ・クリーヴランドのメトロパークス動物園で飼育されてきました。 彼女はこのメトロパークス動物園では「女王」として堂々と振舞っていたそうで、この施設の他のホッキョクグマも彼女には敬意を払っていたそうで、その一例として彼女が日向ぼっこをしようとした場所に他のホッキョクグマがいたときには、そのホッキョクグマは彼女に場所を譲ったそうです。 スノウボールはボール遊びが大好きで、彼女がボールで遊ぶ姿は来園者を大いに楽しませてくれたそうです。
a0151913_2114354.jpg
スノウボール Photo(C) World News Inc.

スノウボールはこのクリーヴランドのメトロパークス動物園で8頭の子供たちを育て上げたそうですが、パートナーの雄は複数(多分2頭でしょう)だったようです。 いろいろ調べてみたのですが彼女の子供で現在所在が明確にわかったのはシンシナティ動物園のリトルワンと旭山動物園のサツキだけでした。 以下がリトルワンです。 彼は1989年生まれでサツキのすぐ上の兄にあたります。
a0151913_2124784.jpg
リトルワン (シンシナティ動物園)
Photo: Zoochat/Hampel Group Pty Ltd

それから、旭山動物園のサツキの姉に当たるオーロラという29歳の雌のホッキョクグマがサツキの生まれ故郷であるクリーヴランドのメトロパークス動物園で飼育されていますが、このオーロラは母親がスノウボールではありません。 しかし父親(ナウヤ)がサツキと同じです。 以下がこのオーロラの姿ですが彼女もサツキによく似ています。 むしろ母親のスノウボール以上にサツキに似ているかもしれません。 ということは、サツキは母親のスノウボール以上に父親のナウヤに似ているのだということを意味するようにも思います。
a0151913_2135041.jpg
オーロラ (クリーヴランド、メトロパークス動物園)
Photo(C)World zoo Today
a0151913_2149556.jpg
サツキ (2011年5月20日撮影 於 旭山動物園)
Nikon D7000 TAMRON 18-270mm F3.5-6.3 Di II VC PZD

それからこのスノウボールの息子で一昨年の6月にデンバー動物園で亡くなったフロスティについては以前投稿していますのでご参照下さい(「アメリカ・デンバー動物園のフロスティ逝く」)。

以下に最晩年、彼女の亡くなる3カ月ほど前のスノウボールの映像をご紹介しておきます。 彼女はこのときすでに37歳になっており、やはり足腰の状態はかなり衰えているように見えますし体の状態も良くないように見えます。 私は昨年の9月にロシアのカリーニングラード動物園で38歳を間近にしたスネジンカに合っていますが、スネジンカのほうが足腰はしっかりしていたように思います。


ともかく、このスノウボールはクリーヴランドのメトロパークス動物園を高齢になっても支えた名ホッキョクグマであったと同ことは間違いありません。 私たちがなにげなく見ている日本の動物園のホッキョクグマたちの両親、特に母親をこうして振り返ってみることは実に興味深いことです。
a0151913_2153130.jpg
スノウボール (サツキの母) Photo(C)Yahoo/shadowdancer

(資料)
Cleveland Metroparks Zoo (News Room Oct.24 2010 - Polar Bear Dies at Cleveland Metroparks Zoo)
Cleveland.com (Oct.24 2010 - Cleveland Zoo's Snowball the polar bear found dead)
The Cleveland Leader (Oct.25 2010 - 2nd Oldest North American Polar Bear in Captivity Dies at Cleveland Metroparks Zoo)

(過去関連投稿)
【訃報】 円山動物園のサツキのお母さんが亡くなりました..
アメリカ・デンバー動物園のフロスティ(旭山動物園サツキの兄)逝く
高齢のデビーを愛し、慈しみ、送った人々 (上)
高齢のデビーを愛し、慈しみ、送った人々 (下)
by polarbearmaniac | 2012-06-26 21:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-04-29 22:30
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin