街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

モスクワ動物園・ヴォロコラムスク付属保護施設で暮らすアイオンとミラーナの夏の日

a0151913_23532250.jpg
アイオン Photo(C)РИА Новости

一昨年の4月に「ロシア・極北の街でホッキョクグマの赤ちゃん孤児を保護!」という投稿で、ロシア極北のチェクチ半島でホッキョクグマの赤ちゃんがお母さんとはぐれて孤児になっていたところをWWFのパトロールによって発見・保護された件をご紹介し、またその赤ちゃんがアイオンという名前が付けられてモスクワ動物園で保護されることになった件は「モスクワ動物園に送られた赤ちゃん孤児のその後の映像」という投稿でご紹介しています。 また、このアイオンの近況については「モスクワ動物園で保護されている孤児のホッキョクグマ、アイオンの近況」、及び「モスクワ動物園が期待を持つ将来の新ペア ~ ヴォロコラムスク付属保護施設のホッキョクグマたち」でご紹介しています。
a0151913_0233529.jpg
保護された当初のアイオン Photo(C)EnglishRussia

このアイオンは現在二歳半になっており、モスクワ動物園でシモーナお母さんが2009年11月に生んだ雌の双子の一頭であるミラーナ (Милана) と一緒にモスクワ動物園の付属施設であるヴォロコラムスク付属保護施設で暮らしています。 この二頭は同じ年齢であり、そして大の仲良しで将来が期待できるペアですが、その夏の様子をロシアのノーボスチ通信の最新の記事は以下のように伝えています。
a0151913_04263.jpg
アイオン Photo(C)Виктор Никифоров / WWF

夏が到来しているモスクワですが、この二頭が暑さに耐えられるようにこの保護施設の飼育員さんも気を遣っています。 プールの水の温度を低くしてやり、昼間はこの二頭はずっとプールに体をつけて暑さをしのいでいるそうです。 水から上がれば地面はコンクリートであるために表面が熱くなっているので長い時間をプールで過ごし、この二頭は夜になってコンクリートの熱が逃げた後に室内に戻る...そういうことのようです。 この二頭の最新の映像をノーボスチ通信のニュース映像で以下にご紹介しておきます。



モスクワ動物園のホッキョクグマ担当の方に言わせますと35℃だと食欲が非常になくなる気温の目安であり、気温40℃がホッキョクグマにとっての危険水域だそうです。

それから一つおもしろいことを言っています。 雌のミラーナはシモーナお母さんが母乳で育て上げたためにアイオンのように人間に保護されたホッキョクグマよりも行動がよりホッキョクグマらしいとモスクワ動物園の方は述べています。 そしてミラーナはアイオンをリードする立場になっているということのようですね。 アイオンは人間に親しみがあって、近づいてきた飼育員さんなどと交流を持とうとしますがミラーナはそういうアイオンの行動を見ると唸り声をあげて警告するそうです。 これはなかなか興味深い観察だと思います。 もう一つ、ごく最近のアイオンの姿をご覧いただきましょう。



いずれにせよこのアイオンと、そしてミラーナのペアはこれから数年後にモスクワ動物園の繁殖を担うことになるペアでしょう。 現在はヴォロコラムスクの付属保護施設で暮らしていますが、多分2~3年後にモスクワ動物園の2つあるホッキョクグマ展示場のどちらかに登場するものと思われます。 非常に楽しみです。
a0151913_018755.jpg
アイオンとミラーナ Photo(C)РИА Новости

(*追記 - このミラーナの双子の姉妹のもう一頭は現在ベルリン動物公園で暮らしているトーニャです。 トーニャについてはこちらをご参照下さい。)

(札幌にて記す)

(資料)
РИА Новости (Aug.3 2012 - Молодая пара подмосковных белых медведей спасается от жары в бассейне)
РИА Новости (Aug.3 2012 - Медведь Айон прыгает в бассейн и плавает на спине)
Новости мира (Mar.31 2012 - Представители WWF в канун "Часа Земли" навестили в Московском зоопарке медвежонка Айона)
EnglishRussia (Baby Bear Rescued in Chukotka)

(過去関連投稿)
ロシア・極北の街でホッキョクグマの赤ちゃん孤児を保護!
モスクワ動物園に送られた赤ちゃん孤児のその後の映像
モスクワ動物園で保護されている孤児のホッキョクグマ、アイオンの近況
モスクワ動物園が期待を持つ将来の新ペア ~ ヴォロコラムスク付属保護施設のホッキョクグマたち
(*以下、ミラーナ関連)
はじめまして、モスクワ・ツインズちゃん!!
モスクワツインズ10態 (1)
モスクワツインズ10態 (2)
モスクワツインズちゃん、また会う日まで!
by polarbearmaniac | 2012-08-04 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・カールスルーエ動物園..
at 2017-04-30 23:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-04-29 22:30
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin