街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

中国・大連市の大連森林動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!

a0151913_9554434.jpg
3月5日に誕生した赤ちゃんの梦想  Photo(C)北国网

やれやれ...またまた頭の中が混乱するようなニュースが入ってきました。 私がつい先月の15日に行ったばかりの大連森林動物園で今年2012年の3月5日にホッキョクグマの雌の赤ちゃんが誕生していたそうです。 梦想という名前がすでに付けられているようです。 母親は白凤であり父親は白龙だそうです。 報道記事の記述を総合すれば最終的にはこの赤ちゃんは人口哺育で育てられているようで、生後すでに5か月になりますが健康状態は良好だそうです。 本来ホッキョクグマの赤ちゃんの誕生シーズンである11~12月以外のとんでもないような時期に赤ちゃんが生まれるのは中国特有の奇妙な現象であり、このことが中国のホッキョクグマ繁殖に対して向けられる疑惑の眼の原因の最たるものでしょう。

この大連森林動物公園では実は前回2007年12月21日に、やはりこの同じ母親の白凤からホッキョクグマの赤ちゃんが誕生しており人工哺育で育てられています。その映像を下でご覧ください。 いろいろと話している女性が飼育員さんです。



今回3月に誕生した赤ちゃんの父親が本当に誰なのかはわかりませんが、私が先日会ってきたモスクワ動物園のウランゲリに似た個体がそうなのかもしれません。 何とも言えませんね。 上の映像の開始後9分30秒あたりのところからの映像をご注目下さい。これは繁殖のための雄雌の同居開始の状況が映っています。 ここで登場している2頭が前回2007年12月に誕生した赤ちゃんの両親だそうです。 扉が開いて最初に登場したのが雌ですね。この雌はハイブリッドに見えますが、ホッキョクグマ以外の血は比較的薄く見えます。 次に登場するのが雄です。 この雄が私が先日会った個体と同一か否かについてですが、私は別の個体だと思います。 しかし100%断言をするだけの自信はありません。 下の写真は前回2007年誕生の赤ちゃんの両親だそうですが、右側のおそれく雌と思われる個体は脚が細く写っており、これはハイブリッドの特徴の一つだと言えるでしょう。
a0151913_17433182.jpg
前回2007年12月誕生の赤ちゃんの両親  Photo(C)大連森林動物園

父親は白龙で彼はロシア出身だと報じられています。これは、仮にこの個体が私が先日会ってきた個体と同じなのであれば正しいかもしれません。何故なら先日私が会ってきた個体はあまりにもモスクワ動物園のウランゲリに似ていたからです。 母親の名前は白凤だそうです。 両親が白龙(アベル)と白凤(イダ)となると...要するに同じ大連市にある老虎灘海洋公園の極地海洋動物館の赤ちゃんたちと同じということになるのでしょうか? これは実に奇妙です。 何故なら、昨年の10月14日に同じ大連市内の老虎灘海洋公園・極地海洋動物館で同じ両親の間でホッキョクグマの双子の赤ちゃんが生まれているからです。 この双子の誕生から5か月ほどしか経過しないうちにこのペアが大連市内の別の施設である大連森林動物園に出張してきてまた赤ちゃんが誕生するなどということなどあり得ないはずです。 中国の報道の内容は事実ではないことを多く含むと考えて、こういった両親についての報道を鵜呑みにすることは到底できませんね。 しかし今回3月に生まれた赤ちゃんにもホッキョクグマ以外の血があることだけは間違いないでしょう。

そもそも問題は、この大連森林動物公園に限らず中国の施設におけるホッキョクグマ飼育の実態がはっきりとしないことです。 中国のマスコミ報道の内容に関するならば、今までの経験から言えば、せいぜい正確に伝えているのは「誕生の事実」と赤ちゃんの性別程度で、それ以外の出産の状況、両親が誰なのか、その出自はどこかなどとなると情報量自体はそれなりにあるものの信頼性があるかと言えば全くそうではないということです。 その原因は中国のマスコミに責任はあるものの、情報源である施設の担当者が意図的に事実とは異なる情報を記者に与えているのだと考えるほうがよいでしょう。 一方で報道は赤ちゃんの体重の変化だけは非常に詳しく記事にしているわけです。 今回のこの大連森林動物園の赤ちゃんの件について言えば、生まれたことだけは間違いないが、それ以外の情報の信憑性は裏付けが全くとれないというのが現実です。 こうなったら大連に何度か足を運び、この赤ちゃんが一般公開になったら会ってこようと思っています。  先月は現地での仕事の合間に2施設も訪問したために十分な時間がとれませんでしたが次回は腰を据えて会いに行きたいと考えています。

(資料)
大连天健网 (Aug.6 2012)
新浪BLOG (大连森林动物园小北极熊)
(*追加資料 - 7日付けでこの赤ちゃんの写真が公開されましたので冒頭の写真を差し替えました。)
北国网 (Aug.7 2012)
东北新闻网 (Aug.7 2012)

(過去関連投稿)
大連森林動物園へ ~ 実態のわからぬホッキョクグマ飼育
大連森林動物園の謎のホッキョクグマ
by polarbearmaniac | 2012-08-06 18:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・アルザス地方、ミュ..
at 2017-10-23 00:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-10-22 00:30
アメリカ・シカゴ、リンカーン..
at 2017-10-21 13:30
ロシア・ペルミ動物園のミルカ..
at 2017-10-20 19:30
ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag