街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ノルウェー極北の街トロムソとホッキョクグマとのつながり ~ ノルウェーのホッキョクグマ保護政策について

a0151913_21422268.jpg
Photo : Norgesglasset

ノルウェーの極北の街 トロムソ(Tromsø) は、かつてスヴァールバル諸島で捕獲されたホッキョクグマが世界の動物園に送られる場合の中継基地としての街でもあったわけでした。 船のデッキでクレートに入れられたホッキョクグマのうなり声がよく街にも聞こえたというがあったそうです。 また最近ではこのトロムソは白夜やオーロラといった北極圏特有の自然を体験できる観光地としても人気を集めているそうです。
a0151913_22101631.png
かつてのトロムソの街では冒頭の写真のようにホッキョクグマを飼い犬のように連れて歩く人の姿も見られたそうです。 1950年代には下の写真のように、街で行われたパレードにもホッキョクグマが登場しています。 現在では考えられないような光景ですね。
a0151913_2143548.jpg
Photo(C) Thoralv Lund photographic collection

ノルウェーでは1970年からスヴァールバル諸島でのホッキョクグマ猟には狩猟枠が設けられ、1976年からはホッキョクグマは完全に保護種となったそうです。 それによってこの狩猟枠というのも無くなったということになります。 1970年以前にはスヴァールバル諸島では年間100頭ものホッキョクグマが狩猟されていたそうですから、これは乱獲だったといってよいでしょう。 そのうちの何頭もが世界の動物園に送られていたわけでした。 この下の写真は1953年にベルゲンの港でスヴァールバル諸島で捕獲したホッキョクグマをドイツ・ハンブルクのハーゲンベック動物園に送るために積み替えをおこなっている写真です。
a0151913_21445737.jpg
a0151913_21452213.jpg
Photo : Hentet fra ”Årets største begivenheter i bilder-1953”

ちょっとおもしろい記事を見つけました。 それは2011年2月17日付けのノルウェーの放送局(NRK)のニュースサイトの記事 (“Japansk dyrehage ønsker norsk isbjørn” ) です。 記事の内容によりますと静岡の日本平動物園が東京にあるノルウェー大使館を通じてノルウェー政府に、野生の2歳の雌のホッキョクグマを探しているのでスヴァールバル諸島で捕獲して日本に送ってもらえないかという依頼要請をしたそうです。 ホッキョクグマは子供たちに愛されている動物だからスヴァールバル諸島のホッキョクグマが日本に来れば、それはノルウェーと日本の間の友好のシンボルになるという意見が添えられていたそうです。 これは日本平動物園が当時ロッシーの将来のパートナー探しをしていたわけで、その一環としてのことだったと思われます。 これに対してノルウェー政府の日本平動物園への返事は当然予想されたように “No” でした。 そして、「(ホッキョクグマを捕獲するという)例外はありえるが、このケースはそれにあたらず、またその必要もない。」という返事を日本平動物園にしたそうです。 こういった同じような要請はそれ以前にも秋田県がノルウェー政府に対して行っていたはずですが「2歳の雌」 だろうが何だろうが、とにかく動物園で飼育するために野生のホッキョクグマの個体を捕獲するなどということは全くあり得るべきものではないわけです。 ただし日本平動物園も秋田県の前例を知っていたでしょうから「ダメでも当然」という考えでノルウェー政府に依頼したということでしょうし、ノルウェー側の返事の内容も初めから100%予期していたでしょうから格別失望したということもなかったのではないかとは思われますが。

以前にもご紹介していますがノルウェーの動物園ですら自国(スヴァールバル諸島)のホッキョクグマの野生個体の入手ができず、ホッキョクグマを入手するために札幌・円山動物園の名前を挙げてマスコミの取材に答えているほどですから(過去関連投稿参照)、ましてやノルウェー政府が男鹿水族館であれ日本平動物園であれ外国の施設に野生のホッキョクグマを送ることを認める可能性はゼロであることは言うまでもありません。

(資料)
NRK (Aug.3 2012 - Vil redde isbjørnen Rudi)
NORDLYS (Dec.13 2011 - Myten er sann – levende isbjørn i Tromsøs gater!)
Norgesglasset (Jun.26 2003 - Isbjørn i Tromsøs gater)
Creative Bergen (Isbjørnjakt i Bergen/ - Kunne blitt farlig)
NRK (Feb.17 2012 - Japansk dyrehage ønsker norsk isbjørn)

(過去関連投稿)
ノルウェー・スピッツベルゲン島へのホッキョクグマツアー研究
ノルウェーの極地動物園、ララの子供たちの入手を狙い円山動物園と接触か? ~ 報道内容の真偽を検証する
by polarbearmaniac | 2012-08-07 22:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・ポートランド、オレ..
at 2017-08-23 19:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-08-22 17:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin