街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

「 生理期間中の女性はホッキョクグマに襲われやすい 」 という説の真偽について

a0151913_23101919.jpg
ユキオ (2012年6月2日撮影 於 釧路市動物園)
Nikon D5100   シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

おもしろいことが報道されていました。 「生理期間中の女性はホッキョクグマに襲われやすい」という説は北米で広く流布している説のようです。 正確に言えば、「ホッキョクグマは生理期間中の女性の匂いに引きつけられる (“Polar bears are attracted to the menstrual scent”) 」 という説で、ホッキョクグマ以外の他の熊の場合にも当てはまる説のようです。 つまり、ホッキョクグマが生理期間中の女性の匂いに引きつけられ、結果として女性を襲う傾向があるということですね。 北極圏に野営して極地の自然を味わいたいと考える女性の旅行者をそういった極地に出かけることに躊躇させる一因にもなっているそうです。

こういった説が流布しだしたのは1967年にアメリカ・モンタナ州のグレイシャー国立公園 (Glacier National Park) で2人の女性がハイイログマに襲われて殺され他事件からのことのようです。 この事件によって生理期の女性の匂いに本当に熊が引きつかられるのかの研究が進みました。 どういう研究かということは、私は女性ではありませんからうまく書けませんのでここでは紹介いたしません。 ご興味のある方はアメリカのイエローストーン国立公園 (Yellowstone National Park) のHPの公式文書である「訪問舎への注意事項」のページの中の”Bears and Menstruating Women” をご参照下さい。女性の来園者が気を付けなければいけないことが Precaution として書いてあります。 こ れも私は女性ではありませんのでここでうまく御紹介することはできませんので止めておきます。 しかしこういうことをHPに具体的に書くというのはさすがにアメリカだと思います。 日本でこれをやりますと、いささか品位に欠ける注意事項であると理解され、女性はほとんど行かなくなるでしょう。

さて、こういった研究で判明したことですが、ハイイログマ (Grizzly) とアメリカグマ (Black Bear) に関してはどうも確実な根拠をもって生理期間中の女性の匂いに引きつけられるという事実の立証までは至らなかったようです。 詳しくは前掲の ” Yellowstone National Park Bear-Inflicted Human Injury Statistics” などもご参照下さい。 そういったことで、ハイイログマ (Grizzly) とアメリカグマ (Black Bear) に関してはこの説(「生理期間中の女性の匂いに引きつけられる」)は都市伝説にすぎないのだとまで言い切る研究者もいます。

問題はホッキョクグマです。 ホッキョクグマが生理期間中の女性の匂いに引きつけられるということはどうも事実であるようです。前掲のHPではこう言っています。そのままコピーします。

*Polar Bears
In a study designed to test the hypothesis that bears are
attracted to the odors of menstruation, Cushing (1983)
reported that when presented with a series of different
odors (including seal scents, other food scents, non-
menstrual human blood, and used tampons), four captive
polar bears (Ursus maritimus) elicited a strong behavioral
response only to seal scents and menstrual odors (used
tampons). Cushing (1983) also reported that free-ranging
polar bears detected and consumed food scent samples
and used tampons, but ignored non-menstrual human
blood and unused tampons. This suggests that polar bears
are attracted to odors associated with menstrual blood.


これは飼育下の4頭のホッキョクグマについての観察です。 確かに事実であるように思いますが、もっと実例の数が必要だと思います。 現象としては理解できますしそれが事実らしいということは再確認できるものの、完璧な証明とまでは言い切れないようにも思われます。

(資料)
Winnipeg Sun (Aug.15 2012 - Black bears not attracted to menstrual blood — but polar bears are)
Mother Nature Network (Aug.9 2012 - Menstruating women do not attract bear attacks)
Yellowstone National Park Service (Alert - Bears and Menstruating Women)
by polarbearmaniac | 2012-08-18 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-27 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin