街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

オランダからスウェーデンへ ~ ヴィックスとセシの新ペアとしての旅立ちの日ついに来る

a0151913_10482848.jpg
ヴィックス(ロッテルダム動物園) Photo(C)Cor Vos / Telegraaf.nl
a0151913_10493972.jpg
セシとシークー、そしてフリーダムお母さん Photo(C)RTV Utrecht

オランダでもう間もなく二歳になる三頭のホッキョクグマたちの去就にファンの注目が集まっていましたが、いよいよ移動が行われるとの報道がオランダで報じられています。

まず、あの展示場のガラスを石で割ったことで一躍有名になってしまったロッテルダム動物園の雄のヴィックス(2010年12月6日生まれ) とレネンのアウヴェハンス動物園の雌のセシ(2010年11月24日生まれ) がペアとしてスウェーデンのオルサ・グレンクリット(Orsa Grönklitt) のベアパーク(Björnpark) に移動することになりました。 ヴィックスがロッテルダム動物園を出発するのは10月22日だそうです。 前回の投稿(「オランダ・ロッテルダム動物園のヴィックスが9月に他園へ旅立ち」)でヴィックスの移動は9月の予定であると書きましたが、多分EAZAのコーディネーターの調整に時間がかかったものと推定できます。

しかし大変奇妙なことに、このヴィックスとセシの新ペアは今度の冬をスウェーデンで過ごした後、来年の春には別の動物園に移動する予定だそうで、結局この2頭はペアとしてオルサに一時的に預かってもらうということになります。 いったい来年の春に欧州域内のどの動物園に移動することになるのかは現時点では未定だそうで、結局今回の移動は時間稼ぎという性格を出ないものだと思われます。 EAZAのコーディネーターが調整に手間取って、とりあえずヴィックスとセシの新ペアの最終的な落ち着き先を決定できないまま、ロッテルダムでのオリンカとエリックのペア、そしてレネンでのフリーダムとヴィクトルのペアの来年の繁殖を狙うことを優先して、とりあえず間もなく2歳になる彼らの子供たちを遠ざけるということでしょう。 今度はレネンのアウヴェハンス動物園でセシの双子の兄弟であるシークーがどこに行くか、次はそれに注目したいところです。

以下に比較的最近の映像をご紹介しておきます。 まずロッテルダム動物園のヴィックスですが、これは今年9月の映像です。まだオリンカお母さん母乳が恋しいようです。



次はレネンのアウヴェハンス動物園でのセシと彼女の双子の兄弟であるシークーの映像です。



いよいよヴィックスとセシはオリンカお母さんとフリーダムお母さんから旅立つ時がやってきました。 私はオランダで実際に彼らに会っていますので、今回の移動の件は他人事のようには感じられません。 この新ペアとの再会の日を楽しみにしています。

(資料)
Telegraaf.nl (Oct.11 2012 - IJsbeer Vicks gaat naar Zweden toe)
NOS.nl (Oct.11 2012 - Onbesuisde ijsbeer weg uit Blijdorp)
Eindhovens Dagblad (Oct.11 2012 - Baldadige ijsbeer verlaat Blijdorp)
RTV Utrecht (Oct.11 2012 - IJsbeer Vicks overwintert met ijsbeer Ouwehands)

(過去関連投稿)
*ヴィックス関連
オランダ・ロッテルダム動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
オランダ・ロッテルダム動物園で誕生の赤ちゃんの産室内の映像(追加)
オランダ・ロッテルダム動物園の赤ちゃん、産室から一歩を踏み出す
オランダ・ロッテルダム動物園の赤ちゃん、とうとう戸外に姿を現す!
ロッテルダム動物園へ!
親子3頭の同居? ~ 常識に挑戦したロッテルダム動物園の方法
泰然自若のオリンカお母さん、その貫禄の子育て
お母さんの庇護の下で自由を謳歌するヴィックス
オランダ・ロッテルダム動物園のヴィックスの性別への地元ファンの関心 ~ 要求された奇妙な写真
オランダ・ロッテルダム動物園、オリンカ親子の姿 ~ 発散するヴィックスの魅力
オランダ・ロッテルダム動物園で昨年12月に誕生したヴィックスの順調な成長 ~ 最近の映像より
オランダ、ロッテルダム動物園のヴィックスの1歳の映像
オランダ・ロッテルダム動物園のヴィックス、石でプール観客側のガラスを割る!
オランダ・ロッテルダム動物園のヴィックスが9月に他園へ旅立ち

*以下はセシ関連
オランダ・レネンのアウヴェハンス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の産室内映像まとめ
オランダ・レネンのアウヴェハンス動物園の双子の赤ちゃん、元気に生後10週間目へ
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の双子の赤ちゃん、遂に戸外に姿を現す!
遂にレネン、アウヴェハンス動物園に到着!
シークーとセシ、その伸びやかさと無邪気さの大きな魅力
フリーダムを称える
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の双子の最近の映像
オランダ・レネンのアウヴェハンス動物園の双子、1歳になったシークーとセシの近況
フリーダムお母さんと1歳になったシークーとセシの双子
by polarbearmaniac | 2012-10-12 11:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00
フランス・ミュルーズ動物園で..
at 2017-03-18 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin