街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ベルギー ・ エワイユ、原生サファリパークの二歳になるカニックの成長  ~   貴重な雌のパートナーは?

a0151913_145769.jpg
カニック (2011年6月) Photo(C)Les zoos d’europe

ベルギーのアルデンヌ地方のエワイユにある原生サファリパーク (Monde Sauvage d’Aywaille) で2010年11月25日に誕生した雌のカニックについては誕生の事実とその後の戸外登場について投稿したことがありましたが(過去関連投稿)、その後についてほとんどご紹介していなかったと思います。 このカニックは帯広のアイラと同じ年齢ですので本来は彼女についてもっとここで投稿していなくてはならなかったわけですが、実はそれほど多くの情報があったわけではありません。 それはこの原生サファリパーク自体が必ずしも情報の発信にそれほど積極的ではなかったということも一因です。 映像でカニックの成長を追ってみましょう。

まず以下は2011年4月の映像で、カニックがブランシュお母さんと一緒に戸外に初登場した直後の時期のものです。


Ours blanc Monde Sauvage Qannik avril 2011 投稿者 ZARACHAT

次は2011年9月のものです。カニックのいろいろな姿を見ることができます。



次は今年2012年5月の映像でカニックは一歳半になっています。







次に今年2012年の8月の映像で、カニックはボール遊びをしていますが遠くに映っているのは不満ですね。



さて、こうしてまもなく二歳になる雌のカニックですが彼女が今後どの動物園に移動することになるかに注目すべきでしょう。 上野動物園にやってきたデアが生まれたイタリア・ファザーノのサファリ動物園は欧州におけるEAZA 加盟の施設ではなかったためにデアは欧州域外に出ることが可能だったわけですが、それと同じような経営形態と展示内容を行うベルギーの原生サファリパークはEAZA加盟の施設です。 ということは、このカニックは欧州の繁殖計画(EEP)の枠内に組み入れられていると考えられ、よって欧州域外に出る可能性はまずないと言ってよいでしょう。 欧州にはこのカニックの同年齢、もしくは少し上の年齢でパートナーが決まっていない雄の個体が何頭もいるわけで、はたしてカニックがどの個体のパートナーになるのかは興味津々で見守りたいと思います。

(資料)
Le Monde Sauvage d'Aywaille (Le ours polaires du Monde Sauvage)

(過去関連投稿)
ベルギー・アルデンヌ地方、エワイユの原生サファリパークでホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
ベルギー・原生サファリパークのホッキョクグマの赤ちゃんの誕生直後の画像
ベルギー・アルデンヌ地方、エワイユの原生サファリパークの赤ちゃん、とうとう戸外へ!
2010年暮れ誕生、世界のホッキョクグマの赤ちゃんの戸外登場初日の映像(総まとめ)
ベルギー・エワイユ、原生サファリパークのブランシュお母さんとカニックの映像
by polarbearmaniac | 2012-10-23 17:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00
オランダ・エメン動物園に移動..
at 2017-05-23 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-05-22 21:00
モスクワ動物園のホッキョクグ..
at 2017-05-21 22:00
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-05-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-05-20 20:30
バフィン、偉業を成し遂げつつ..
at 2017-05-19 23:30
モモの真っ直ぐな成長 ~ 母..
at 2017-05-19 23:00
浜松市動物園にゆったりと流れ..
at 2017-05-19 22:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin