街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナに地元航空会社のヤクーチヤ航空より支援の手

a0151913_19195087.jpg
ヤクーツク動物園のコルィマーナ Photo(C) ysia.ru

今年の4月にロシア極北の東シベリア海の孤島で孤児となっていたところをWWFロシアとヤクート自然保護省の調査官によって保護されヤクーツク動物園に送られたコルィマーナについてはずっとその状況を追い続けています(過去関連投稿参照)。 このたび地元ヤクーツクに本拠を置く航空会社であるヤクーチヤ航空 (Авиакомпания Якутия) が、このコルィマーナを自社のシンボルとして採用し、会社の新しいロゴマークにホッキョクグマを入れることになったことをヤクーツク動物園とマスコミが伝えています。 同時にこのヤクーチヤ航空はヤクーツク動物園と契約を締結し、コルィマーナの食糧の援助や、その他コルィマーナの飼育にとって必要な物資の調達などにも協力することになったそうです。 ヤクーツク動物園の新ホッキョクグマ展示場は現在急ピッチで行われていますが、この資金はサハ共和国の予算によって行われていますので、この地方挙げてコルィマーナをバックアップさせていこうという体制になっているのは心強いことです。 この下がヤクーチヤ航空の新しいロゴマークとなったそうです。
a0151913_19294374.jpg
報道によれば、11月にサンクトペテルブルクのレニングラード動物園からコルィマーナのパートナーになるべく雄の個体が送られてくる予定だと報じていますので以前からご紹介しています通り、これはもうロモノーソフの年末にかけてのサンクトペテルブルクからヤクーツクへの移動はほぼ決定的だと思われます。 コルィマーナは貴重な野生出身の雌であり早々とパートナーの目途がたったわけですから、どうかこれからも大事に飼育していただきたいと思います。 ロシアで野生で保護された個体は、やはりロシア国内で飼育するのが正しいと思います。下の映像は以前にもご紹介した映像ですが、コルィマーナが保護されたあとヤクーツク動物園に到着した直後の映像です。 不安そうな表情をしているのが印象的です。



(資料)
Якутский зоопарк (Опекуны в гостях у Колыманы)
Interfax (Oct.26 2012 - Полярный медвежонок-сирота стал "живым символом" якутской авиакомпании)
Байкал24 (Oct.27 2012 - )Медвежонок-сирота стал "живым символом" якутской авиакомпании
ARCTICunivers (Oct.27 2012 - Найденыш с Медвежьх островов теперь нашел и сильных покровителей)
GoodNewsAnimal (Медведице Колымане привезут друга-медведя из Санкт-Петербурга)

(過去関連投稿)
ロシア極北・サハ共和国(ヤクーチア)のコルィマ湾でホッキョクグマの赤ちゃんが保護される
ロシア極北・サハ共和国(ヤクーチア)で保護された孤児の赤ちゃんがヤクーツク動物園へ
ロシア極北・サハ共和国(ヤクーチア)で保護された孤児の赤ちゃんが無事にヤクーツク動物園に到着
ロシア極北・サハ共和国で保護された孤児の赤ちゃん、「コルィマーナ」と命名される
ロシア極北・サハ共和国のヤクーツク動物園で保護されているコルィマーナが一般公開となる
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナのパートナーはレニングラード動物園のロモノーソフに決定か?
ロシア極北・サハ共和国のヤクーツク動物園に到来した夏 ~ コルィマーナの近況
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナが11月に新飼育展示場へ移動
by polarbearmaniac | 2012-10-29 19:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・オレゴン動物園を去..
at 2017-05-28 23:50
ロシア・ペルミ動物園でセリク..
at 2017-05-27 23:50
ズーパラダイス八木山の二日目..
at 2017-05-26 23:50
ズーパラダイス八木山のホッキ..
at 2017-05-25 23:50
ポーラに迫りつつある正念場 ..
at 2017-05-25 23:30
ラダゴル(カイ)に備わってき..
at 2017-05-25 23:10
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00
アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin