街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園のアルツィンの頭のタイヤが抜けなくなりレスキュー隊が出動

a0151913_16162767.jpg
Photo : Челябинская городская служба спасения

ロシア・ウラル地方の都市チェリャビンスクの動物園で暮らす雄のアルツィンと雌のアイリシャの愉快なペアについては今まで何度も投稿してきました(過去関連投稿参照)。 さて、ここ数日この雄のアルツィンに大変なことが起きていたようです。 彼がおもちゃにしていたタイヤが頭から取れなくなってしまい、なんとかそれを自分で取ろうと彼はもがいていたようですが成功しなかったそうです。 終いには泣き声をあげるようにすらなっていたとのこと。 たまりかねた動物園側はとうとうチェリャビンスク市のレスキュー隊に救いを求めました。 アルツィンに睡眠剤を打ち、レスキュー隊員は特殊な電気のこぎりで彼の首から動か中なったタイヤを切断したそうで、この作業は5分間で無事終了したそうです。 以下は無事頭からタイヤが外れたアルツィンの姿と、この緊急作業も模様を伝える地元のTVのニュース映像です。







(追記) この作業の様子はコムソモリスカヤ・プラウダ紙のサイトの こちらのページの動画でやや長く見ることができます。



動物園の担当者は、もうアルツィンにはこのようなタイヤを与えないことにしたと言っています。 本当にとんだことでした、でもこの作業でアルツィンにケガがなくて幸いでした。 このチェリャビンスク動物園は以前からホッキョクグマに多くのおもちゃを与えている動物園のように思いますが、今回はとんだことになりました。 下にアルツィンの姿をもう一つご紹介しておきます。 彼は体重が700キロを超えるという飼育下では世界最大と考えられる体重の持ち主です。



(*追記) 報道では首からタイヤが抜けなくなったホッキョクグマがアルツィンなのかアイリシャかを明確には述べてはいませんが、ロシア語の文中でこのホッキョクグマを ей ではなく ему で受けていますので雄のアルツィンを指していることになります。
(*追記2)その後サンクトペテルブルクのTV局の番組の中で、この問題のホッキョクグマはやはりアルツィンだと報じています。



(資料)
ГТРК Южный Урал (Oct.31 2012 - В челябинском зоопарке медведь стал пленником любимой игрушки)
31 канал Челябинска (Oct.31 2012 - Спецоперация по спасению косолапого)
Вести.Ru (Oct.31 2012 - В челябинском зоопарке медведь стал пленником любимой игрушки)
Челябинская городская служба спасения (Oct.31 2012 - Необычный случай произошел на прошлой неделе в городском зоопарке)
Комсомольская правда (Nov.1 2012 - Мишку из челябинского зоопарка пришлось выручать спасателям)
(*追加資料)
5-tv.ru (Nov.1 2012 - В Челябинске помощь профессиональных спасателей потребовалась белому медведю)

(過去関連投稿)
ロシア・地方都市の動物園で人々に愛されるホッキョクグマ
ロシア・チェリャビンスク動物園の体重700キロの心優しきホッキョクグマ
有力企業のホッキョクグマ飼育への支援申し出に喜ぶロシア・チェリャビンスク動物園ロシア・チェリャビンスク動物園のホッキョクグマのイベント
ロシア・チェリャビンスク動物園のホッキョクグマのおもちゃはなんと黄色いスケートボード!
ロシア・チェリャビンスク動物園のアルツィン  ~ 飼育下では世界最大の体重か?
ロシア・ウラル地方、チェリャビンスクの動物園のプール開き
ロシア・ウラル地方、チェリャビンスクの動物園の夏 ~ ホッキョクグマにオモチャのプレゼント
ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園のペアの演じる「タンゴ」
ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園のホッキョクグマたちの夏の日の姿
by polarbearmaniac | 2012-11-01 09:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-09-26 10:00
ロシア北東部の内陸をさまよう..
at 2017-09-26 03:00
ウクライナ・ハリコフ動物園の..
at 2017-09-25 03:00
ロシア北東部サハ共和国で北極..
at 2017-09-23 22:00
ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag