街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

カナダ北部、ヌナブト準州の村落近くでホッキョクグマ親子3頭が射殺される ~ 経験と科学の相克

a0151913_141692.jpg
Photo(C)US Fish and Wildlife Service / Jessei Harris

カナダ北部のヌナブト準州 (Nunavut) は現在はイヌイットの自治準州となっており、ホッキョクグマの生息地でもあります。 報道によれば、このヌナブト準州のバフィン島東岸にあるクライドリバー(Clyde River)というイヌイットの村落で今週、三頭のホッキョクグマ(母親と二頭の子供)が村長により射殺されました。 火曜日にこの親子が姿を現した時には追い払ったものの再び現れ村落に接近してきたため射殺したそうです。 母親は痩せていてかなり飢えていた様子だったそうですが子供たちも似たり寄ったり(little better) の状態だったそうです(この冒頭の写真の親子は無関係です)。 この秋の狩猟枠はすでに使い果たしていたため村民はホッキョクグマの出現に怯えていたそうで、このように村落に姿を現すホッキョクグマの姿は今年は例年よりも増えているとのこと。 やはりこれは氷の張る時期が今年は遅いことと関係があるだろうと村長は語っています。 この射殺されてしまったホッキョクグマのお母さん、本当に気の毒なことです。 自分の身を削って双子の子供にお乳を与え続けてきたものの、もう限界に来ていたのでしょう。
a0151913_114591.jpg
こういった事件は年に何回かあり、それらが全て報道されているとは限りませんが、可能な限りこのブログに投稿してきたつもりです。 これは実に厄介な問題ではありますが私はイヌイットにも彼らの文化(と称するもの)にも非常に冷淡な人間ですので彼らのやることを弁護する気など毛頭ありません。 彼らが得た狩猟枠というものを一般のハンターに売却して利益を得る、つまり権利の売買を行うというところからして、もう彼らには狩猟枠を与える必要などないだろうと考えます。 皮肉なことに、こうして氷の張る時期が遅くなり村落近くに出現するホッキョクグマが多くなり彼らの狩猟もしやすくいなるのではないでしょうか。 仮に百歩譲って彼らが狩猟枠を持つことを認めたとして、こういった状況で、そもそも彼らが狩猟枠を守っているなどということは、はなはだ怪しいわけです。 以下にCBC (カナダ放送協会) のニュース番組をご紹介しておきます。 ヌナブト準州の一部の地域ではこれはもう事実上「やりたい放題」というのが現実ではないでしょうか。 今回の件でも本当に「自衛」だったかどうかは怪しいものです。



ただし狩猟枠について考える場合に、野生下のホッキョクグマの頭数に対する科学的調査というのもかなり危うい面があります。 つまりある特定の地域に限って調査する場合、そこに暮らしていたホッキョクグマが他地域に移動したならばそれをどう評価するかという問題が出てきます。 イヌイットに言わせれば、「昔はホッキョクグマの姿などそれほど見かけなかったのに最近は頻繁に見かけるようになった。 ホッキョクグマの頭数は減少していない。」というような一種の経験をもとにした主張に対して、それを完璧に打ち破るまでには至っていないように思われます。下のCBCのニュース映像では「Science vs, Experience」という対比の観点でこのことを取材しています。 ホッキョクグマの著名な研究者であるイアン・スターリング氏が登場していますが、私には氏が自信に満ちた主張を行っているようには必ずしも聞こえません。 (最初に2つほどCMが入ります。)



(*上がご覧になりにくい場合は下を見て下さい。)



このホッキョクグマの頭数推移の問題については改めて詳しく投稿したいと考えています。 このことはすでに以前この予告は」していましたが、仕事などでバタバタしているうちにホッキョクグマの赤ちゃん誕生のシーズンになってしまい頭数推移の問題を投稿する時期を逸しつつあります。 「ホッキョクグマの頭数は減少している。」という主張と、「ホッキョクグマの頭数はこれからもっと減少する。」 という主張は実は二つであって一つではないという厄介な問題があるように私には見えます。 このことは稿を改めて投稿する予定です。
a0151913_1253922.jpg
今回の事件の起きた村落でつくられた$15,000.の値札のホッキョクグマの毛皮の敷物

(資料)
CBC News (Nov.14 2012 - More polar bears spotted in N.W.T., Nunavut communities) (Jun.15 2007 - Counting polar bears)

(過去関連投稿)
イギリスで議論を呼んだホッキョクグマ狩猟の映像 ~ Inside Nature's Giants : Polar Bear (Channel 4)
ホッキョクグマ狩猟枠を観光客に売却して現金化するイヌイットたちを批判する

(*追記) どのブログでもどういった単語で検索してそのブログにたどりついたかがわかる機能があります。 実はここ3ヶ月ほど、いやもっと前からでしょうか、毎日のように 「ホッキョクグマ、個体数、生息数、頭数、変化、減少、グラフ」 というような類似の単語を複数組み合わせて入れてこのブログをご訪問していただいていらっしゃる方がいるようです。 ご訪問ありがとうございます。 まずはお礼申し上げます。 それだけ長い期間、同じような検索を続けていらっしゃるということは、そういうグラフがまだ見つからないからでしょうか。 学生さんでしょうか? 何かのレポートに御必要ですか? その方に申し上げておきたいのですが、以前にも書きましたように日本語という言語ではホッキョクグマに関する重要なことは何一つわからないので日本語で検索しても時間の無駄なのではないかという点が一つ。 それから二つ目に、仮に英語その他の言語で検索しても通常の方法ではこのグラフはまず出てきません。何故出てこないのか...それをお考えいただきたいのです。 実は全く存在していないというわけではありません。 (ただし見るのには特殊な方法があります。 実は科学者たちはあまりそれを見せたがらないということです。 しかしこのことは、この生息頭数のグラフがネット上にほとんど存在していないという理由とは別のことです。)  しかし、仮にそういったグラフが存在していたとしてそれが果たしてどれだけ意味のあるものでしょうか? 実はこのこと(つまり、何故ほとんどそういったグラフが存在していないのかということ)が 「ホッキョクグマの生息頭数推移」の問題を考える場合に非常に重要な点なのです。 一つだけ下に御紹介しておきます。 しかしこれは多分、その方にとっては有用なものとは言えないグラフではないかと思います。 PB は Polar Bear の略です。
a0151913_1473754.jpg
さて、この上のグラフ....この数値の根拠は何でしょうか....?


(*追記2) 「ワシントン条約(CITES)第16回締結国会議とホッキョクグマの保護について ~ 賛成できぬWWFの見解」という投稿の中で一つのグラフを紹介しています。 それも是非ご参照ください。
by polarbearmaniac | 2012-11-16 07:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

カナダ・コクレーン「ホッキョ..
at 2017-03-29 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-28 21:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-27 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin