街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

チェコ・ブルノ動物園のコーラに出産間近の兆候! ~ モスクワ動物園担当者の助言を求め万全の体制へ

a0151913_10484076.jpg
コーラ Photo(C) DENÍK/Attila Racek

かねてから何度か投稿していますが、チェコ・ブルノ動物園のコーラについてです。 チェコからの報道によりますとコーラの出産が近いことを示す兆候が現れているそうです。 それによってコーラは産室に誘導された模様です。 このコーラはここのところ毎年出産していますが、2007年11月に有名なトムとビルの双子の出産、その後の育児には成功して以降の出産は食害などによって成功していませんでした。 ブルノ動物園としてはなんとかコーラに出産を成功してもらいたいと必死の様相です。 それというのも、何回か御紹介していますがブルノ動物園の台所が苦しく、入園者を増やすことが不可欠であるという人間の側の都合も大きいからです。 ここ2~3日が勝負でしょう。当然のことながらホッキョクグマ展示場の付近一帯は来園者を完全にシャットアウトしている状況だそうです。

ブルノ動物園では今回のコーラの出産についてなんとモスクワ動物園に助力を求めたそうです。 それはホッキョクグマの繁殖にはモスクワ動物園が最も経験豊かであることと同時に、このコーラはモスクワ動物園の三つ子のお母さんであるシモーナの妹にあたるということもあり、話を持っていきやすかったという事情もあるかもしれません。 モスクワ動物園では今年は育児の年で出産のない年周りですのでホッキョクグマの担当者をチェコに派遣することなども可能であったという事情もあるでしょう。 さて、このモスクワ動物園の担当者は状況から判断したのでしょうか、コーラの産室の扉を開放したほうがよいというアドバイスをしたそうです。 今までのコーラの出産では産室の扉は完全に閉じてしまいコーラを産室内に密閉した方法をとっていたそうです。ところが今回モスクワ動物園の担当者は、コーラが産室に自由に出入りできる状況を作ってやることをアドバイスしたということです。 報道の内容を読む限りにおいては、果たしてコーラが戸外の展示場にまで出られる状況になっているのかどうかがわかりません。 もしそうなっているのならこれは以前ご紹介した「不完全密閉型産室(あるいは半開放型産室」)の典型的な例となるでしょう。 モスクワ動物園におけるホッキョクグマの出産は伝統的な「密閉型産室」を採用しているそうですが、戸外の展示場への扉は封鎖するものの屋内の寝室と産室の間の出入りは自由にさせているそうで、今回はコーラの性格などを考慮に入れてモスクワ動物園と同じやり方を勧めたのでしょう。

ブルノ動物園の産室内映像ライブについては、まだ映像がネットに繋がっていないようです。 視聴可能になった段階でお知らせしたいと思います。

(資料)
iDNES.cz (Nov.15 2012 - Lední medvědice Cora se opět chystá na porod, do boxu tentokrát nemusí)

(過去関連投稿)
チェコ・ブルノ動物園での別れ(前) ~ トムとビルを愛した人々
チェコ・ブルノ動物園での別れ(後) ~ トムとビルを愛した人々
チェコ・ブルノ動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
チェコ・ブルノ動物園で誕生のホッキョクグマの赤ちゃん食害の犠牲に!
来シーズンの繁殖に向けて動き出したチェコ・ブルノ動物園 ~ コーラとウムカの同居開始
チェコ・ブルノ動物園のコーラに11月の出産の期待
チェコ・ブルノ動物園のコーラの出産が秒読み ~ 画期的な産室内部のライブ映像中継
チェコ・ブルノ動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 1頭が生存中
チェコ・ブルノ動物園で誕生の双子の赤ちゃん、2頭目も死亡!
チェコ・ブルノ動物園がコーラの出産に園の浮沈をかける ~ 食害の瞬間を映した貴重な映像記録の公開
チェコ・ブルノ動物園のコーラの出産準備万端 ~ 出産・成育成功の条件は?
デンマーク・オールボー動物園での過去の産室外出産例
by polarbearmaniac | 2012-11-16 12:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin