街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ ・ オハイオ州、コロンバス動物園に登場したナヌークへの期待 ~ 25歳の雄の繁殖能力への希望

a0151913_2262166.jpg
ナヌーク Photo(C) The Columbus Zoo and Aquarium

アメリカ・ニューヨーク州のバッファロー動物園が新しいホッキョクグマ展示場を建設する計画を進めているため、同園で飼育されていた間もなく25歳になる雄のナヌークがその期間中にオハイオ州のコロンバス動物園に移動することになった件はすでに「アメリカ・バッファロー動物園のナヌークがコロンバス動物園へ ~ 新ホッキョクグマ展示場の建設開始」という投稿で御紹介していました。 このナヌークは実はもう10月16日にコロンバス動物園に到着していたようで、約一カ月の検疫が終了した今月18日にコロンバス動物園のホッキョクグマ展示施設である Polar Frontier に姿を見せたそうです。 待ち受けていたのは先日「アメリカ ・ オハイオ州、コロンバス動物園のアナーナとオーロラの双子姉妹の楽しいハロウィーン」で御紹介しているアナーナとオーロラという、来週6歳になる双子姉妹でした。

コロンバス動物園としてはこの双子姉妹とナヌークの間での繁殖に大いに期待しており、なんとしてでもそれを実現させたいと園長さん以下、非常に熱意を燃やしているようです。 コロンバス動物園としてはかねてからこの双子姉妹のアナーナとオーロラのパートナー探しを行ってきており、バッファロー動物園で2回パートナーを妊娠・出産に導いたことにより繁殖能力が証明されているナヌークがこうしてコロンバス動物園に移動してきたことを非常に喜んでいる様子が報道で伝わってきます。 全米の動物園では1990年代半ばには約200頭ものホッキョクグマが飼育されていたものの、現在では64頭にまで減っているよ報道は述べていますが、アメリカの動物園における繁殖は以前にも増して重要な課題となっていることは間違いありません。 コロンバス動物園でも過去2回、1984年と1988年に繁殖成功の実績があるそうで来年四半世紀ぶりにホッキョクグマの赤ちゃんが生まれるかどうかを注目したいところです。 担当飼育員さんは、ホッキョクグマの赤ちゃんが生まれるのは(他の動物園の例をみても)いつも大きな出来事 (“a big event”) であるが、これを実現させるには極めて大変な道程である (“There’s definitely a lot that goes into it.”) と語るものの、希望を持って取り組んでいきたいと語っています。

(*追記) このナヌークがコロンバス動物園に登場したときの映像がその後コロンバス動物園によってアップされましたのでご紹介しておきます。


私がこのコロンバス動物園での繁殖の可能性にとりわけ興味を持つのは、いくら繁殖能力が証明されているにしても来年春の繁殖行動期にはすでに25歳になっているナヌークが果たして雌を妊娠させることができるかどうかということです。 飼育下において確実な記録が残っている雄の歴代最高齢繁殖(貢献)記録は確か28歳だったはずで、こういう記録は特殊な例として考えるべきでしょう。 ただしこのナヌークは2009年の2月に彼が21歳のときにウィスコンシン州のヘンリー・ヴィラス動物園からバッファロー動物園に繁殖目的で移動してきた(この件については以前の投稿である「繁殖のために住み慣れた動物園を旅立ったホッキョクグマ ~ ヘンリー・ヴィラス動物園のナヌークへの期待」をご参照下さい) 後に2回、パートナーを妊娠・出産させている (ただし成育せず) ことから25歳という年齢を悲観的に考えることはないとも言えます。 今後非常に注目すべきコロンバス動物園での繁殖となるでしょう。
a0151913_21441055.jpg
ナヌーク(左)とアナーナとオーロラの双子姉妹(右)
Photo(C) Tom Dodge / Columbus Dispatch

さて、このコロンバス動物園の展示場である Polar Frontier に登場した体重450キロのナヌークですが、上の写真のように双子姉妹のアナーナとオーロラと鼻をすりよせ互いに様子をうかがっているというのが同居開始後2日経過した現在の状態のようです。 滑り出しはまずまずといったといころでしょうか。

(資料)
NBC News (Nov.19 2012 - New Polar Bear Makes Columbus Zoo Debut)
Columbus Dispatch (Nov.19 2012 - Male polar bear moves in at Columbus Zoo)
Columbus Dispatch (Nov.20 2012 - Look out, polar ladies, there’s a new bear in town)

(過去関連投稿)
繁殖のために住み慣れた動物園を旅立ったホッキョクグマ ~ ヘンリー・ヴィラス動物園のナヌークへの期待
アメリカ・バッファロー動物園のナヌークがコロンバス動物園へ ~ 新ホッキョクグマ展示場の建設開始
アメリカ ・ オハイオ州、コロンバス動物園のアナーナとオーロラの双子姉妹の楽しいハロウィーン
by polarbearmaniac | 2012-11-20 22:13 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00
エストニア・タリン動物園の雄..
at 2017-06-16 23:55
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-06-15 23:55
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-14 23:55

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin