街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・シベリア中部のクラスノヤルスク動物園のセードフ司令官の10歳のお誕生会 ~ 行方不明の兄弟たち

a0151913_236249.jpg
セードフ司令官 Photo(C) krasrab.net

ロシア・シベリア中部の都市クラスノヤルスク動物園で暮らす雄のセードフは2002年の11月29日にサンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダお母さんから生まれた雄の三つ子のうちの一頭です。 このセードフについてはレニングラード動物園時代から「セードフ司令官(Командор Седов)」 と呼ばれていたわけですが、このセードフというのはロシアの北極探検家の名にちなんで付けられた名前です。 彼は2004年からこのクラスノヤルスク動物園で飼育されており、地元では大変な人気者になっています。

このセードフ司令官の10歳のお誕生会が25日にクラスノヤルスク動物園で開催され、子供たちが集まってセードフ司令官にプレゼントなどがありました。
a0151913_2542286.jpg
a0151913_2544610.jpg
お誕生会の様子 Photo(C)Красноярский зоопарк

セードフ司令官がおもちゃ好きであることから、サッカーボールやバレーボールなどもプレゼントされたそうです。 以下の映像は昨年のセードフ司令官のお誕生会を伝える地元TV局のニュース映像です。


このセードフ司令官はウスラーダお母さんの生んだ三つ子の一頭であるわけで、この三つ子がウスラーダお母さんと一緒にニュース映像に登場していますのでこちらをクリックしてごご覧いかだきたく思います。 この映像は以前にもご紹介していますが、ロッシー(ピョートル)が日本に旅立つことを伝えるTVのニュース番組の営倉に、なんとこの三つ子の映像が使われているという奇妙なニュース番組です。 それからこちらはロシア第一チャンネルのニュース映像で初めてご紹介することになりますが、実に貴重な映像記録だと思います。 (*後記 - それからセードフが2004年4月にクラスノヤルスク動物園に到着した際の映像を、こちらのTVニュース番組の中で見ることができますのでご紹介しておきます。下の映像です。)


a0151913_3113872.jpg
ウスラーダお母さんとセードフ司令官、ベーリング、マリーギンの三つ子
(2003年撮影) Photo(C)Зоо Союз

この三つ子の他の2頭、ベーリングとマリーギンについては現在その所在がはっきりしません。 行方不明と言ってもよい状態です。 ベーリングはドイツのフランクフルト経由で中国の大連に送られたことはわかっています。 以下はこのベーリングがサンクトペテルブルクノレニングラード動物園から移送される時の写真です。
a0151913_318212.png
a0151913_319013.png
中国・大連に旅立つベーリング (2004年6月) 
Photo(C)ИНТЕРПРЕСС

もう一頭のマリーギンですが、彼はモスクワ動物園に送られ、そしてその後にやはり中国の大連に移動した情報があります。 大連といえば私がこの7月に訪問した大連森林動物園でしょう。 しかし私がそこで見たのはベーリングでもマリーギンでもないと思われる一頭の雄のホッキョクグマでした。 彼はモスクワ動物園のウランゲリに良く似ていましたからウランゲリとシモーナの息子である確率もあるかもしれないようにも思いました。 ベーリングとマリーギンは多分、中国国内の他の動物園に移動しているのではないかと考えられますが、中国国内のホッキョクグマの動きは不明な点が多く、いったい今どこにいるのかは皆目見当がつきません。 中国と言う国のホッキョクグマの動向はまるでブラックボックスに入ってしまったように忽然として姿を消したホッキョクグマのその後の消息はわからなくなってしまうのです。 旭山動物園のイワンの兄弟も同じような状況となっている点は以前にもご紹介しています。 実に残念なことです。 あの偉大なウスラーダお母さんから生まれた三つ子の子供としては可哀想に思います。 私も中国にはこれからも何度が出かけて、なんとか彼らの本当の所在地を確認したいと思っているのですが、そう簡単にわかるものとも思えません。 困ったことです。
a0151913_11291276.jpg
セードフ司令官、ベーリング、マリーギンの三つ子 (レニングラード動物園)
Photo(C)Михаил Морозевич
a0151913_3283960.jpg
レニングラード動物園でのベーリングとセードフ司令官 
Photo(C)Reuters

(資料)
Красноярский парк флоры и фауны «Роев ручей» (Новости Nov.20 2012 - 10 лет Седову!)
Комсомольская правда (Nov.23 2012 - В красноярском зоопарке белого медведя Седова в честь 10-летнего юбилея угостят виноградом)
Красноярский парк флоры и фауны «Роев ручей» (События - ДЕНЬ РОЖДЕНИЕ СЕДОВА!)
ИНТЕРПРЕСС.РУ (Jun.18 2004 - Из Ленинградского зоопарка в зоопарк китайского города Далянь отправлен белый медвежонок Беринг)
The Tribune (Apr.20 2004)
РИА Новости (Jun.18 2004 - Белый медвежонок едет в Китай из Ленинградского зоосада)
Россия 1 (Jun.17 2004 - Белый медвежонок отправляется в Китай)
Проза.ру (Зообайки - Белые медведи)
Комсомольская правда (Apr.28 2012 - Хлопонин привез питерского мишку)
Mail.ru (Михаил Морозевич - Услада, Меньшиков и их дети)
ТРК Прима-ТВ (Nov.25 2011 - Завтра Роев Ручей приглашает красноярцев на день рождения белого медведя)
(後記資料)
ТВК-6 (May.24 2013 - Переезд Седого)

(過去関連投稿)
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の伊達男たち ~ 華麗なる独身生活を謳歌?
ロシア・クラスノヤルスク動物園のプール開き
ロシア・クラスノヤルスク動物園の夏の始まり ~ プールを雌2頭に占領されてしまったセードフ司令官閣下
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のプール開き
by polarbearmaniac | 2012-11-28 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-04-29 22:30
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin