街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ハノーファー動物園と個体交換交渉を行った札幌・円山動物園 ~ その背景を読み解く

a0151913_1618192.jpg
シュプリンター (左)とナヌーク (右) Photo(C)Zoo Hannover

北海道にお住まいの方から「ホッキョクグマ館新設へ」というタイトルの北海道新聞の本日付の記事のコピーを送っていただきました。 同紙のネットのサイトには見つからない記事でしたので感謝いたします。 大変に興味深い記事です。 比較的長い記事ですので、記事の記述の順番を変更しながら私なりに内容を言い換えしつつ要約いたします。

① 札幌・円山動物園は今年の夏にドイツ・ハノーファー動物園とホッキョクグマの交換交渉を進めたが、円山動物園側の施設の問題で頓挫した。(こういった経緯により)円山動物園は海外の施設を調査・研究して新施設作りを進めることにした。来年度中に職員を海外に派遣して施設を調査し基本計画をまとめたい意向である。

② 新ホッキョクグマ館は2015年に着工し2017年にオープンの予定。 この新施設では展示・繁殖の両方を行い、現在の施設は繁殖専用とする。


....という内容です。 この北海道新聞の記事の内容を読まれた方で驚いた人がいたとすれば、それは円山動物園がドイツのハノーファー動物園と交渉を持ったという点でしょう 。 また、この記事を読んで喜ばれた方がいるとすれば、それは新ホッキョクグマ館 (第二ホッキョクグマ館) の建設が進みそうだという点においてでしょう。 しかし私は前者に深い意味を感じます。 ハノーファー動物園 (Erlebnis-Zoo Hannover) は当然EAZA (European Association of Zoos and Aquaria) 加盟の動物園です。 ということはホッキョクグマに関してはEEP (European Endangered Species Programmes) の範囲内で繁殖を図る施設として機能する役割を果たすわけです。 そういったEEPの範囲外である欧州域外の動物園に個体を出すということは、たとえ交換であっても基本的には行わない方針なわけです。 ところが今回の計画が頓挫したのは円山動物園の施設の問題が原因(つまりハノーファー動物園が円山動物園の施設に難色を示したということ)であると報じられている点です。 ハノーファー動物園は円山動物園にEEPの枠外にある日本の動物園とはホッキョクグマの個体交換を行わないと言えば単純にそれで済むはずなのに、何故わざわざ円山動物園のホッキョクグマ展示施設の飼育環境まで調べて、その結果として飼育環境を理由にして断ったのでしょうか?

理由は比較的簡単です。 ハノーファー動物園 (及びEAZAのコーディネーター) がハノーファー動物園の施設(有名なYukon Bay です)で飼育している2頭の雄のホッキョクグマであるシュプリンター(間もなく5歳)とナヌーク(5歳)のパートナーを見つける困難さに直面しているということだからです。 以前の投稿である「ドイツ・ハノーファー動物園のアルクトスとナヌークの双子兄弟に4歳のお誕生祝い ~ 将来への不安」、及び「ドイツ・ハノーファー動物園のアルクトス、スコットランドに無事到着しウォーカーと初顔合わせ」、及び「スコットランドのハイランド野生公園、ウォーカーとアルクトスの近況 ~ 雌の伴侶欠乏世代の個体たち」 という投稿に欧州におけるパートナー不足の問題を書いていますのでご参照下さい。 さらに、「ドイツ・ニュルンベルク動物園のグレゴールとアレウトの双子の移動先調整にEAZAが難航?」 という投稿をご参照いただきたいのですが、もう12月になろうというのに欧州ではまだホッキョクグマの移動計画が発表されていません。 つまり、この世代の雄が多すぎてパートナーとなるべき雌が不足しているわけです。 それだけではありません。 移動させようにも移動先が簡単に確保できないためにフリーダム(アウヴェハンス動物園)やヴェラ(ニュルンベルク動物園)の来年の繁殖ができなくなるかもしれません。 ハノーファー動物園(そしてあるいはEAZAのコーディネーター)としてはこういった状況を打開することを考え円山動物園から話があった時にララの子供たちとシュプリンターやナヌークを交換することは血統面から考えて有効な解決策だと考えEEPの枠の問題はひとまずは横に置いておき、個体交換の有用性を真剣に検討したであろうことは間違いないでしょう。 だからこそ日本の動物園は欧州のEEPの適用域外であったにもかかわらず、円山動物園の飼育環境を知ろうとしたということです。

私は以前から何度か書いていますが、ララの子供たちをフギースフリーダムオリンカの子供たちと交換することは血統面から考えれば欧州と日本の双方にとって有利な状況が生じるのです。 実現性はともかくとして机上の話ではそういうことなのです。 ところがハノーファー動物園は円山動物園の現在の施設ではシュプリンターやナヌークを送ることができないと考えてこの計画が頓挫したのは純粋に施設の問題だけだったと考えるべきでしょう。 つまりこの事実は欧州がこの世代の繁殖に頭を痛めているという事実を逆にあぶりだしたことを意味します。 今回の個体交換計画は頓挫したものの、難攻不落と見えたEAZAのEEPの外壁は破ろうと思えば(つまり日本側が新施設を建設して飼育環境を大幅に改善した上で欧州の動物園に個体交換を提案すれば)破れる可能性があることもわかったような気がします。 とにかく日本のホッキョクグマの繁殖計画はもう5年早く推進されるべきでした。

それにしても円山動物園はよくハノーファー動物園という、まさに「絶妙な」動物園(つまりパートナー探しで一番困り果てている動物園)を選択して話を持って行ったものです。 結果的に話は頓挫したものの、円山動物園が交渉相手としてハノーファー動物園を選択したのはホッキョクグマの血統面だけに関するならば実に正解でした。 円山動物園がなぜハノーファー動物園に目を付けたかの経緯はわかりませんが、よほど欧州のホッキョクグマ界に詳しくないとこの選択は出てこないはずです。 ただし、相手の施設(Yukon Bay)があまりに立派過ぎることが障害になってしまったということでしょう。

さて、ここでハノーファー動物園のユーコンベイ(Yukon Bay)で暮らすシュプリンターとナヌークの雄2頭の映像をまたご紹介しておきましょう。





(過去関連投稿)
ドイツ・ハノーファー動物園の新施設 Yukon Bay
ドイツ・ハノーファー動物園に仲良しトリオ出現 ~ ユーコンベイで3頭の同居開始
ドイツ・ハノーファー動物園の大きな成功
ドイツ・ハノーファー動物園のアルクトスとナヌークの双子兄弟に4歳のお誕生祝い ~ 将来への不安
ドイツ・ハノーファー動物園のウィーン生まれの双子に別離の時来る ~ アルクトスがスコットランドへ
ドイツ・ハノーファー動物園のアルクトス、スコットランドに無事到着しウォーカーと初顔合わせ
スコットランドのハイランド野生公園、ウォーカーとアルクトスの近況 ~ 雌の伴侶欠乏世代の個体たち
ドイツ・ハノーファー動物園のシュプリンターとナヌークに一足早くハロウィーンのカボチャのプレゼント
ドイツ・ニュルンベルク動物園のグレゴールとアレウトの双子の移動先調整にEAZAが難航?
ノルウェーの極地動物園、ララの子供たちの入手を狙い円山動物園と接触か? ~ 報道内容の真偽を検証する
ララの子供たちの繁殖について思う
by polarbearmaniac | 2012-11-30 17:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-08-22 17:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin