街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ ・ コモ動物園のバーリンがカンザスシティ動物園へ ~ 「ニキータとバーリンの物語」は可能か?

a0151913_11103011.jpg
ニキータ Photo(C) Scripps Media
a0151913_1111460.jpg
バーリン Photo(C)StarTribune

やや気になるホッキョクグマの移動のニュースがアメリカから入ってきました。 ここのところ何度がご紹介しているミネソタ州セントポールのコモ動物園に避難中のスペリオル湖動物園の雌のバーリンについてです。 彼女は10月に腹部の手術を受け順調に回復しつつある様子は何度がご紹介してきました。 そのバーリンが、AZAのPBSP(Polar Bear Species Survival Program)によってミズーリ州カンザスシティ動物園へ移動し、6歳になったばかりの雄のニキータとペアを組むことになったというニュースです。

バーリンは手術後の体調を順調に回復しつつあるもののもう間もなく23歳になるわけですし、さらにここで他園に移動させるということは、いくら繁殖が目的であるとはいえ、いささか危険なことなのではないでしょうか。コモ動物園では週末にバーリンのお誕生会とお別れ会を行う模様です。 このバーリンのカンザスシティ動物園へ移動についてスペリオル湖動物園では、彼女が繁殖に寄与する可能性ができたことを大いに喜ぶ半面、彼女がスペリオル湖動物園に帰還する時期が大幅に遅れることについて危惧感をもっているようです。 表向きは歓迎するものの本心は必ずしもそうではないという感じですね。

さて、このバーリンが移動する先のカンザスシティ動物園ですが、この動物園では現在地元で「売出し中」の人気者の雄ホッキョクグマであるニキータが一頭で飼育されています。 このニキータはオハイオ州のトレド動物園生まれで、先月6歳の誕生日を迎えたばかりの元気一杯のホッキョクグマで地元のカンザスシティでは大人気となっています。 彼の最近の様子を二つほどご紹介しておきます。





カンザスシティ動物園ではかねてからこのニキータのパートナー探しをしていたそうですが、アメリカにおいても雌不足は深刻でそういったニキータのパートナーと成り得る同年代の雌のホッキョクグマを見つけることは容易ではなかったわけです。 こういった形であれニキータのパートナーが決まったことに対してカンザスシティ動物園では大いに喜んであり、担当者をコモ動物園に派遣してバーリンの移送に万全を期したい考えのようです。

このニキータですが、トレド動物園からカンザスシティ動物園に移動してきた当初はプールで常同行動を繰り返していたために一部の人々から問題視されたことなどもあったそうですが、おもちゃなどを与えることのよって現在では少なくなっているようです。 このカンザスシティ動物園のホッキョクグマ展示場にはライブカメラが設置され、このニキータの様子を見ることができます。 ただし日本とカンザスシティとの間には15時間の時差があり、日本時間マイナス15時間が現地時間です。ですから日本で彼の映像を見ることができるのは日本時間で夜中の12時頃から午前7時頃までという非常に厄介な時間帯です。

パートナー探しに奔走した人気者の雄の若年個体と壮年の雌の個体のペア...こういう組み合わせは世界で今までいくつかの事例があったわけですが、今回カンザスシティで「ニキータとバーリンの物語」が書かれうるかどうかは、全てがバーリンの健康状態が良好であり続けられるかどうかにかかっていると言って過言ではないでしょう。 人気者の雄のホッキョクグマと彼を愛するファンによって犠牲となる雌のホッキョクグマ...そういう図式となってほしくはないものです。 このカンザスシティ動物園では以前からホッキョクグマの保護に関して意欲的な活動をしてきたことがわかりますので、バーリンについても万全のケアをしてもらえるように思います。

くれぐれもバーリンの健康を祈ります。

(資料)
KCTV Kansas City (Dec.4 2012 - Polar bear love connection in works for KC Zoo's Nikita)
Kansas City Star (Dec.4 2012 - Kansas City’s lone male polar bear may be getting female company)
Northland's NewsCenter (Dec.4 2012 - Berlin the Polar Bear Moving to the Kansas City Zoo for Breeding)
Kansas City Zoo (Polar Bear Passage)
Examiner.com (Jul.22 2010 - KC Zoo does part in polar bear preservation)
ExploreKansasCity.com (Nov.14 2012 - 6th birthday at the Kansas City Zoo)
kshb.com (Jan.20 2011 - Kansas City Zoo's polar bear enjoys the winter weather)
AP (Sep.23 2010 - Kansas City Zoo polar bear’s repetitive swimming worries some)

(過去関連投稿)
アメリカ・ミネソタ州ダルース、スペリオル湖動物園のバーリンのお誕生会 ~ 個体の死因追及について
アメリカ・ミネソタ州ダルース、スペリオル湖動物園のバーリンが同地域を襲った洪水で飼育場から一時逃亡!
アメリカ・ミネソタ州スペリオル湖動物園のバーリンが洪水からの一時避難のためコモ動物園に収容
アメリカ、スペリオル湖動物園のバーリン、避難先のコモ動物園の展示場 ("Polar Bear Odyssey") に登場
アメリカ・ミネソタ州、コモ動物園のバーリンが腹部の検査手術を受ける
アメリカ・ミネソタ州コモ動物園のバーリンの手術後の回復は順調 ~ 再び展示場へ
アメリカ ・ ミネソタ州 コモ動物園のバーリン、手術後の経過は良好 ~ 待望される完全回復
by polarbearmaniac | 2012-12-05 12:01 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin