街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・ミネソタ州のスペリオル湖動物園で不在のバーリンのお誕生会 ~ “Berlin is our family."

a0151913_20224047.jpg
バーリン Photo(C)Lake Superior Zoo

つい4日ほど前に「アメリカ ・ コモ動物園のバーリンがカンザスシティ動物園へ」という投稿で、アメリカ・ミネソタ州セントポールのコモ動物園で23歳になる雌のホッキョクグマであるバーリン (Berlin) がミズーリ州のカンザスシティ動物園に移動し6歳になった雄のホッキョクグマであるニキータとの繁殖を目指すことになったことを投稿しています。 このバーリンについてはここのところ随分投稿しています。 今年の6月にミネソタ州ダルースを襲った集中豪雨でスペリオル湖動物園が浸水しバーリンが一時的に飼育展示場から脱出してしまうという事件があり、とりあえずバーリンはコモ動物園に預けられたという一連の経緯、そしてバーリンが体調を崩したために手術を受け、現在は回復しつつあるという経緯も投稿しています(過去関連投稿参照)。

このバーリンがコモ動物園からスペリオル湖動物園には戻らず、今度は繁殖目的でカンザスシティ動物園へ移動することについて私はいささか驚くとともに何か納得がいかない感じがしていました。 いくら繁殖が重要とはいえバーリンの手術後の回復についてはもっと時間をかけて彼女の体調を要観察にすべきだと考えたからです。 このバーリンのお誕生会が8日の土曜日にスペリオル湖動物園で行われたことを報道が伝えています。 不在であってもお誕生会が開催されるということは、いかにバーリンがスペリオル湖動物園で人々に愛されているかを示しているように思います。 その報道の映像をご紹介しておきます。(最初にCMが入る場合があります。)




さて、今回のバーリンのコモ動物園からカンザスシティ動物園への移動について非常に興味深い内容の記事を読みました。 それはスペリオル湖動物園の飼育員さんの書いた同動物園の公式ブログの記事です。” Berlin's Bon Voyage” というタイトルのついたこの飼育員さんの投稿の内容は非常に胸を打つものです。バーリンのカンザスシティ動物園への移動が決まったニュースを知ってこの飼育員さんがショックを感じたものの、新施設を建設しなければバーリンを再び飼育することができないという事情、そしてバーリンがためを考えればスペリオル湖動物園に戻るよりもカンザスシティ動物園に移動したほうがよいという事情、危機に瀕したホッキョクグマには繁殖が重要であること、動物園というものの使命などを考えてバーリンがカンザスシティ動物園に移動する意義を書いています。 この記事を読みますと、飼育員さん自身がバーリンの移動を最初は驚き悲しんだものの、理性によってそれを自分の心の中で受け入れていく過程がそのまま記されているような印象を持ちます。 実に素晴らしい記事だと思います。 是非ご一読いただきたいと思います(資料参照)。 “However, as hard as it is, we have to take our selfishness and our personal feelings and transform them into hope for our beloved animal friends.”    実にその通りだと思います。 その通りだと思いますが、やはりバーリンの健康が私には少々気がかりです。

以前にも一度ご紹介していますがバーリンがスペリオル湖動物園で息の上でボール遊びをしている映像を再度ご紹介しておきます。



バーリンのこうした姿を再びスペリオル湖動物園で見る日がやってくるでしょうか? 飼育員さんはこう書いています。 ” We know it sounds like Berlin will never come back. The truth is, she might not. But even though she’s not currently in her home, Berlin has never for even one second left any one of our hearts.”

(資料)
Northland's NewsCenter (Dec.8 2012 - Lake Superior Zoo Celebrates Berlin the Polar Bear's Birthday)
Lake Superior Zoo Blog (Dec.5 2012 - Berlin's Bon Voyage)

(過去関連投稿)
アメリカ・ミネソタ州ダルース、スペリオル湖動物園のバーリンのお誕生会 ~ 個体の死因追及について
アメリカ・ミネソタ州ダルース、スペリオル湖動物園のバーリンが同地域を襲った洪水で飼育場から一時逃亡!
アメリカ・ミネソタ州スペリオル湖動物園のバーリンが洪水からの一時避難のためコモ動物園に収容
アメリカ、スペリオル湖動物園のバーリン、避難先のコモ動物園の展示場 ("Polar Bear Odyssey") に登場
アメリカ・ミネソタ州、コモ動物園のバーリンが腹部の検査手術を受ける
アメリカ・ミネソタ州コモ動物園のバーリンの手術後の回復は順調 ~ 再び展示場へ
アメリカ ・ ミネソタ州 コモ動物園のバーリン、手術後の経過は良好 ~ 待望される完全回復
アメリカ ・ コモ動物園のバーリンがカンザスシティ動物園へ ~ 「ニキータとバーリンの物語」は可能か?
by polarbearmaniac | 2012-12-09 21:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-10-13 20:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag