街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のロモノーソフのヤクーツク動物園への移動が決定

a0151913_0234569.jpg
ウスラーダお母さんとロモノーソフ  Photo(C) ВашДосуг.RU

とうとうその時が来たようです。 報道によりますとロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園で昨年の11月25日にウスラーダお母さんの15番目の子供として生まれたロモノーソフが今月19日にサンクトペテルブルクを出発してシベリア東北部のヤクーツク動物園に移動することになったことをレニングラード動物園が明らかにしたとのことです。 やはり以前のヤクーツクからの報道で伝えられていた通り、ロモノーソフはヤクーツク動物園でコルィマーナのパートナーとなるということになります。サンクトペテルブルクからヤクーツクまでは相当の距離がありますし、空輸には一度どこかの空港でトランジットすることになります。 丸一日かかるでしょう。 ロモノーソフの無事を祈りたいと思います。 おそらく出発の日の映像が一週間後に報道されると思いますので、またその際にはご紹介したいと思います。
a0151913_1545470.jpg
このロモノーソフとウスラーダお母さんに私はこの9月にサンクトペテルブルクで会ってきたわけですが、ひょっとしてこのロモノーソフが偉大なホッキョクグマであるウスラーダの最後の子供となる可能性があるかもしれないと思い、非常に感慨深くこの親子の姿を目に焼き付けてきたわけでした。 下の過去関連投稿の中にその時のレポートも入れてあります。
a0151913_121676.jpg
Photo(C)Ленинградский зоопарк

さて、今回のロモノーソフのヤクーツクへの移動が決まったことを伝える地元のTV局のニュース映像をご紹介しておきます。 私に言わせればこれは必見の映像ですのでお見逃しないようにお願いいたします。 何故そのようなことを申し上げるかといえば、実はこの映像に登場していてウスラーダお母さんと一緒に映っている幼年個体は、実は今回問題のロモノーソフではないということです。 何故かと言えば、ロモノーソフの一般公開開始は今年の5月5日でした。 その際の映像は「ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダの15番目の赤ちゃんが遂に一般初公開!」という投稿に埋め込んでいます。 この時点では当然もうサンクトペテルブルクには雪がありません。 ところが今回のニュース映像では雪の上での親子が写っています。 とすればこれは雪の積もった先月11月か今月12月の映像であるはずです。 ところがウスラーダお母さんと一緒に映っている幼年個体の体の大きさを見ると、これは一歳になっているロモノーソフの姿とは到底言えません。 となると、過去のレニングラード動物園での映像を今回のロモノーソフの移動決定のニュースに転用しているということになります。 とすれば、今回のニュース映像に映っている幼年個体は誰なのか....? 

ウスラーダお母さんの一頭だけの子育て...つまりこの個体は映像の鮮度から考えて2004年12月に生まれたラダゴル以外にはないことになります。 ラダゴル...今更改めてご紹介する必要はないでしょう。 何を隠そう、この今回のニュース映像でウスラーダお母さんから授乳を受けている幼年個体はサンクトペテルブルクでの一般公開開始からそれほど日の経っていない時期の現在は仙台・八木山動物公園で飼育されているカイということになります。 大変に貴重な映像だと思います。

カイ (ラダゴル)のロシア・サンクトペテルブルク時代の写真については以前の投稿である「ウスラーダお母さんの10番目の子供、カイ (八木山動物公園 / ロシア名 : ラダゴル )のロシア時代の姿」、及び「カイ (仙台・八木山動物公園 / ロシア名:ラダゴル) とウスラーダお母さんの物語」をご参照下さい。

(資料)
Интерфакс - Россия (Dec.11 2012 - Белый медвежонок Ломоносов из Ленинградского зоопарка переезжает в Якутск)
Телеканал «100 ТВ» (Dec.11 2012 - Медвежонок Ломоносов переезжает в Якутский зверинец)
Петербургский дневник (Dec.11 2012 - Медвежонок Ломоносов уезжает в Якутский зоопарк)
РИА Новости Санкт-Петербург (Dec.11 2012 - Белый медвежонок Ломоносов уезжает из Ленинградского зоопарка в Якутск)

(過去関連投稿)
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダが15頭目の赤ちゃんを出産!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園で赤ちゃんの初登場の日が迫る
ウスラーダの赤ちゃんの登場を待つサンクトペテルブルクのレニングラード動物園
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダの15番目の赤ちゃんが遂に一般初公開!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの15番目の赤ちゃんの近況
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの赤ちゃんの名前がロモノーソフに決まる
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の赤ちゃんの最近の様子 ~ 新動物園建設計画が発表
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナのパートナーはレニングラード動物園のロモノーソフに決定か? 
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの15番目の子供、ロモノーソフの近況
秋晴れのサンクトペテルブルクでウスラーダ一家と再会 ~ ロモノーソフ君、はじめまして!
ウスラーダの15番目の子供、ロモノーソフの素顔 ~ 一人っ子の温和な性格か?
ウスラーダお母さん、堂々たる貫禄を見せつける理知的な母性の発露
夕方から満を持して登場のウスラーダとロモノーソフの親子
ウスラーダさん、メンシコフさん、ロモノーソフ君、お元気で! ~ ホッキョクグマ体験の至福の3日間
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のロモノーソフの旅立ち間近を同動物園が告知
*以下、ヤクーツク動物園のコルィマーナ関連
ロシア極北・サハ共和国(ヤクーチア)のコルィマ湾でホッキョクグマの赤ちゃんが保護される
ロシア極北・サハ共和国(ヤクーチア)で保護された孤児の赤ちゃんがヤクーツク動物園へ
ロシア極北・サハ共和国(ヤクーチア)で保護された孤児の赤ちゃんが無事にヤクーツク動物園に到着
ロシア極北・サハ共和国で保護された孤児の赤ちゃん、「コルィマーナ」と命名される
ロシア極北・サハ共和国のヤクーツク動物園で保護されているコルィマーナが一般公開となる
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナのパートナーはレニングラード動物園のロモノーソフに決定か?
ロシア極北・サハ共和国のヤクーツク動物園に到来した夏 ~ コルィマーナの近況
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナが11月に新飼育展示場へ移動
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナに地元航空会社のヤクーチヤ航空より支援の手
by polarbearmaniac | 2012-12-12 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部サハ共和国で北極..
at 2017-09-23 22:00
ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-09-19 01:15
ポーランド・ワルシャワ動物園..
at 2017-09-18 02:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-09-17 03:00

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag