街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロモノーソフとウスラーダお母さんの親子最後の一日 ~ サンクトペテルブルクでの別れ

a0151913_2040235.jpg
ウスラーダお母さんとロモノーソフ
(ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園)   
Photo(C)Ленинградский зоопарк/Zoo Vestnik

先日も投稿していますが、ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園で昨年11月25日に生まれたロモノーソフがとうとうウスラーダお母さんと別れて旅立つ時が来ました。 そのロモノーソフとウスラーダの親子一緒の最後の一日であった昨日18日の様子を地元のTV局が伝えていますので以下にご紹介しておきます。 ロモノーソフは当然、間もなくウスラーダお母さんから引き離されてしまうことを知らないわけですが、こういった別れはララの子供たちの例で体験しているにせよ、やはり寂しさと悲しさ、そしてどこかに後ろめたさを感じてしまいます。




Телеканал "Звезда"

Медвежонок Ломоносов переезжает в Якутию

18 декабря 2012, 09:12

Медвежонка Ломоносова отправляют в Якутский зоопарк, где ему уже подобрали невесту. Сначала хищника перевезут в Москву, а 20 декабря он вылетит в Якутию.
... Подробнее »


この映像によれば、ロモノーソフはモスクワまではトラックの陸路で、そしてモスクワからは空輸となり22日にヤクーツクに到着するようですね。 いずれもレニングラード動物園の飼育主任のスヴェトラーナ・シェルグノーヴァさんがインタビューに答えていますが、やはりヤクーツク動物園にはロモノーソフと同じ年齢のコルィマーナがいることがロモノーソフのヤクーツク行が決定した理由のようです。この下の映像は一昨日の17日と14日の映像ですがロモノーソフ、本当に立派になりました。 このニュース映像の中ではロモノーソフの戸外初登場の日の映像も紹介されています。





レニングラード動物園がホッキョクグマの親子を引き離し子供を運送用ケージに収容するときには麻酔は用いないわけです。 そのやり方は、数日前からケージの中に大好物を入れておいて気安く中に入って食べられるようにしておくそうです。 そうやって何日間かかけて子供を油断させておき、その時が来ると扉を閉めてしまう...一種の「だまし討ち」ですね。でも麻酔など使用しないという点ではよいやり方だと思います。 今回もこのやり方で行うそうです。
a0151913_21361550.jpg
ロモノーソフ  Photo(C)Ленинградский зоопарк/Zoo Vestnik

サンクトペテルブルクの地元の記事をいろいろ読んでみましたが、ロモノーソフの所有権はレニングラード動物園がそのまま保持する模様です。 レニングラード動物園としてはどうもこのロモノーソフを引き続き飼育して将来この動物園で繁殖の主役に立たせたかったらしいのですが、まず飼育スペースの余裕がないということとレニングラード動物園の財政状態がかなり逼迫していて飼料代のかさむホッキョクグマをもう一頭飼育することが難しいという事情も背景にあったようです。 確かに、レニングラード動物園に半年ぶりに行ってみたら入園料が倍になっていたなどということがありました。

ロシアの動物園の内部事情というのは外からはうかがい知れないことが多いように感じます。 私もいろいろと疑問に思うことがあり現地で担当者に話をする機会があれば、それとなく話をそちらに向けようとするのですが、うまい具合にはぐらかされたり警戒されたりした経験があります。

いずれにせよ、ロモノーソフが無事にヤクーツクに到着するように心から願っています。

(資料)
Звезда (Dec.18 2012 - Медвежонок Ломоносов переезжает в Якутию)
РИА Новости (Dec.18 2012 - Белый медвежонок Ломоносов переедет в Якутск)
РИА PrimaMedia (Dec.19 2012 - Белый медвежонок Ломоносов переедет в зоопарк Якутска)
ТВ Центр - Официальный сайт телеканала (Dec.19 2012 - В зоопарке Санкт-Петербурга провожают белого медвежонка)
Ридус (Dec.14 2012 - Белые медведи в Ленинградском зоопарке)
Правда (Dec.17 2012 - Медвежонок Ломоносов уехал за невестой)
Правда(Dec.17 2012 - Питерский медвежонок поедет к якутской невесте)
Общественный контроль (Dec.16 2012 - До свиданья, наш ласковый мишка)
Национальная вещательная компания "Саха" (Dec.16 2012 - К якутской белой медведице Колымане едет жених из Ленинградского зоопарка)
GoodNewsAnimal (Dec.20 2012 - В зоопарке Санкт-Петербурга провожают белого медвежонка) (Rutube - В зоопарке Санкт-Петербурга провожают белого медвежонка)

(過去関連投稿)
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダが15頭目の赤ちゃんを出産!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園で赤ちゃんの初登場の日が迫る
ウスラーダの赤ちゃんの登場を待つサンクトペテルブルクのレニングラード動物園
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダの15番目の赤ちゃんが遂に一般初公開!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの15番目の赤ちゃんの近況
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの赤ちゃんの名前がロモノーソフに決まる
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の赤ちゃんの最近の様子 ~ 新動物園建設計画が発表
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナのパートナーはレニングラード動物園のロモノーソフに決定か? 
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの15番目の子供、ロモノーソフの近況
秋晴れのサンクトペテルブルクでウスラーダ一家と再会 ~ ロモノーソフ君、はじめまして!
ウスラーダの15番目の子供、ロモノーソフの素顔 ~ 一人っ子の温和な性格か?
ウスラーダお母さん、堂々たる貫禄を見せつける理知的な母性の発露
夕方から満を持して登場のウスラーダとロモノーソフの親子
ウスラーダさん、メンシコフさん、ロモノーソフ君、お元気で! ~ ホッキョクグマ体験の至福の3日間
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のロモノーソフの旅立ち間近を同動物園が告知
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のロモノーソフのヤクーツク動物園への移動が決定
息子との間近の別れを予感しているウスラーダお母さん ~ 冬の日のサンクトペテルブルクの親子の情景
by polarbearmaniac | 2012-12-19 22:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-28 21:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-27 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin