街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロモノーソフ、無事にヤクーツク動物園に到着 ~ そして息子の去った日のウスラーダお母さんの姿

a0151913_23452179.jpg
ヤクーツク空港に到着したロモノーソフ  
Photo(C)WWF России/Федор Яковлев
a0151913_13526.jpg
ヤクーツク動物園に到着したロモノーソフ
Photo(C)WWF России/Федор Яковлев   

ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園で昨年11月にウスラーダお母さんから生まれたロモノーソフが19日にレニングラード動物園を出発してシベリア北東部のヤクーツク動物園に向かった件についてはすでにご紹介しています。 そのロモノーソフですがサンクトペテルブルクからモスクワまではトラックで、そしてモスクワのドモジェドヴォ空港よりトランスアエロ航空のB767によって6時間半のフライトでヤクーツク空港に到着し、その後無事にヤクーツク動物園に到着したとの報道が入ってきています。 空輸には特別な運送用ケージが用意され、レニングラード動物園のスタッフの一人がずっと同行していたそうです。 この下の図がIATA (国際航空運送協会) が定めた基準要件であるホッキョクグマの航空運送用のケージですが、今回のロモノーソフの輸送ではこの基準に適合したケージが使用されています。
a0151913_1415813.jpg
トランスアエロ航空がホッキョクグマを運送するのは今回が初めてだそうです。 このトランスアエロ航空というのは一時期、成田とサンクトペテルブルクの間の直行便を飛ばしていたのですが、いつのまにか運休になってしまいました。 私も是非その直行便を利用してみたかったのですが運休になってしまって再開の見通しがないのは残念な話です。
a0151913_1424588.jpg
ロモノーソフ Photo(C)AFP

ロモノーソフは1月の末までは検疫期間で、その後2月頃に彼のパートナーとなるコルィマーナとの顔合わせが行われる予定だそうです。 さて、こうして息子のロモノーソフが旅立っていった日(19日)のウスラーダお母さんですが、今まで何度もこういった子供たちとの別れを経験しているためか一見淡々としているように見えますが、やはり心なしかどこか寂しそうです。 思わずアイラの去った日のララお母さんの姿を思い出してしまいました。 そういった様子をロシアのTV局が映像で撮っていますので、こちらのページをクリックして映像をご参照ください。 このTVニュースの番組の中でロモノーソフが産室にいた時の貴重な映像も紹介されています。 (映像がスタートするまで幾分時間のかかる場合があります。)


a0151913_210612.jpg
息子の去った日のウスラーダお母さん Image(C)Телекомпания НТВ

25歳になったばかりのウスラーダお母さんですが、果たしてまた来年の暮れに彼女にとっては16頭目になる赤ちゃんの出産があるでしょうか? それともこのロモノーソフが彼女の産んだ最後の子供になってしまうでしょうか? 仮に後者であるならば「ウスラーダ時代」という栄光に満ちた一つの偉大な時代の終わりを意味することになるでしょう。 まだそうなっては欲しくないというのが私の本心です。

(資料)
IATA (International Air Transport Association) 2007. IATA Live Animal Requirements, 34th edition.
International Air Transport Association, Montreal-Geneva (ISBN978-92-9229-058-0). pp.345-346.
sakhalife.ru (Dec.21 2012 - Ломоносов прибыл в Якутск)
Авиа­Порт.Ru (Dec.21 2012 - Белый медвежонок прибыл рейсом "Трансаэро" в Якутск)
Aviation Explorer (Dec.21 2012 - Авиакомпания "Трансаэро" доставила из Москвы в Якутск белого медвежонка)
РИА Новости (Dec.21 2012 - Жених для найденной в Якутии молодой белой медведицы приехал в Якутск)
Байкал24 (Dec.21 2012 - Якутская белая медведица обзавелась женихом)
Телекомпания НТВ (Dec.19 2012 - Годовалый медвежонок Ломоносов переезжает из Петербурга в Восточную Сибирь)
Всемирный фонд дикой природы (WWF) (Dec.21 2012 - Ломоносов доехал до Колыманы)

(過去関連投稿)
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダが15頭目の赤ちゃんを出産!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園で赤ちゃんの初登場の日が迫る
ウスラーダの赤ちゃんの登場を待つサンクトペテルブルクのレニングラード動物園
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダの15番目の赤ちゃんが遂に一般初公開!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの15番目の赤ちゃんの近況
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの赤ちゃんの名前がロモノーソフに決まる
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の赤ちゃんの最近の様子 ~ 新動物園建設計画が発表
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナのパートナーはレニングラード動物園のロモノーソフに決定か? 
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの15番目の子供、ロモノーソフの近況
秋晴れのサンクトペテルブルクでウスラーダ一家と再会 ~ ロモノーソフ君、はじめまして!
ウスラーダの15番目の子供、ロモノーソフの素顔 ~ 一人っ子の温和な性格か?
ウスラーダお母さん、堂々たる貫禄を見せつける理知的な母性の発露
夕方から満を持して登場のウスラーダとロモノーソフの親子
ウスラーダさん、メンシコフさん、ロモノーソフ君、お元気で! ~ ホッキョクグマ体験の至福の3日間
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のロモノーソフの旅立ち間近を同動物園が告知
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のロモノーソフのヤクーツク動物園への移動が決定
息子との間近の別れを予感しているウスラーダお母さん ~ 冬の日のサンクトペテルブルクの親子の情景
ロモノーソフとウスラーダお母さんの親子最後の一日 ~ サンクトペテルブルクでの別れ
by polarbearmaniac | 2012-12-22 02:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin