街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アルゼンチン・ブエノスアイレス動物園のウィネル、真夏の気温上昇による高熱症で亡くなる

a0151913_11361785.jpg
亡くなったウィネル
Photo : Zoológico de Buenos Aires /Télam

年末になって大変に残念で悲しいニュースが南米のアルゼンチンから流れてきました。 アルゼンチンのブエノスアイレス動物園 (Zoológico de Buenos Aires) の発表によりますと同園で飼育されていた16歳の雄のホッキョクグマであるウィネル(Winner) が火曜日の25日に亡くなったとのことです。 南米は今が夏の真っ盛りで、ここのところ暑い日々が続いていたそうですが月曜日には最高気温が36.7℃を記録したそうで、ウィネルの死はそういった暑さが原因の高熱症 (hyperthermia) の可能性がきわめて高いという獣医さんの見解も報道では引用されています。 またその前日はクリスマスイヴのため、夜に花火が多く打ち上げられ、そういった音もストレスとして非常に神経質な性格であった彼の死の要因となったであろう可能性にも触れています。 高温とストレスによって体温を調整する機能が不全になったことが高熱症を引き起こしたということのようです。 この動物園の飼育展示場は新旧2つのスペースがあるようで、ウィネルは古いほうの展示場で亡くなったようです。 獣医さんが動かなくなっているウィネルのもとに駆け付けた時には彼はもう亡くなっていたとのこと。 ウィネルの死を伝えるニュース番組をご覧ください。







このブエノスアイレス動物園のホッキョクグマ展示場がどんな環境なのかは今一つよくわかりませんが、ウィネルの亡くなった古いほうのスペースでは直径が2.5メートルほどのプールしかなく、十分に体を冷やすことができなかった可能性についてもマスコミが報じています。
a0151913_1149935.jpg
ウィネル Photo(C)AP/Natacha Pisarenko

ホッキョクグマは飼育下においては意外に暑さには耐える動物であるようにも思いますが条件と環境次第ではやはりいつもそうとは限らないということでしょう。 今回のウィネルは本当に可哀想なことをしました。 下に生前のウィネルの姿をご紹介しておきます。2番目のものはアルゼンチンの方が今回のウィネルを知って急遽まとめられた映像集です。 ここで映っているのは広くて新しいほうの展示場ですね。





それから実に奇妙なことがあります。 マスコミは今回亡くなったウィネルがブエノスアイレス動物園での最後のホッキョクグマであると報じています。 しかし私はかなり以前に「アルゼンチン・ブエノスアイレス動物園の美しく老いたるペア ~ ホセファとボティハへの声援」という投稿でこの動物園の2頭の老ホッキョクグマについて投稿したことがありました。この2頭のホッキョクグマはすでにもう亡くなってしまっていたのでしょうか? 亡くなっていてもおかしくない年齢ではありますが、そういった報道記事は簡単に調べてみた限りでは見当たらないようにも思います。 もう少し詳しく調査してみることとします。

謹んでウィネルの冥福を祈ります。

(資料)
Zoológico de Buenos Aires (Facebook)
Univision Noticias (Dec.26 2012 - El único oso polar del zoológico de Buenos Aires murió por el excesivo calor)
Lanacion.com (Dec.26 2012 - Murió Winner, el último oso polar del Zoo)
Clarín.com (Dec.26 2012 - Por el calor y la pirotecnia, se murió el oso polar del Zoo porteño)
minutouno.com (Dec.26 2012 - Murió el oso polar del Zoo por el calor sofocante del lunes)
ABC.es (Dec.26 2012 - Muere el último oso polar del zoo de Buenos Aires)
BBC Mundo (Dec.26 2012 - Muere de calor el oso polar del zoológico de Buenos Aires)
The Windsor Star (Dec.26 2012 - 'Winner,' the last polar bear at Buenos Aires zoo, dies during heat wave)

(過去関連投稿)
アルゼンチン・ブエノスアイレス動物園の美しく老いたるペア ~ ホセファとボティハへの声援
by polarbearmaniac | 2012-12-27 12:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・オレゴン動物園を去..
at 2017-05-28 23:50
ロシア・ペルミ動物園でセリク..
at 2017-05-27 23:50
ズーパラダイス八木山の二日目..
at 2017-05-26 23:50
ズーパラダイス八木山のホッキ..
at 2017-05-25 23:50
ポーラに迫りつつある正念場 ..
at 2017-05-25 23:30
ラダゴル(カイ)に備わってき..
at 2017-05-25 23:10
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00
アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin