街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

イタリア・ファザーノ、サファリ動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!

a0151913_10255143.jpg
マリッサお母さんとパートナーのフェリックス
Photo(C)Corriere della Sera/Zoosafari di Fasano

イタリア・ファザーノのサファリ動物園(Zoosafari di Fasano)より正式な公表がありました。 聖夜の12月24日の夜にマリッサお母さんがホッキョクグマの双子の赤ちゃんが出産したそうです。 このファザーノのサファリ動物園は言うまでもなく上野動物園のデアの生まれたところであり、今回の双子の赤ちゃんはデアの妹か弟になるわけです。 このマリッサお母さんというのは過去に3度出産に成功しており、そのすべては雌でした。 先日もご紹介していますが、最初は2003年生まれの現在コペンハーゲン動物園で飼育されているノエル、そして次に2006年生まれのミュンヘン・ヘラブルン動物園のジョヴァンナ、そして2008年生まれの上野動物園のデアです。 今回の双子の赤ちゃんの性別はもちろんまだ不明ですが、その判明の日が待ち遠しく思います。また雌だったとすればこれは大変な話となるでしょう。 最近は雄の誕生が多い世界のホッキョクグマ界ですが、その中にあってマリッサお母さんは着実に雌を生んできた実に頼もしいお母さんです。

クリスマスイヴに実におめでたい話であったわけです。 前回も「イタリア・ファザーノ、サファリ動物園での2008年産室内映像を振り返る ~ デア (現 上野動物園)の誕生」という投稿でご紹介していますが、直接産室内をチェックするなどということはやめていただきたく思います。 今回の出産に関して産室内にモニターカメラが新しく設置されているのかどうかはわかりませんが、どうも音での確認であることを匂わせる表現のように感じます。
(成田空港にて記す)

(資料)
Zoosafari di Fasano (Facebook)
Nuovo Quotidiano di Puglia (Dec.27 2012 - Lieto evento allo Zoosafari di Fasano, Nati due cuccioli di orso polare)
ANSA (Dec.27 2012 - Due orsi polari nati in Zoosafari Puglia)
Corriere della Sera (Dec.27 2012 - Zoosafari di Fasano: a Natale nati 2 orsetti)
Sudnews (Dec.28 2012 - A Fasano il regalo più bello sono due orsetti polari)
Puglia News (Dec.27 2013 - FASANO, SONO NATI DUE CUCCIOLI DI ORSO POLARE ALLO ZOOSAFARI. MAMMA ORSA E’ MARISSA)

(過去関連投稿)
イタリア・ファザーノ、サファリ動物園での2008年産室内映像を振り返る ~ デア (現 上野動物園)の誕生
by polarbearmaniac | 2012-12-29 10:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30
札幌・円山動物園で完成の「ホ..
at 2017-11-16 15:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-11-15 14:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-15 00:30
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-11-14 01:00
アメリカ・テネシー州 メンフ..
at 2017-11-13 01:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag