街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

オランダ・ヌエネンの「動物帝国」で誕生したホッキョクグマの双子の赤ちゃんの名前が早々と公募で決定

a0151913_19324525.jpg
Image : Dierenrijk

オランダ・ブラバント州のヌエネン (ニューネン)の「動物帝国 (Dierenrijk)」 で昨年11月16日に双子の赤ちゃんが誕生した件についてはすでに投稿しています。実はこの赤ちゃんたちの名前が公募されていたそうなのですが、それが昨日・水曜日に決定したそうです。 1100もの数の名前の応募があった中で選ばれたのは雄の名前がピセル (Pixel) 、雌がノルチェ (Noordje) とのことです。 これを報じる地元のTV局のニュースをご紹介しておきます。



この赤ちゃんたちはまだ産室の中にいるわけで性別が判明しているとは到底思えないわけで、こうやって名前を決めたということは雄でも雌でもいいような名前にしたということでしょうか? この「動物帝国」のサイトやfacebook、あるいはマスコミの報道でも赤ちゃんたちの性別チェックを行ったというような事実は明確な形では明らかにされていません。
a0151913_19442589.jpg
公募した名前審査の様子 Photo(C)Dierenrijk

このPixel (ピセル) というのは英語読みでは「ピクセル」に近い音になりますが、これは女性(雌) の名前には幾分難しいように思います。 Noordje (ノルチェ) は同じように今度は男性(雄)の名前のような感じには聞こえません。 つまり、どちらの名前も雄と雌の名前としての汎用性があるような感じはしないのですが...。 雄と雄、雌と雌というような形で性別が判明した場合でもこれでよいということでしょうか? しかし名前を早めに決めてやること自体は好ましいことだと思います。

さて、もう一度この双子の赤ちゃんたちの誕生のシーンを見てみましょう。 前回ご紹介した映像よりもテロップがない分だけ見やすいと思います。



(資料)
Dierenrijk (JURYLID VOOR DE NAMENWEDSTRIJD IS BEKEND)
Dierenrijk (facebook)
Eindhovens Dagblad (Jan.16 2013 - IJsbeertjes Dierenrijk heten Pixel en Noordje)
Omroep Brabant (Jan.16 2013 - De twee ijsbeertjes van Dierenrijk heten Pixel en Noordje)

(過去関連投稿)
オランダ・ヌエネンの「動物帝国」でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 成功した大陸間の個体交換
by polarbearmaniac | 2013-01-18 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

横浜・八景島シーパラダイスの..
at 2017-06-28 23:00
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-28 22:30
ロシア南部 ・ ドン河下流の..
at 2017-06-27 19:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-06-26 23:50
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin