街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・ミズーリ州カンザスシティ動物園の展示場にバーリンが遂に初登場 ~ 期待に加熱する地元報道

a0151913_1437885.jpg
カンザスシティ動物園の展示場に登場したバーリン
Photo(C)Kansas City Zoo

一頭のホッキョクグマが初めてその動物園の展示場に姿を見せたことがこれほどまでに話題になるケースはそう滅多にはないでしょう。それは、かねてから何度かご紹介しています23歳の雌のホッキョクグマであるバーリンが昨日17日にカンザスシティ動物園の展示場へ初登場した件のことです。

バーリンはご承知の通りミネソタ州ダルースのスペリオル湖動物園を襲った集中豪雨による洪水のために展示場を一時脱出したものの、同州セントポールのコモ動物園に預けられ、そしてその後に繁殖の目的でミズーリ州のカンザスシティ動物園に移動したわけでした。コモ動物園では手術を受けるなど一時は健康に不安があったものの元気にカンザスシティ動物園に到着し、そして検疫期間の終了とともにこの動物園の展示場である “Polar Bear Passage” に昨日の午前9時半に初登場したわけです。 カンザスシティ動物園ではこのバーリンを大歓迎しており、彼女に非常に気を遣っている様子が報道でよくわかります。 彼女の健康に対するモニターにも余念がないようですので安心しました。
a0151913_14223770.jpg
Photo(C)Kansas City Zoo

バーリンは登場後この展示場の臭いを嗅いで回り非常に警戒感を見せていましたが、やがてプールに飛び込んだりするなど次第にこの新居に馴染んでいきつつある様子が伝えられています。 まず映像を見てみましょう。 最初のものはカンザスシティ動物園の公開した公式の映像、次は地元TV局のニュースの映像です。





カンザスシティ動物園では当面は6歳の雄のニキータとこのバーリンを交替展示にするようですが慎重にタイミングを見計らいつつ同居にもっていきたいと意欲満々です。 この2頭の間での繁殖を強く期待しているようで、慎重の上にも慎重を期して同居を実現させるべく2頭それぞれの様子を注意深く観察するとのことです。 ニキータはすでにこのバーリンの存在を知っており落ち着かない様子を見せているようですが、いつものような常同行動をピタリと止めているそうです。 地元マスコミも大きな関心をもって盛大に報道しています。アメリカらしい大騒ぎといった感じでしょうか。 まだそういったニュース映像をご紹介いたします(最初にCMが入りる場合があります)。







ニキータとバーリンのペアの年齢差は大阪・天王寺動物園のゴーゴとバフィンとの年齢差よりもさらに一層上回っているわけで、あまり過度に期待してうまくいかなかったときの失望が心配されます。 バーリンとニキータの同居が果たしていつ頃から実現するかに注目が集まります。

(資料)
Kansas City Zoo (BERLIN NOW ON EXHIBIT)
KCTV Kansas City (Jan.17 2013 - Charming Berlin begins exploring Polar Bear Passage)
fox4kc.com (Jan.17 2013 - Berlin the Polar Bear Makes Her KC Zoo Debut)
Duluth News Tribune (Jan.17 2013 - Duluth polar bear Berlin introduced to exhibit in Kansas City)
Kansas City Star (Jan.17 2013 - New polar bear Berlin makes KC zoo entrance)

(過去関連投稿)
アメリカ・ミネソタ州ダルース、スペリオル湖動物園のバーリンのお誕生会 ~ 個体の死因追及について
アメリカ・ミネソタ州ダルース、スペリオル湖動物園のバーリンが同地域を襲った洪水で飼育場から一時逃亡!
アメリカ・ミネソタ州スペリオル湖動物園のバーリンが洪水からの一時避難のためコモ動物園に収容
アメリカ、スペリオル湖動物園のバーリン、避難先のコモ動物園の展示場 ("Polar Bear Odyssey") に登場
アメリカ・ミネソタ州、コモ動物園のバーリンが腹部の検査手術を受ける
アメリカ・ミネソタ州コモ動物園のバーリンの手術後の回復は順調 ~ 再び展示場へ
アメリカ ・ ミネソタ州 コモ動物園のバーリン、手術後の経過は良好 ~ 待望される完全回復
アメリカ ・ コモ動物園のバーリンがカンザスシティ動物園へ ~ 「ニキータとバーリンの物語」は可能か?
アメリカ・ミネソタ州のスペリオル湖動物園で不在のバーリンのお誕生会 ~ “Berlin is our family."
アメリカ・コモ動物園のバーリンがカンザスシティ動物園に無事到着 ~ 繁殖に大きな期待を寄せる地元
by polarbearmaniac | 2013-01-18 15:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin