街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ヴォルガ川流域、ペンザ動物園のウムカの新しい名前を公募することが決定

a0151913_0185558.jpg
Photo(C)ПензаИнформ

一昨年の10月にロシア極北のヤマロ・ネネツ自治管区でお母さんとはぐれてしまった一歳になっていない雄のホッキョクグマが漁民に保護された後にモスクワ動物園に送られ、そして昨年の11月末に今後飼育されることが決まったヴォルガ川流域の街のペンザの動物園に送られてきたことは逐次その情報を追いかけて投稿してきました (過去関連投稿参照)。

このペンザ動物園ではホッキョクグマを飼育した経験がないために新しい展示場の建設を進めているものの、どうも見切り発車だったらしく建設資金の確保に苦労している様子もご紹介してきました。現在この2歳になっているウムカは依然として仮の住まいの狭い場所で暮らしているようです。そういったウムカの様子をロシア第一TVの昨年のニュース映像でご紹介しておきます。



ペンザ動物園としてもこうした状態は気にしている模様で、なんとか話題作りをしようという目的もあってか、当初から漁民たちにウムカと呼ばれていたこの名前に新しい名前を与えようと、その名前の公募を行うことが決定しました。 2月22日までに手紙での応募を受け付けるそうで、結果は2月27日の「ホッキョクグマの日」に動物園でも催し物が予定されているようで、その際に発表されるようです。

実はこの「ウムカ」と言う名前はホッキョクグマの愛称として一般的で平凡なものですので別の名前に変えようという意図はよくわかります。 ロシアの動物園にも「ウムカ」はモスクワ動物園とエカテリンブルク動物園にすでに2頭いますので、3頭目の「ウムカ」は紛らわしいと思います。今回日本で生まれたララやクルミの子供たちの名前も遅かれ早かれ公募や公募に準じる形で決まるでしょう。 円山動物園は前回のアイラの時のように候補を3つほどに絞って、その中から選ばれるという手法が今回も踏襲されるのではないでしょうか。 男鹿水族館の場合も公募になるとは思いますが、いったいどういった段階を経ての選考になるでしょうか。 センスの良い名前を是非とも期待したいところです。 しかしいずれにせよ、まさかまた「ホクト」と言う名前にはならないでしょう。 日本に暮らすホッキョクグマの名前では「ピリカ」と「デア」があまりにも素晴らしい名前ですので、それに匹敵するような名前となると容易ではないでしょう。 「アイラ」も素晴らしい名前だと思います。 もっとも、「デア」はイタリアで付けられた名前であり、上野動物園はかつてイタリアのマスコミの取材に答えて「デア」という名前が素晴らしいので変えるつもりはないと語った件は以前ご紹介しています

(資料)
Информационное агентство <<ПензаИнформ>> (Jan.18 2013 - Зоопарк объявил конкурс на имя для белого медведя)
Пенза-Пресс (Jan.18 2013 - Пензенский зоопарк предлагает выбрать имя для белого медвежонка)

(過去関連投稿)
ロシア極北で漁民に保護された1歳の野生孤児が中部ロシアのペンザ動物園での飼育が決定
ホッキョクグマ飼育経験のないロシア・ペンザ動物園が飼育準備を開始 ~ 「親和性」、「運」とは?
ロシア極北で保護された孤児のウムカ、依然としてモスクワ動物園で待機か? ~ 野生孤児保護の問題点
モスクワ動物園で待機中の野生孤児のウムカ、11月末までにペンザ動物園へ移動
モスクワ動物園で待機中だった野生孤児のウムカが陸路、ペンザ動物園に無事到着
ロシア・ヴォルガ川流域のペンザ動物園にモスクワから移動したウムカの近況 ~ 待たれる新施設の完成
上野動物園がイタリアのマスコミ取材に対して、デアのパートナーに雄の若年個体導入の意向を語る
by polarbearmaniac | 2013-01-19 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

横浜・八景島シーパラダイスの..
at 2017-06-28 23:00
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-28 22:30
ロシア南部 ・ ドン河下流の..
at 2017-06-27 19:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-06-26 23:50
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin