街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

カナダ放送協会 (CBC) のドキュメンタリー “Polar Bears : A Summer Odyssey” ~ ホッキョクグマの夏

a0151913_22224976.jpg
Photo(C) CBC/ Arcadia Content & Parthenon Entertainment

ホッキョクグマの生態について大変素晴らしい番組がカナダで昨年春に放送されていますのでご紹介しておきます。 カナダ放送協会 (CBC) のドキュメンタリーシリーズの一環として制作された “Polar Bears : A Summer
Odyssey” というタイトルの番組ですが、これは地球温暖化の影響を背景にして、カナダのハドソン湾を生存の舞台にしたホッキョクグマが一年をどう生活するか、特にハドソン湾に氷の無い夏の季節に彼らはいかにして飢えに耐えて生活していくかに焦点をあてています。 登場しているホッキョクグマは3歳の雄のホッキョクグマで、彼は母親から自立して過ごす初めての夏の体験だったわけです。 番組の中には双子を連れたお母さんも登場し、彼女が子供たちをいかにして守って生きていくかについても触れられています。
a0151913_22553790.jpg
遠隔操作の「ヘリコプターカメラ」による至近距離でのホッキョクグマの撮影
Photo(C)Pierre Dunnigan

映像は実に素晴らしいと思います。 BBCの一連のシリーズよりもホッキョクグマのショットはこのCBCのドキュメンタリーのほうがはるかに上だという印象を持ちました。 実に生々しく撮られています。 いったいどうやってこのような素晴らしい映像を撮影することができたのかについては、よくわかりません。 CBCのこの番組についてのHPの紹介分を読むと8種類のカメラを駆使しているそうで、ホッキョクグマの体に取り付けたカメラとか、その他遠隔操作のカメラや特殊な水中カメラも使用しているそうです。 全く驚くばかりの映像です。 野生のホッキョクグマの顔の表情を実に生々しく捉えているシーンもあります。 全体で約50分間の番組ですが、息をのむような素晴らしいショットがいくつもあり全く退屈することがありません。 デイヴィッド・スズキ氏によるナレーションの内容も的確だと思いました。 是非ご覧いただきたく思います。



(資料)
CBC (The Nature of Things with David Suzuki - Polar Bears: A Summer Odyssey)
WWF Canada Blog (Apr,3 2012 - Must watch: The Nature of Things presents Polar Bears: A Summer Odyssey)
by polarbearmaniac | 2013-02-14 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin