街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

シカゴ・リンカーンパーク動物園の「ホッキョクグマ啓蒙週間 (Polar Bear Awareness Week)」

a0151913_3101224.jpg
アナーナ Photo : Wikimedia/Cosmo1976

アメリカ・イリノイ州の大都市シカゴには2つの動物園があります。 市内中心部のリンカーンパークにあるリンカーンパーク動物園と郊外にあるブルックフィールド動物園です。 市内にあるリンカーンパーク動物園は入場が無料で、私が2009年の秋に訪れたときは入園者が多く、とでも賑わっていました。 

このリンカーンパーク動物園で2月25日から3月3日にかけて “Polar Bear Awareness Week” (これを何と訳しましょうか...「ホッキョクグマ啓蒙週間」とでもしておきます)というキャンペーンが行われており、入園者にホッキョクグマについての知識と理解を深めてもらうとともに、どうしたらホッキョクグマを危機から救うことができるかを考えてもらおうという試みがなされています。 このリンカーンパーク動物園で飼育されているのは13歳の雌のアナーナですが札幌・円山動物園のデナリの姪にあたるわけで、彼女は現在デンバー動物園で飼育されている雄のリーとは双子の兄妹であり、かつて共にこのリンカーンパーク動物園で飼育されていましたが、その後リーはデンバー動物園に移動しています。 私が2009年秋にこのリンカーンパーク動物園を訪れましたときにはすでにリーはデンバーに去った後でした。 開催中の「ホッキョクグマ啓蒙週間 (Polar Bear Awareness Week”)」でのアナーナの様子を下の映像でご覧下さい。



このアナーナの双子の一方であるリーがこのリンカーンパーク動物園で飼育されていたときには非常に常同行動が多かったそうでリンカーンパーク動物園としてはどうしたら彼の常同行動を減らすことができるかに頭を悩ませたりもしたそうです。 実は私がこの動物園に行きました時もアナーナはプールを同じルートで何回も泳ぎまわっていたのを記憶しています。 そういった様子は以下の映像でも何となくわかります。



それにしてもこの雌のアナーナはまだ13歳です。 何故彼女のパートナーを用意してやらないもかが不思議でなりません。 まあアメリカの動物園にもいろいろな事情があるのでしょう。 ホッキョクグマはアメリカの動物園では超人気動物です。 それは日本の動物園におけるホッキョクグマ以上にはるかにそう言えるのです。 冬場のシカゴの寒さは相当なもので、ホッキョクグマの繁殖にとっては他地域の動物園よりも有利なはずです。事実、このシカゴの郊外にあるブルックフィールド動物園では90年代後半からアーキが何回か繁殖に成功していたわけです。

このリンカーンパーク動物園はなかなか気持ちの良い動物園です。入園者は多いのですが、スタッフの方々はとても気さくで、いろいろな話を聞くことができます。 是非また行ってみたいと思っています。

(資料)
Lincoln Park Zoo (Polar Bear)(Polar Bear Awareness Week)
Chicago Parent (Feb.26 2013 - Celebrate the first-ever Polar Bear Awareness Week at Chicago zoos)
Lincoln Park Patch (Feb.20 2013 - 'Bear' the Burden: Zoo Announces Polar Bear Awareness Week)
Chicago Tribune (Nov.30 2003 - Zoos on mission to find why bears lost in pace)
by polarbearmaniac | 2013-03-02 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30
札幌・円山動物園で完成の「ホ..
at 2017-11-16 15:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-11-15 14:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-15 00:30
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-11-14 01:00
アメリカ・テネシー州 メンフ..
at 2017-11-13 01:00
オランダ、フリースラント・ア..
at 2017-11-12 00:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-11-11 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag