街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

エストニア・タリン動物園の「ホッキョクグマの日」のイベント ~ 新施設建設計画が動き出すタリン動物園

a0151913_2371693.jpg
「ホッキョクグマの日」 のフリーダとノルト Photo(C)ERR

バルト海に面した国、エストニアの首都タリンにある動物園で飼育されている3頭のホッキョクグマたち、28歳の雌のヴァイダ、彼女の娘で10歳になったフリーダ、そしてモスクワ動物園からフリーダのパートナーとしてやってきた11歳の雄のノルトについては以前も投稿しています。 ここ1~2年にわたってイギリスの動物愛護団体からホッキョクグマ展示場の環境の悪さを指摘されたりしていましたが、これは実はタリン動物園自体も以前からの懸案事項であることは自覚しており、資金面その他からその解決に向けて踏み出せなかったという経緯があったわけです。 こういった経緯もすでに投稿しています (過去関連投稿参照)。
a0151913_2392349.jpg
「ホッキョクグマの日」に集まった人々 Photo(C)Tairo Lutter/Õhtuleht

そのタリン動物園で16日に「ホッキョクグマの日」 のイベントが行われ、ホッキョクグマたちに魚入りの氷のケーキのプレゼントがありました。 その様子を伝えるエストニアTVのニュース映像をご紹介しておきます。 こちらのページを開いていただいて下のほうにある映像をご覧ください。 これはなかなかおもしろい映像です。 ここに映っているのはフリーダとノルトですが最初のほうはなんだか険悪な雰囲気ですね。 やはり体が大きくて力の強い雄のノルドのほうがプレゼントを独り占めにしたかったということでしょう。 ノルトに威嚇されでフリーダが逃げ回っています。 (*後記 - この映像を下に貼り付けておきます。)



また、部分的ではありますが以下の映像も御紹介しておきます。 写っているのはヴァイダです。



タリン動物園のマティ・カール園長は、2~3年以内にタリン動物園内にホッキョクグマを含めた極地生物の展示場 (Polaarium) を完成させる予定であり、現在28歳になっているヴァイダが生きているうちにどうしてもその新しくて広い展示場を彼女に体験させてやりたいという強い希望を語っています。 前回の投稿でもご紹介していますが、新しいホッキョクグマ展示場の建設には約400万ユーロ(約4億5千万円)が必要なわけですが借入金の問題もかつてからはやや進展しているようで、寄付金として想定していた金額の方は半分はすでに集まり、少なくとも年内には入札で工事業者を選定し、この計画が進行できる見通しになっているようです。

動物園にとってホッキョクグマの飼育というのはどこでも金のかかることのようですね。 せっかく繁殖に有望なペアもいるわけですから、この新展示場建設計画が順調に進行してほしいものです。 ここでこのタリン動物園のホッキョクグマの映像をまたいくつかご紹介しておきます。 まず今年の2月の映像で映っているのはフリーダです。



この下はちょっと古くて2008年の映像です。まだノルトがモスクワからやってくる前ですから、これもフリーダの映像だと思います。。



やはりなんといってもこの檻の中というのが気になります。 鉄格子の中の囚人という感じで、これは面積の狭さと言う問題以上にホッキョクグマの尊厳を傷つけてると私には感じます。 写真が撮影しにくいとかいうのは瑣末な問題であって、この鉄格子自体が問題でしょう。  日本でもそういう動物園がありますが私は敢えて声を上げてはいません。 しかし中で暮らすホッキョクグマたちにはいつも非常に申し訳なく思っています。

(資料)
Новости ERR (Mar.16 2013 - В Таллиннском зоопарке прошел День белого медведя)
Err (Mar.16 2013 - Tallinna loomaaias oli jääkarupäev)
DELFI (Mar.14 2013 - Laupäeval on Tallinna loomaaias jääkarude pave)
Õhtuleht (Mar.14 2013 - Tallinna loomaaias toimub jääkaru päev)
naisteleht.ee (Apr.24 2009 - Armukolmnurk, pirtsakad pruudid, Nord ja palju muud – loomaaias eluke keeb!)
Õhtuleht.ee (Oct.25 2012 - ANNETA: Loomaaia jääkarude uus kodu läheb maksma kuni neli miljonit eurot)

(過去関連投稿)
エストニア・タリン動物園の気骨のホッキョクグマ、フランツの非業の死 ~ 待ち望まれる新施設
エストニア・タリン動物園、ホッキョクグマ舎改築は予算獲得が難問
エストニア・タリン動物園、懸案の新ホッキョクグマ展示場建設に向け募金活動を開始
by polarbearmaniac | 2013-03-19 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-10-13 20:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag