街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

札幌・円山動物園のララの双子の赤ちゃんが初めて戸外に登場!

a0151913_11451847.jpg
Photo(C)札幌市円山動物園

札幌・円山動物園で昨年12月8日に誕生した双子の赤ちゃんですが、生後103日目の本日3月21日の早朝、初めてララお母さんと一緒に戸外に登場しました。 雪で一杯の展示場で元気に遊んでいたそうです。 相当元気の良い赤ちゃんたちのようですね。 一般公開は明日の22日からだそうです。

以前にも書きましたが円山動物園での過去のララの赤ちゃんの誕生日と一般公開日は以下のようでした。

・ツヨシ 2003年12月11日誕生、一般公開は2004年3月19日 
生後100日
・ピリカ 2005年12月15日誕生、一般公開は2006年4月1日  
生後107日
・イコロ、キロル 2008年12月9日誕生、一般公開は2009年3月20日
生後101日
・アイラ 2010年12月25日誕生、戸外初登場は2011年3月31日 (*一般公開は翌日)
生後96日

こうしてみると、本日の生後103日目の戸外初登場というのは順当だろうと思います。 それから、事前に一部のマスコミによって円山動物園が赤ちゃんの一般公開日を内定したという報道がありましたが、これをどう考えるかということです。 以前ふと思っていたのですが、その報道された日から以降、基本計画(改訂版)を策定の発表その他、まだ同園ではいくつかのイベントがあるために、それらを飛び越えてホッキョクグマの双子の赤ちゃんの一般公開に日取りを公式に発表するのは不自然であるため、あえてマスコミにリークすることによって遠方から訪れるファンに予定の立てやすいように便宜を図ったのだろうとも考えたわけです。 (前園長さんならば Twitter でこれをやったでしょうね。)  だからこそあえて北海道新聞ではなく読売新聞にリークした....そう考えていました。 これは非常に高度で洗練された情報操作だと考えていました。 しかし今ではこれは少々考えすぎだろうと思っています。 要するにデナリの園内移動の完了によってようやく最終的に決定した日程だと考えたほうがよさそうです。

(資料)
札幌・円山動物園 HP (Mar.21 2013 - ホッキョクグマ「ララ」の赤ちゃんの一般公開を開始します!

(過去関連投稿)
札幌・円山動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ ララが待望の出産
札幌・円山動物園のララ出産に関する映像
札幌・円山動物園のララの赤ちゃん(たち)、順調な成育で生後7日目へ ~ 頭数は複数が濃厚
札幌・円山動物園のララの赤ちゃん、2頭の姿が遂に確認される!
ララの赤ちゃんたちの性別を過去のデータで予想する!
ララお母さん、産室内で余裕の大あくび ~ 確かな手応えを感じさせる産室内での安定した心理状態
ララ (円山動物園) とクルミ (男鹿水族館) の赤ちゃんの近況
札幌・円山動物園のララの双子の赤ちゃんの生後67日目の映像が公開 ~ 順調な成育
札幌・円山動物園のララの双子の赤ちゃんが産室から寝室に出てくる
by polarbearmaniac | 2013-03-21 12:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-30 19:00
カナダ・コクレーン「ホッキョ..
at 2017-03-29 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-28 21:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-27 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin