街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ノルウェー、スピッツベルゲン島で「正当防衛」によりホッキョクグマ射殺 ~ ノルウェーの保護政策について

a0151913_0482784.jpg
Photo(C)Arild Lyssand/Sysselmannen

さる日曜日の24日、ノルウェー領 ・ スヴァールバル諸島のスピッツベルゲン島で40歳代のこの島の住人である男女が滞在していたヒュッテに一頭のホッキョクグマが接近して窓を押し破ろうとしたため、この男女はろうそくの灯を投げつけたり警告の射撃を4回行ったものの効果がなく、そのホッキョクグマが体の半分を窓から室内に乗り出してきたため危険を感じたこの男女はホッキョクグマの眼に発砲し、その結果ホッキョクグマは死亡したという事件がおきました。 地元のTVニュースを御紹介しておきます。



このスヴァールバル諸島でホッキョクグマが射殺されたのは2年ぶりのことで、前回はイギリスの極地探検体験ツアーに参加していた若者たちがホッキョクグマに襲われたために「正当防衛」としてホッキョクグマが射殺されたという有名な事件がありました。 この件については「ノルウェー・スピッツベルゲン島でイギリスの極地探検体験ツアー観光客がホッキョクグマに襲われ死亡」という2年前の投稿をご参照下さい。
a0151913_1163724.jpg
今回の件では現地の保安官がこの一組の男女に事情聴取を行うなどこの事件の調査を行った結果、この事件は「正当防衛」ではないという形跡は認められなかったということで、とりあえずこの男女のホッキョクグマの射殺は不問にされるということになりそうです。 今回射殺されたホッキョクグマは検死の結果、非常に健康体の6歳の雄で、ノルウェーの極地研究所が生態行動調査のためにマイクロチップなどを付着させておいた個体だったそうです。
a0151913_163834.jpg
Photo(C)Mats Grimsæth /Dagbladet.no

ノルウェーは自国領内にスヴァールバル諸島という野生のホッキョクグマの生息地を持ち、そして現在では世界で最も厳格にホッキョクグマの保護政策を行っています。 このノルウェーのホッキョクグマ保護政策については以前の投稿である 「ノルウェー極北の街トロムソとホッキョクグマとのつながり ~ ノルウェーのホッキョクグマ保護政策について」 を是非ともご参照いただきたいのですが、1976年から狩猟枠が完全に廃止され、ホッキョクグマを射殺することは厳格な要件のもとでの「正当防衛」のケース以外は違法となっているわけです。 さらにその取締りも非常に厳しく、ロシアのようないい加減な国とは違うわけです。 ごく最近の例では。 このスヴァールバル諸島でイギリスBBCの制作した番組である “The Polar Bear Family & Me” の撮影中に襲ってくるホッキョクグマをカプセルケージの中から撮影した有名なシーン (「英BBC制作の新ドキュメンタリー “The Polar Bear Family & Me” でのホッキョクグマとの遭遇シーン」という投稿で御紹介しています)をめぐって、この番組製作者がノルウェーのスヴァールバル諸島の当局より最高5700ユーロの罰金を課される可能性が出てきたという事件でも象徴的です。このシーンはホッキョクグマの生息の平穏を妨害したという理由で、これは規則に違反した行為であるとみなされたからです。 こういったことからも、ホッキョクグマ保護に対してノルウェー政府は法律の施行とその運用の両面で実に厳格であると言ってよいと思われます。

まあ、本来人間の生活には適さない気候であるホッキョクグマの生息地にあえて人間が入り込み、ホッキョクグマに襲われるリスクを自ら作り出しておきながら、いざホッキョクグマに襲われそうになると「正当防衛」を盾にホッキョクグマを射殺してしまうという一連の行為自体に非常に問題があることは以前から何回かここで指摘してきました。 札幌市の住宅地付近にヒグマが出没したケースとは全く条件が違うわけです。 ですので今回射殺されたホッキョクグマは人間の側の「正当防衛」はいたしかたなかったにせよ、実に可哀想なことをしました。  しかしそうはいうものの、ノルウェーのホッキョクグマ保護政策が厳格に行われているこちについて我々はもっと知っておくべきでしょう。

(資料)
Bergens Tidende (Mar.25 2013 - Skjøt isbjørn som var på vei inn i hytte)
Opphavsrett NRK (Mar.25 2013 - Det var ingen avmagret isbjørn)
Dagbladet.no (Mar.24 2013 - Isbjørn pressa overkroppen inn hyttevindu)
Views and News from Norway (Mar.25 2013 - Polar bear shot during break-in)
BBC (Mar.19 2013 - BBC film 'disturbed polar bears')

(過去関連投稿)
ノルウェー・スピッツベルゲン島でイギリスの極地探検体験ツアー観光客がホッキョクグマに襲われ死亡
ノルウェー極北の街トロムソとホッキョクグマとのつながり ~ ノルウェーのホッキョクグマ保護政策について
英BBC制作の新ドキュメンタリー “The Polar Bear Family & Me” でのホッキョクグマとの遭遇シーン
英BBC制作の新ドキュメンタリー“The Polar Bear Family & Me” ~ ホッキョクグマ親子の苦難の姿を追う
by polarbearmaniac | 2013-03-29 07:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-11-24 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag