街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

セルビア・パリッチ動物園のシンバ (姫路のユキ、仙台のポーラの母) がハンガリーのソスト動物園へ

a0151913_11584336.jpg
シンバお母さん Photo(C)Facepress Bulvár

東欧の地方都市でのホッキョクグマの移動のニュースですが、移動したのは日本のホッキョクグマ界に非常に関係の個体です。 姫路のユキ、仙台のポーラの母親であり現在26歳になっているセルビア・パリッチ動物園 (Palić Zoo) の雌のシンバが、このたび3月22日にハンガリー・ニーレジハーザの動物公園 (Nyíregyházi Állatpark) のソスト動物園 (Sóstó ZOO)に無事移動したというニュースです。 報道によりますと、シンバはハンガリーではゾラ (Zora) という名前で呼ばれることになるようです。
a0151913_15302294.jpg
a0151913_1212115.jpg
ハンガリーのソスト動物園に到着したシンバお母さん
Photo(C)Sóstó ZOO



このシンバの移動と交替でこのソスト動物園で飼育されていたシンバの息子であり6歳になった雄のヨレクがソスト動物園からパリッチ動物園へ移動となりました。 ヨレクにとっては自分の生まれた動物園に戻ることを意味します。 このシンバの息子であるヨレクのソスト動物園での2年ほど前の映像をご紹介しておきます。 このヨレクこそ姫路のユキと仙台のポーラの弟であるわけです。



この下の映像はパリッチ動物園でのシンバお母さんとヨレクの姿ですがヨレクがまだ1歳になっていない時期のものだと思われます。実に貴重な映像です。



実はこの姫路のユキと仙台のポーラの母親であるシンバは2年ほど前にパートナーであった雄のビョルン・ハインリヒが亡くなってかからは(この件に関しては、「セルビア・パリッチ動物園のビョルン・ハインリヒ死す ~ ユキ(姫路〕 とポーラ(仙台) の父親の訃報」をご参照下さい」パリッチ動物園において1頭で飼育されてきました。今回のシンバのソスト動物園への移動ですが、現在ソスト動物園で飼育されているカナダの野生出身の雄のオーテク (Ootek) とペアとなって繁殖を狙うというわけでもなさそうです。 何故ならオーテクはすでに34歳になっているからです。

いずれにせよシンバのこれからの健康を祈りたいと思います。

(資料)
Sóstó ZOO (Mar.22 2013 - Jegesmedve nőstény érkezett az Állatparkba!)
Facepress Bulvár (Mar.22 2013 - Szerb medvehölgybe szerelmes a nyíregyházi jegesmedve)
FELhang (Mar.22 2013 - Jegesmedve nőstény érkezett a Nyíregyházi Állatparkba)

(過去関連投稿)
セルビア・パリッチ動物園のビョルン・ハインリヒ死す ~ ユキ(姫路〕 とポーラ(仙台) の父親の訃報
by polarbearmaniac | 2013-03-29 12:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-06-26 23:50
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin