街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ニュルンベルク動物園の双子の兄弟、グレゴールとアレウトがポーランド・ワルシャワ動物園へ!

a0151913_22523620.jpg
移動用ケージに入るアレウト Photo(C)Tiergarten Nürnberg

いや本当に驚きました。 ドイツ・バイエルン州のニュルンベルク市が17日付で公式発表したところによりますと、ニュルンベルク動物園で2010年12月2日にヴェラお母さんから生まれた雄の双子であるグレゴールとアレウトが同日17日にポーランドのワルシャワに向けて出発したとのことです。もちろん行先はワルシャワ動物園で、この2頭は繁殖可能年齢に達するまでは一緒にワルシャワ動物園で飼育されることになるそうです。発表によりますとグレゴールもアレウトもすんなりとケージに入ったそうで、ことは非常にスムーズに運んだそうです。報道によりますとこのグレゴールとアレウトがヴェラお母さんに対する反抗姿勢が日に日に増していったためニュルンベルク動物園でも頭を痛めていたようです。 そういった状況は以前にも、「ドイツ・ニュルンベルク動物園のグレゴールとアレウトの双子の移動先調整にEAZAが難航?」という投稿でご紹介したことがありました。
a0151913_22535147.jpg
グレゴール Photo(C)Tiergarten Nürnberg

このニュルンベルク動物園のグレゴールとアレウトの双子には私は2011年の4月に会ってきましたが(過去関連投稿参照)、その時はかなり性格の異なる双子に見え、ヴェラお母さんの神経質そうな育児にも印象が残っています。 グレゴールとアレウトの移動については本来昨年末に行われていなければならなかったわけですがEAZA のコーディネーターも調整に手間取ったということなのでしょう。 この2頭をどこの動物園に移動させるのかを注目して見ていたわけですが、やはり東欧の動物園しか行先(預け先)がなかったということなのでしょう。 こうして移動元の動物園を出発した後で (あるいは移動先に到着した後で )移動の発表がなされるというのが欧州では多いわけです。

そういったグレゴールとアレウトですが、先月3月に撮影された映像を見ますと、2歳と3か月になるにもかかわらずヴェラお母さんから授乳を受けていたようです。 もっとも、本当に飲んでいたかどうかはわかりません。 映像開始後1分19秒あたりからのシーンです。 ヴェラお母さんは大変に体の小さなホッキョクグマということもあってか息子たちの体のほうが大きく見えます。 なにか滑稽な感じもします。

  

私は2008年の5月にワルシャワ動物園を訪問しましたが、その時にはもうホッキョクグマは飼育されていませんでした。ワルシャワ動物園というのは確かホッキョクグマの飼育展示場が基準を満たしていなかったはずで、その後施設の改良でもされたということでしょうか? まさかワルシャワ動物園に再びこういう形でホッキョクグマが戻ってこようとは予想もしていませんでした。いや、ワルシャワ動物園にとってだけではなく飼育下のホッキョクグマがいなくなってしまったポーランドにとっても、こういう形でホッキョクグマが戻ってくるとは思わなかったでしょう。

(*後記 - グレゴールとアレウトは無事にワルシャワ動物園に到着したそうです。 以下はワルシャワ動物園の展示場での2頭です。)
a0151913_2127255.jpg
Photo(C)Miejski Ogród Zoologiczny w Warszawie

さて、この雄の双子であるグレゴールとアレウトの幼少期の写真をまた一枚ご紹介しておきます。 これが雄の双子の顔です。
a0151913_22563857.jpg
Photo(C)AFP/Getty Images

札幌・円山動物園の新ツインズと比較してみてどうでしょうか...?

(資料)
Nürnberg - Presse- und Informationsamt (Pressemitteilung) (Nachrichten aus dem Rathaus Nr. 429 – Apr.17 2013)
Tiergarten Nürnberg (Apr.17 2013 - Eisbärenzwillinge ziehen nach Warschau um)
Bayerischer Rundfunk (Apr.17 2013 - Eisbären-Umzug nach Polen)
Merkur Online (Apr.17 2013 - Nürnberger Eisbären ziehen um)

(過去関連投稿)
ドイツ・ニュルンベルク動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!
ドイツ・ニュルンベルク動物園の生後6週目に入った赤ちゃんの映像
ドイツ・ニュルンベルク動物園、育児に奮闘中のヴェラお母さんに遂に食事を与える
ドイツ・ニュルンベルク動物園の双子の赤ちゃんの性別判明 ~ グレゴールとアロイトの予防接種
ドイツ・ニュルンベルク動物園の双子の赤ちゃん、遂に戸外へ!
ニュルンベルク動物園到着!
ヴェラお母さんの性格と子育て
グレゴールとアレウトの双子の性格の差
ヴェラお母さんの食べる物は全部欲しがるグレゴールとアレウト
ドイツ・ニュルンベルク動物園のグレゴールとアレウトの最近の様子 ~ ヴェラお母さんにも変化の兆し?
ドイツ・ニュルンベルク動物園のグレゴールとアレウトの双子の移動先調整にEAZAが難航?
ポーランド ・ ヴロツワフ動物園のシニェシュカとの告別 ~ 最初で最後のホッキョクグマとの別れの哀感
by polarbearmaniac | 2013-04-18 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

気ままに歩くオールボー旧市街..
at 2017-07-28 05:00
モスクワからコペンハーゲン、..
at 2017-07-28 03:00
ノヴォデヴィチ墓地 (Нов..
at 2017-07-27 05:30
モスクワ、ノヴォデヴィチ修道..
at 2017-07-27 05:00
モスクワのクドリンスカヤから..
at 2017-07-26 05:40
モスクワの「チェーホフの家博..
at 2017-07-26 05:30
ムルマ (Белая мед..
at 2017-07-26 05:20
スネジンカ (Белая м..
at 2017-07-26 05:10
二年振りに訪問のモスクワ動物..
at 2017-07-26 05:00
夜も更けたアルバート通りを歩..
at 2017-07-25 05:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin