街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園で誕生の赤ちゃんの命名について同動物園が告知

a0151913_231534.jpg
Photo(C)Комсомольская правда

昨年12月16日にロシア連邦タタールスタン共和国のカザン市動物園でマレイシュカお母さんが一頭の赤ちゃんを出産し、その赤ちゃんが3月21日に突然その誕生の事実と赤ちゃんの姿の公開が行われた件についてはすでに投稿しています。 この赤ちゃんについてカザン市動物園は5月5日に名前を決めるイベントを行うことを発表しました。 カザン市民には是非多く集まってもらいたいと呼び掛けています。

カザン市動物園では以前から、ホッキョウグマの赤ちゃんの命名には父親の名前の文字から始まり、真ん中もしくは最後の母親の名前の文字を入れるというやり方をやっているそうです。 今回の赤ちゃんの父親は大阪のゴーゴの父親でもあるユーコン (Юкон) ですから赤ちゃんの名前は”Ю” (ユー)から始まり、そして母親はマレイシュカ (Малышка) ですから” М” の文字が赤ちゃんの名前の真ん中か最後に入るというルールでの命名ということになります。 参加者にはゲームに参加してもらって当たった人々に名前を選んでもらうというやり方のようです。 おそらく前もって複数の案が用意されているのでしょう。 この今回の赤ちゃんについてカザン市動物園では雌であることを公式に明らかにしたようです。 名前は雌の名前にすることを条件にすると発表しているからです。
a0151913_9151123.jpg
Photo : Аргументы и Факты – Казань /VK

カザン市動物園では、同時にこの赤ちゃんのスポンサーになってくれる団体を募っているようです。 このカザン市動物園は何分財政的に苦しく、こういったことで寄付を募るということなのでしょう。 私が一昨年の秋にカザン市動物園を訪問した際にも、やはりこの動物園の予算のやりくりに苦心している様子が窺い知れました。 この赤ちゃんもこのような飼育環境の厳しい動物園に生まれてきて本当に可哀想な気がします。 泳ぐといってもまともなプールなどないわけです。 しかしこういった厳しい環境で生まれてきたあのレニングラード動物園のウスラーダは、現在サンクトペテルブルクであのような見事な繁殖実績を誇っているわけですからたいしたものです。 今回のこの赤ちゃんが将来果たしてどの国のどの動物園に行くことになるかわかりませんが、注目して今後を見守っていきたいと思います。 前回もご紹介していますが再びこの赤ちゃんの3月21日の一般公開日のTVのニュース映像をご紹介しておきます。


В Казанском зоопарке посетителям показали белого медвежонка

世界のいくつかの動物園での2012~13の繁殖シーズンで誕生した赤ちゃんたちはどれもマスコミが大きく報道し、そして地元の方の写真や動画をいくつもネットにアップさせています。 ところがこのカザン市動物園の赤ちゃんは地元のマスコミがこうして報道する以外の一般の方の撮った写真や動画はネット上にはないようです。 こういった点でもこの赤ちゃんは可哀想に思います。 こうなったらもう、私がまた再度カザンに行って、この赤ちゃんの写真や動画をとりまくってネットで紹介したほうがよいですね。 どうもそれがホッキョクグママニアとして私に課された義務であるような気持になってきました。 そうすることにしましょう。 可能な限り、6月中にカザンに行くこととします。

(資料)
Комсомольская правда в Казани (Apr.30 2013 - Казанский белый медвежонок получит имя на Пасху)
Мэрия г. Казани (Apr.30 2013 - 5 мая в казанском зоопарке выберут имя для медвежонка)
Pro­Kazan.ru (Apr.30 2013 - Казанцев приглашают в зоопарк выбрать имя белому медвежонку)
Татар-информ (Apr.30 2013 - Казанцы выберут имя белому медвежонку, родившемуся в Казанском зоопарке)
Аргументы и Факты – Казань (Apr.30 2013 - Зооботсад приглашает на день рождения белого медвежонка)

(過去関連投稿)
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!

(過去関連投稿 - 2011年 カザン市動物園訪問記)
カザン市動物園へ ~ 貧弱な飼育環境と大きな繁殖実績との間の巨大なパラドックス
カザンの星、マレイシュカお母さんの素顔
カザンで見たユーコン (天王寺動物園、ゴーゴの父) の素顔
カザン市動物園訪問2日目 ~ 疑惑から事実の確定へ
by polarbearmaniac | 2013-05-01 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・オレゴン動物園を去..
at 2017-05-28 23:50
ロシア・ペルミ動物園でセリク..
at 2017-05-27 23:50
ズーパラダイス八木山の二日目..
at 2017-05-26 23:50
ズーパラダイス八木山のホッキ..
at 2017-05-25 23:50
ポーラに迫りつつある正念場 ..
at 2017-05-25 23:30
ラダゴル(カイ)に備わってき..
at 2017-05-25 23:10
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00
アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin