街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシアの氷上サーカス団でスケート演技をするラパに遂に引退の日来る ~ スタロースコルィスク動物園へ

a0151913_028912.jpg
a0151913_0275222.jpg
サーカスを引退してスタロースコルィスク動物園に入園したラパ
Photo(C)Старооскольский зоопарк/BezFormata.Ru

このブログで私は以前からロシアの氷上サーカス団でショーを行うホッキョクグマたちの動向を遂次追いかけてきました。彼らがこういったサーカスで演技することに私は強い抵抗感を抱きはするものの、彼らが無事に元気で演技を続ける姿を確認しておきたかったわけです。 さらにロシアでそういった氷上サーカス団でのショーを行うホッキョクグマの中で現在まで唯一スケートを行う雌のホッキョクグマであるラパ (Лапа) に対して強い関心を抱いてきたわけです。 それについては下の一連の過去関連投稿を是非ご参照いただきたく思います。 以前にもご紹介していますがこのラパの氷上スケートの演技をご紹介しておきます。



このラパですが、とうとう彼女の引退の日がやってきたわけでした。 彼女が今後その余生を送るのは、ロシア連邦ベルゴロド州の都市であるスタールイ・オスコル市 (Ста́рый Оско́л) にあるスタロースコルィスク動物園 (Старооскольский зоопарк) であることがわかりました。 実はラパとその他何頭かのホッキョクグマのチームは昨年の10月にモスクワのボリショイサーカスに参加し元気に演技していたことは「ロシアの氷上サーカス団のホッキョクグマたち、モスクワのボリショイサーカスに出演し大好評」 という投稿でご紹介していました。 しかしこのロシアで唯一となったスケートを行うホッキョクグマだったラパは、この4月にスタールイ・オスコル市のスタロースコルィスク動物園 (Старооскольский зоопарк) に入園した情報が入ってきました。(*注 - このラパがいつからこの動物園に到着したかは不明ですが、今年4月下旬の動物園ニュースでは "На днях" という言い方をしていますので「つい先日」から、つまりこの今年2013年の4月中からであることは間違いありません。)  そのラパのスタロースコルィスク動物園に到着したときの姿が冒頭の2枚の写真です。
(*後記 - このラパがスタロースコルィスク動物園に到着して間もない時の映像とこのスタロースコルィスク動物園の様子を伝えるTVニュース映像がありましたので下にご紹介しておきます。



また、こちらの映像も是非ご覧ください。 スタロースコルィスク動物園に到着したラパの姿と、スケートの演技を行っているラパを紹介したTVニュースです。)

a0151913_123026.jpg
このベルゴロド州のスタールイ・オスコル市のスタロースコルィスク動物園というのは下の映像を見ますと実に素朴で静かな動物園のようです。私はベルゴロド州のこのスタロースコルィスク動物園という名前は初めて聞きました。 飼育展示場のラパの寝室にはエアコンも完備されたそうで、彼女がこの地方の夏の温度の上昇にも快適に暮らせるようにとの配慮でしょう。



このラパはケガもなくこうして無事に引退できたのは幸いだったと思います。 不思議なことに私は何か肩の荷が下りたような気持を感じます。

さて、実はこのラパの「第二の人生(熊生)」にさらなる希望の光が差してきたのです。 彼女はまだ20歳 (あるいは21歳)なのですが、なんとこの彼女に繁殖の目的で雄のパートナーがスタロースコルィスク動物園に3年間の予定で来園することになったのです。 それはなんとあのシベリア中部のクラスノヤルスク動物園で飼育されている10歳の雄のセードフ司令官です。
a0151913_1492968.jpg
クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官
Photo(C)ИТАР-ТАСС

先月、「ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官の希望無き恋 ~ 野生出身の雌は高嶺の花」という投稿をいたしておりますのでそれを是非とも最初にご参照いただきたいのですが、ロシア・シベリア中部のクラスノヤルスク動物園で飼育されている10歳の雄であるセードフ司令官 (Командор Седов) が、同動物園で2010年から飼育されている野生孤児の雌のホッキョクグマである3歳半の雌のオーロラ(おそらく元の名前はヴィクトリア)に心を奪われてしまったようで行動が普段の様子とはかなり違ってしまい、一種の「恋煩い」の状態になっていることをご紹介しています。 クラスノヤルスク動物園ではこのオーロラの将来のパートナーは血統面から考えてやはり野生出身のフェリックスとすることを決めているため、セードフ司令官の恋が実る可能性のないこともご紹介していました。 このセードフ司令官の一昨日22日の様子をクラスノヤルスクの地元TVが伝えていますのでそれをご紹介しておきます。



ところがロシア・クラスノヤルスクからの最新の報道によりますと、スタロースコルィスク動物園のあるスタールイ・オスコル市 がクラスノヤルスク市長に対して、セードフ司令官を3年間の期限付きで移動させ、最近からこの動物園で飼育されるようになったサーカス団を引退したラパと同居させて繁殖を狙いたいと申し入れてきたそうです。 それに対してクラスノヤルスク動物園の幹部会は23日、セードフ司令官のスタロースコルィスク動物園への3年間の繁殖目的の移動を承諾する決定を行ったとのことです。 実はこの数日間、このセードフ司令官をどこ別の動物園に移動させようと検討する動きが報じられてはいましたが私にはそれがどこの動物園になるのか見当が付きませんでした。そして決まった移動先というのがこのスタールイ・オスコル市のスタロースコルィスク動物園だったというわけですね。
a0151913_1591536.jpg
セードフ司令官 Photo(C)Сибирское Агентство Новостей

このサーカス出身のラパがこれから繁殖を狙うとすれば円山動物園のキャンディと似たような条件になるわけです。 以前、「アメリカ、デトロイト動物園のベアレ逝く ~ 20歳で初出産に成功したサーカス出身のホッキョクグマの生涯」という投稿をしていますのでそれもご参照頂いたいのですが今回のこのラパにも出産のチャンスは十分に残されていると思います。 是非とも繁殖に成功してほしいと思います。 セードフ司令官は以前にも詳しくご紹介していますが、あの偉大なウスラーダの三つ子の一頭としてサンクトペテルブルクのレニングラード動物園で生まれています。 カイ(仙台)のすぐ上の兄にあたるわけですね。 彼はクラスノヤルスク動物園の人気者で彼を愛するファンが非常に多いわけですが、スタロースコルィスク動物園で無事に任務を果たして帰還してほしいと思います。 彼の健闘を祈るともに、ラパの「第二の人生(熊生)」が幸福なものであるように切に願っています。
a0151913_1425181.jpg
a0151913_11203014.jpg
サーカス現役当時のラパ
Photo(C)«Влекин» - вятский журнал для женщин /CYV.by("Белые медведи катаются на коньках, играют на трубе, дирижируют и поют – шоу «Полярное сияние»")

ラパ、長い間のサーカス団でのスケート演技、本当にご苦労様でした! これからの繁殖にも期待していますが、まずゆっくりと休養して下さい。

(資料)
Мир Белогорья (May.17 2013 - В старооскольском зоопарке появились новые обитатели)
KaviCom.ru (Apr.27 2013 - Новоселы Старооскольского зоопарка ждут гостей)
Городские новости. Красноярск (May.23 2013 - Белый медведь Седов на время уедет в Старооскольский зоопарк)
Информационный медиа-портал Yarsk (May.24 2013 - Белый медведь Седов уедет в Старый Оскол для создания семьи)
ТАСС-Сибирь (May.23 2013 - Белый медведь по кличке Командор Седов из Красноярска отправляется "в командировку за потомством")
ИТАР-ТАСС (May.23 2013 - Белый медведь по кличке Командор Седов отправляется "в командировку за потомством")
BezFormata.Ru. (Apr.27 2013 - Белый медведь и тираннозавр)
Комсомольская правда (May.23 2013 - Командор Седов поедет лечить разбитое сердце в другой зоопарк)
СТС-Прима (May.22 2013 - Белому медведю из «Роева Ручья» нашли невесту)
«Влекин» - вятский журнал для женщин (Mar.25 2012 - Цирк и белые медведи на коньках)
Виктория Мур (Dec.7 2012 - «Белые медведи» п/р Юлии Денисенко – очаровательный аттракцион программы Московского цирка на пр. Вернадского)
ТРК Прима-ТВ (May. 22 2013 - Белому медведю из «Роева Ручья» нашли невесту)
(*追加資料)
ТВК-6 (Jun.13 2013 - Невеста для Седова)

(過去関連投稿)
サーカス団(ロシア)のホッキョクグマの訓練風景
ロシアの氷上サーカスでスケート演技をするホッキョクグマのラパ ~ その引退の日は遠し
ロシアの氷上サーカスのホッキョクグマ ~ 現役で活躍するラパ、そして引退したホッキョクグマたちの余生
ロシアの氷上サーカスのホッキョクグマのラパ、ベラルーシ公演でも大好評となる
ロシアの氷上サーカスに出演のホッキョクグマたち、元気に公演を続ける
ロシアの氷上サーカスに出演のラパたち5頭のホッキョクグマの最近の様子
ロシアの氷上サーカス団のホッキョクグマたち、モスクワのボリショイサーカスに出演し大好評
(*以下、セードフ司令官関連投稿)
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の伊達男たち ~ 華麗なる独身生活を謳歌?
ロシア・クラスノヤルスク動物園のプール開き
ロシア・クラスノヤルスク動物園の夏の始まり ~ プールを雌2頭に占領されてしまったセードフ司令官閣下
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のプール開き
ロシア・シベリア中部のクラスノヤルスク動物園のセードフ司令官の10歳のお誕生会 ~ 行方不明の兄弟たち
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官の希望無き恋 ~ 野生出身の雌は高嶺の花
アメリカ、デトロイト動物園のベアレ逝く ~ 20歳で初出産に成功したサーカス出身のホッキョクグマの生涯
by polarbearmaniac | 2013-05-24 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-09-19 01:15
ポーランド・ワルシャワ動物園..
at 2017-09-18 02:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-09-17 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-09-16 06:00
とくしま動物園のポロロの充実..
at 2017-09-15 03:00

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag