街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ ・ ウィスコンシン州 マディソン市、ヘンリー・ヴィラス動物園の30歳のミシュカ、ひっそりと逝く

a0151913_2141091.jpg
亡くなったミシュカ  Photo(C)WKOW/Henry Vilas Zoo

アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにあるヘンリー・ヴィラス動物園のSNSのページ、及び報道の語るところによりますと、同動物園で20年間にわたって飼育されていた30歳の雌のホッキョクグマであるミシュカが先週の初めに、老齢からきた複合症 (complications related to her advanced age) の悪化によって安楽死という処置で亡くなったとのことです。 以下は生前のミシュカの姿です。 まずこれは2010年の春に撮影されたもののようです。



この下は昨年の暮れの雪が降っている日の映像です。 新しくもらったおもちゃを水から引き揚げようとしていますが、うまくいかないようです。 高齢にもかかわらず実に美しいホッキョクグマだと思います。



実はこのヘンリー・ヴィラス動物園については以前に一度、「繁殖のために住み慣れた動物園を旅立ったホッキョクグマ ~ ヘンリー・ヴィラス動物園のナヌークへの期待」 という投稿をしていただけでした。 なにしろこの動物園は入場料も駐車場利用も無料という動物園である点でも有名ですが、そういった入場無料という動物園は全米で10施設あるそうです。 私が実際に訪問したアメリカの動物園で入園が無料だったのはシカゴのリンカーンパーク動物園だけでした。

実はこの動物園では1988年、まだミシュカが来園する前のことですが、精神異常者がホッキョクグマ展示場に侵入したために警官がホッキョクグマに発砲し、その結果として15歳のチーフという名前の雄のホッキョクグマがその警官によって射殺されたという大変に不幸な事件があったそうです。以下はそれを伝える新聞記事です。 この時は警官がホッキョクグマを射殺したことに対して賛否両論の議論がわきあがっようです。 何か事があれば、それがたとえ全面的に人間に責任があったとしても生命をもって責任を取らされるのはいつでも動物たちです。 まったく理不尽な話です。
a0151913_19183695.jpg
以前の「繁殖のために住み慣れた動物園を旅立ったホッキョクグマ ~ ヘンリー・ヴィラス動物園のナヌークへの期待」という投稿で、長年このミシュカのパートナーであったナヌークがバッファロー動物園に移動する件をご紹介しましたが、バッファロー動物園でこのナヌークは見事に役目を果たし、アナーナとの間に生まれたのがあの人工哺育で育てられているルナです。 ナヌークはまた新たなる使命を帯びてコロンバス動物園に移動しています。 ナヌークはヘンリー・ヴィラス動物園にその所有権があるようですが、今回亡くなったミシュカの所有権はミルウォーキー動物園にあるそうです。 ミシュカがナヌークとの間で繁殖に成功できなかったのは誠に残念なことでした。
a0151913_20311196.jpg
ミシュカ  Photo(C)WKOW/Henry Vilas Zoo

このヘンリー・ヴィラス動物園では現在、新しいホッキョクグマ展示場を新設する計画が進行中で、その具体案が昨日の水曜日に発表されたばかりです。 そういった華々しい報道、そしてかつてのパートナーであったナヌークの活躍...そういったことの中でミシュカの死のニュースはまるで陰に隠れたようになかなか報道されませんでした。 しかし我々の前から、また一頭、美しい姿をした老ホッキョクグマがこうして姿を消したのです。 ひっそりと亡くなったミシュカの冥福を心より祈ります。 本当に長い間ご苦労様でした。
a0151913_3471864.jpg
Photo(C)Henry Vilas Zoo

(過去関連投稿)
繁殖のために住み慣れた動物園を旅立ったホッキョクグマ ~ ヘンリー・ヴィラス動物園のナヌークへの期待

(資料)
Channnel3000.com (May.29 2013 - Zoo's polar bear dies, officials say)
WKOW.com (May.30 2013 - Henry Vilas Zoo's polar bear, Mishka, euthanized)
Madison.com (May.30 2013 - Farewell to Mishka: Vilas Zoo polar bear euthanized)
Surroundedbyreality.com (Mar.13 1988 - Polar Bear "Chief" Shot & Killed at Henry Vilas Zoo)
Wisconsin State Journal (Apr.3 2010 - High cost to bear: Vilas Zoo at 100 years)
Madison.com (May.29 2013 - Vilas Zoo unveils plans for new cafeteria, Arctic exhibit, 'Forever Free' fund)
Wisconsin State Journal (May.29 2013 - Costs to be reduced for zoo's sprawling Arctic Passage exhibit)
Channnel3000.com (May.29 2013 - Bear habitat to help keep zoo free for attendees)
by polarbearmaniac | 2013-05-30 19:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00
オランダ・エメン動物園に移動..
at 2017-05-23 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-05-22 21:00
モスクワ動物園のホッキョクグ..
at 2017-05-21 22:00
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-05-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-05-20 20:30
バフィン、偉業を成し遂げつつ..
at 2017-05-19 23:30
モモの真っ直ぐな成長 ~ 母..
at 2017-05-19 23:00
浜松市動物園にゆったりと流れ..
at 2017-05-19 22:00
ロシア・ヤクーツク動物園のハ..
at 2017-05-19 06:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin