街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワ動物園の一歳半の三つ子ちゃんの近況 ~ 同園でのホッキョクグマ一頭あたりの飼料費は?

a0151913_10151574.jpg
モスクワ動物園での最近の三つ子ちゃん Photo(C)Anatoly Snezhko

モスクワ動物園で一昨年2011年11月にシモーナお母さんが三つ子での赤ちゃんを出産していますが、その三つ子ちゃんの様子は現地からのレポートも含めて今まで何回もご紹介してきました。 モスクワ動物園は世界で最もホッキョクグマの繁殖実績を誇る動物園ですが、意外なことに三つ子の誕生というのはかなり珍しいことだったようです。 同園の記録を調べてみますと少なくとも1970年以降では今回のシモーナお母さんの三つ子以外に2例(1971年、1981年)あるのですが、いずれも3頭全部は育たなかったようです。
a0151913_23354517.jpg
モスクワ動物園での最近の三つ子ちゃん
Photo : Форум о куклах на DollPlanet.ru

さて、この三つ子ちゃんたちは例年のように生後一年で別の動物園に移動するのかと思っていましたが、今回はどうもそうではなく引き続きシモーナお母さんと一緒に暮らしているようです。 いくら食べ物に不自由しない飼育下といっても、繁殖計画で1年おきに出産を繰り返させるのはやはり自然の摂理 (野生下では通常は2年おき)には合致していないわけで、通常でしたら予定されているシモーナお母さんの今年の年末の出産はなしということになります。 そのほうがお母さんの健康管理上はよいでしょう。 最近(今年の春以降)の映像を見てみましょう。 まず5月のものです。本当に随分体が大きくなりました。





以下2012年2月23日にこの三つ子の赤ちゃんが戸外に登場して際のニュース映像ですが(生後95日ほどのはずです)、映像で見ると体がかなり小さいですね。



私がこれからさらに一か月後(すなわち生後約120日後)に行った際も体が非常に小さく見えました。 同時期のララの新ツインズのほうがはるかに体が大きかったと思います。 しかしさすがにロシアのホッキョクグマと言うべきか、上にご紹介した今年の4~5月 (生後一年半)の映像を見ると、今度はその体の大きさと発育の良さを感じます。 以前、「動物園でホッキョクグマ1頭を飼育するのにいくらかかるのか?」という投稿で、ホッキョクグマ一頭あたりの一日当たりの食費(飼料費)が仙台・八木山動物公園で約2800円、上野動物園で約2700円であることをご紹介しています。 つまり年間一頭当たり約100万円強という数字です。 ではモスクワ動物園ではどうかといいますと、以下をご参照下さい (下のグラフをクリックしていただくともっと大きくご覧になれます)。
a0151913_0144419.jpg

モスクワ動物園の一頭一日当たりの飼料費
(C)РИА Новости (「数字で見るモスクワの動物園」)

一頭一日当たり28ドルです。現在の換算で約2700円になるでしょうか。 つまり上野動物園や八木山動物園での数字とピッタリ一致しています。 しかし前回の投稿でも指摘しましたが、これはその国での肉の価格、動物園による購入方式の違いなどによって評価が変わりますので厳密な意味で同じかといえばそうは言えないでしょう。 別の投稿でも触れたことがありますが、モスクワ動物園のホッキョクグマの飼料量は他の動物園よりもかなり多いわけですが、肉の価格の安さを考慮に入れれば一頭一日当たり28ドルというのは妥当な数字だとも言えます。  この三つ子ちゃんの生後一年半での体格の良さを見ると、たっぷりと飼料を与えられているからなのでしょう。
a0151913_09120.jpg
(資料)
Сосновский И.П. История зоологических парков мира. Зоопарки и их роль в сохранении диких животных. Сборник научных трудов, изд. Кайнар, Алма-Ата, 1989
РИА Новости (ロシアNow - 「数字で見るモスクワの動物園」)

(過去関連投稿)
動物園でホッキョクグマ1頭を飼育するのにいくらかかるのか?
モスクワ動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 繁殖実績世界一の貫録を見せつける
モスクワ動物園の広報担当者、ホッキョクグマの赤ちゃん誕生を認める ~ ウランゲリ、また父親となる
モスクワ動物園がホッキョクグマの赤ちゃん4頭の誕生を正式発表 ~ シモーナ、遂に三つ子を出産 !?
モスクワ動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、初めて戸外に登場!
モスクワ動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、戸外で過ごす時間が次第に増える
モスクワ動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、活動範囲が徐々に拡大する ~ 性別への憶測
モスクワ動物園で誕生の三つ子の赤ちゃん、戸外で元気に活動を拡大
モスクワ動物園の三つ子ちゃん、はじめまして!
三つ子の世話はシモーナお母さんにとっても大仕事 ~ 3頭の性格の違いは?
小雪降るモスクワ動物園 ~ 三つ子ちゃん元気に遊ぶ
モスクワ動物園の三つ子ちゃん、その多彩な表情
みぞれ混りの雪が降り続いたモスクワ動物園 ~ 長時間のお昼寝の後の三つ子ちゃん
シモーナお母さん、その絶頂期の輝きに満ちた母親像
冷雨のモスクワ動物園、ホッキョクグマ一家の情景
モスクワ動物園の三つ子ちゃんの元気一杯の土曜日
シモーナお母さんと三つ子ちゃん,その多彩な表情 ~ 三つ子の撮影の難しさは予想以上だった!
モスクワ動物園の三つ子の赤ちゃんたちの近況
モスクワ動物園の三つ子ちゃんとの半年振りの再会 ~ シモーナお母さん、育児に大奮闘中
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月20日) のアルバムより ~ 主役たちの魅力
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月21日) のアルバムより ~ 多彩な表情
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月22日) のアルバムより ~ 行動の力学
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月23日) のアルバムより ~ お元気で!
モスクワ動物園の三つ子ちゃん、依然としてモスクワに留まる ~ 彼らの行く先に日本はあるか?
by polarbearmaniac | 2013-06-17 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30
札幌・円山動物園で完成の「ホ..
at 2017-11-16 15:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-11-15 14:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-15 00:30
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-11-14 01:00
アメリカ・テネシー州 メンフ..
at 2017-11-13 01:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag