街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・ニューヨーク州 バッファロー動物園の新施設建設の不足資金を州政府が一部負担の意向示す

a0151913_16335016.jpg
ルナとカリー Photo(C)University at Buffalo

アメリカ・ニューヨーク州のバッファロー動物園で昨年11月27日に生まれ人工哺育で育てられた雌のルナと野生孤児でアラスカ動物園からバッファロー動物園に移送されてきたカリー、この2頭の同居がうまく進行しているバッファロー動物園ですが、すでに見切り発車で計画が進行している総工費1400万ドルのホッキョクグマなどの極地動物を飼育展示する新施設 (“Arctic Edge Polar”) の建設資金のうちで不足している400万ドル分の寄付を市民から募っているものの目標額まで思うように集まらず、それが不可能ならばAZAの飼育基準を満たすことが不可能になりルナ(そしてカリー)の今後の飼育が不可能となることに危機感を募らせているバッファロー動物園でした。 (そういった経緯の全ては過去関連投稿をご参照下さい。) 
a0151913_16195917.jpg
ところが、とうとう救いの手が現れました。 昨日の水曜日にバッファロー動物園の新しい入場口のオープンを記念する式典に出席していた共和党のマーク・グリサンティ (Mark Grisanti) ニューヨーク州上院議員がオープンの挨拶のなかで、ニューヨーク州は当座の着工分として必要な40万ドルをクオモ州知事の協力を得て、自治体の整備費として州政府がとり置いていた予算から支出する意向であることを明らかにしました。 地元TVのニュース映像をご紹介しておきます。 (冒頭にはCMが入ります。)


このグリサンティ・ニューヨーク州上院議員は生まれも育ちもバッファロー市だそうで、地元のために大いに尽力したということになるでしょうか。 まだ州議会の承認は必要ではありますが、まあこれは問題ないのではないでしょうか。 しかし9月初頭までに新施設の建設作業が開始されなければならず、これからは時間との闘いになりそうです。
a0151913_1613280.jpg
ルナとカリー Photo(C)University at Buffalo

グリサンティ・ニューヨーク州上院議員はインタビューにおいても、「この2頭(ルナとカリー)を失うわけにはいかない。」とも発言しています。グリサンティ議員がアラスカで孤児となったカリーの件をどの程度知っているかわかりませんが、カリーの所有権は連邦政府の魚類野生動物保護局 (U.S. Fish and Wildlife Service)にあるわけで、カリーが最終的にどこの動物園で飼育されるかを決めるのはAZAでもバッファロー動物園でもありません。 しかしグリサンティ議員は、ルナはもちろんのことカリーも引き続きバッファロー動物園で飼育されるようにしたいわけですから、これは今後問題が出てくるでしょう。

ともあれ、事態は動き始めたようです。 最近のルナとカリーの様子を一つご紹介」しておきます。



(資料)
The Buffalo News (Jul.10 2013 - Zoo welcomes $400,000 from state as it moves closer to ‘Arctic Edge’ for polar bear cubs)
WIVB.com (Feb.10 2013 - Zoo getting another $400,000 from NYS)
UB Photo Database (Biological Sciences Graduate Student Jackie Heatwole Studying Young Polar Bears at the Buffalo Zoo)
WGRZ-TV (Jul.11 2013 - $400K in State Grants for Buffalo Zoo Polar Bear Exhibit)

(過去関連投稿)
アラスカで保護された野生孤児カリーをめぐるバッファロー動物園とセントルイス動物園との微妙な関係
アメリカ ・ ニューヨーク州、バッファロー動物園で遂にルナとカリーが初顔合わせ
アメリカ ・ バッファロー動物園でルナとカリーの正式な同居展示が開始 ~ カリーの今後について
アメリカ・ニューヨーク州 バッファロー動物園でのルナとカリーの同居は順調に推移

(*以下、ルナ関連)
アメリカ・ニューヨーク州、バッファロー動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ その姿が突然公開
アメリカ・ニューヨーク州 バッファロー動物園の赤ちゃんの追加映像 ~ ララの子供たちの従妹であるルナ
アメリカ・ニューヨーク州 バッファロー動物園の人工哺育の赤ちゃんのルナが初めて戸外へ
アメリカ・ニューヨーク州 バッファロー動物園の赤ちゃん、ルナの近況を伝えるTVニュース映像
アメリカ・ニューヨーク州 バッファロー動物園の赤ちゃん、ルナが雪の舞う戸外へ
アメリカ・ニューヨーク州 バッファロー動物園の赤ちゃん、ルナが遂に一般公開へ
アメリカ・ニューヨーク州、バッファロー動物園の赤ちゃんの「ルナ」が仮称から正式の名前となることが決定
アメリカ・ニューヨーク州、バッファロー動物園のルナの近況 ~ 人間の視線への意識と興味
(*以下、カリー関連)
アメリカ・アラスカ州の北西岸でホッキョクグマの孤児の赤ちゃんが保護!
アメリカ・アラスカ動物園で保護された野生孤児のカリーが今春に期限付きでバッファロー動物園へ
アメリカ・アラスカ動物園で保護されている野生孤児のカリーの一般公開が始まる
アメリカ・アラスカ動物園で保護されている野生孤児のカリーを間近で撮り続けている専属カメラマンの視点
アメリカ ・ アラスカ動物園で保護されている野生孤児の赤ちゃん、カリーの近況と今後について
アメリカ・アラスカ動物園の野生孤児カリー、来週後半に ニューヨーク州のバッファロー動物園へ
アメリカ・アラスカ動物園の野生孤児カリーがニューヨーク州のバッファロー動物園に無事到着
by polarbearmaniac | 2013-07-11 17:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-21 12:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-20 15:00
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-04-20 14:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-20 01:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin