街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア西部、スタロースコルィスク動物園でのラパとセードフ司令官の近況 ~ ラパの健康状態への危惧

a0151913_3123023.jpg
スタロースコルィスク動物園正門 
Photo(C)journalinka/Журнал бобра и благополучия
a0151913_2242989.jpg
セードフ司令官(左)とラパ(右)
Photo(C)Красноярский зоопарк

ロシア連邦ベルゴロド州の都市である人口20万人のスタールイ・オスコル(Ста́рый Оско́л) 市にあるスタロースコルィスク動物園 (Старооскольский зоопарк) は長年ロシアの氷上サーカス団でスケートの演技を行ってきた20歳のラパが今年の3月に引退して余生を過ごすために送られた動物園です。 このラパのパートナーとなるべく中部シベリアのクラスノヤルスク動物園から移動してきたのが10歳になったセードフ司令官です。 この件についてはすでに、「ロシアの氷上サーカス団でスケート演技をするラパに遂に引退の日来る ~ スタロースコルィスク動物園へ」、「ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官が今週末に同園を出発し新天地へ」、「ロシア・シベリア中部 クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官が同園を出発し、五千キロの移動の旅へ」、及び「ロシア・クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官が陸路5日間で無事にスタロースコルィスク動物園に到着」という四つの投稿をご参照下さい。

この2頭のスタロースコルィスク動物園 での様子を伝えるクラスノヤルスクのTV局のニュース映像をご紹介しておきましょう。



(*追記 - ロシア1TV系列の地元局がセードフ司令官の到着の様子、ラパとの対面、そして水で体を洗ってもらっている映像をニュースで公開していますので、こちらをクリックしてご覧下さい。)

(*追記2 - さらにもう一つTVニュース映像をご紹介しておきます。)



このスタロースコルィスク動物園は実はこういったサーカスで活躍後に引退した動物たちの引受先となっているそうで、ラパの他にもゾウやライオン、チンパンジーなど何頭ものサーカスの元スターたちが身を寄せている動物園だそうです。 このホッキョクグマのラパは引退直前はモスクワのボリショイサーカスに参加しており、その時の模様は以前に「ロシアの氷上サーカス団のホッキョクグマたち、モスクワのボリショイサーカスに出演し大好評」という投稿でご紹介しています。 このラパがサーカスを引退してタロースコルィスク動物園に入園した当初は、非常に悲しそうな様子をしていたようで担当者は彼女に様子に非常に心配したそうです。サーカス団ではいつも他に何頭かのホッキョクグマの仲間たちがいたものの、こうやって引退後の動物園では彼女はホッキョクグマとしては一頭で飼育されていたわけで、食欲がかなり落ちてやせ細ってきていたそうで、確かに下の写真で見るラパ(右)はサーカスで活躍していた当時と比較すると非常に体が細くなっていますね。 これはかなり心配です。
a0151913_212341.jpg
ラパ(右)とセードフ司令官(左) 
Photo(C)Лариса Чащина/Старый Оскол online

ところがセードフ司令官がスタロースコルィスク動物園にやってきてからというもの、ラパの食欲は驚くほど回復したとのこと。 ラパは隣にやってきたセードフ司令官に大いに興味を示し、鼻を突き合わせてあいさつを交わしたり前脚を格子から出してセードフ司令官に触れようとするなど、なかなか積極的なところを見せているそうです。 セードフ司令官はだんだんとこの場所に慣れてきているそうです。 この2頭の同居は、こうやって数か月間様子を見てから行いたいというのが動物園側の意向のようです。 ラパの健康が心配ではありますが、なんとか早くラパの体が元の大きさに回復してほしいところです。
a0151913_2165871.jpg
セードフ司令官(左)とラパ(右)
Photo(C)Лариса Чащина/Старый Оскол online

このスタロースコルィスク動物園というのは地方都市の素朴な雰囲気のある動物園のようで、サーカスでスポットライトを浴びていたラパのようなスターには物足りない感じもありますが、しかし郊外にあって周囲の環境は良好ですし園内は広々としていますので、むしろ落ち着いて暮らせる動物園なのかもしれません。 動物園側は早速このラパとセードフ司令官のために新しい飼育展示場を早急に作るそうで、チェコから招聘する専門家が新ホッキョクグマ飼育展示場の設計を行うとのことです。

以下、またこの動物園の様子を伝える映像をご紹介しておきます。 この映像が撮られた時点ではまだラパは入園していませんので、この映像でホッキョクグマの姿を見ることはできません。 実に素朴な動物園という印象が強いです。



こういった今回のニュースでもなければ、スタロースコルィスク動物園は全く光の当たらない動物園だったでしょう。 私も今回の件で初めてこの動物園の存在を知りました。
a0151913_315107.jpg
スタロースコルィスク動物園正門 Photo(C)AOZ/Panoramio

(資料)
Красноярский парк флоры и фауны «Роев ручей» (Jul.11 2013 - Седов и Лапа.)
Информационный медиа-портал Yarsk.ru (Jul.11 2013 - Седов благополучно перенёс переезд из Красноярска в Старый Оскол)
Старый Оскол online (Jul.4 2013 - Шестьсот килограммов любви)
Аргументы и Факты – на Енисее (Jul.11 2013 - Красноярский белый медведь Седов приехал в Старооскольский зоопарк)
газета «Оскольский Край» (Лапа открывает сезон)
ТРК Прима-ТВ (Jul.11 2013 - Белый мишка Седов наконец-то встретился со своей невестой)
(*追記資料)
«Государственный интернет-канал «Россия» (Jul.13 2013 - Медведь Седов осваивается в Старооскольском зоопарке)

(過去関連投稿)
サーカス団(ロシア)のホッキョクグマの訓練風景
ロシアの氷上サーカスでスケート演技をするホッキョクグマのラパ ~ その引退の日は遠し
ロシアの氷上サーカスのホッキョクグマ ~ 現役で活躍するラパ、そして引退したホッキョクグマたちの余生
ロシアの氷上サーカスのホッキョクグマのラパ、ベラルーシ公演でも大好評となる
ロシアの氷上サーカスに出演のホッキョクグマたち、元気に公演を続ける
ロシアの氷上サーカスに出演のラパたち5頭のホッキョクグマの最近の様子
ロシアの氷上サーカス団のホッキョクグマたち、モスクワのボリショイサーカスに出演し大好評
ロシアの氷上サーカス団でスケート演技をするラパに遂に引退の日来る ~ スタロースコルィスク動物園へ
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官が今週末に同園を出発し新天地へ
ロシア・シベリア中部 クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官が同園を出発し、五千キロの移動の旅へ
ロシア・クラスノヤルスク動物園のセードフ司令官が陸路5日間で無事にスタロースコルィスク動物園に到着
by polarbearmaniac | 2013-07-12 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin