街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

カナダ・コクレーン、保護教育生活文化村へのイヌクシュクの帰還とEAZAの狙うミラクの欧州域外流出阻止

a0151913_0225149.jpg
イヌクシュク Photo(C)Cochrane Times Post

カナダ・オンタリオ州 コクレーンのホッキョクグマ保護教育文化村 (Polar Bear Conservation and Educational Habitat and Heritage Village – Polar Bear Habitat) が明らかにしたところによりますと、同施設から繁殖のために今年の2月にトロント動物園に移動していた雄のイヌクシュクが無事にトロントでの任務を果たして早ければ今月7月の25日にも再びコクレーンに戻ってくることになったそうです。 このイヌクシュクについては「カナダでの飼育下期待の星、イヌクシュクの物語」という投稿をご参照頂きたいのですが、現在彼は欧州のフェリックスと並んで若手の雄の期待の星であることに間違いありません。 そのイヌクシュクの今年の2月の出張先のトロント動物園での映像を一つご紹介しておきます。



イヌクシュクのコクレーンへの移動には、天気予報によって気温が低くなる日を選んで移動日とするそうで、しかも夜間に移動させるというのですから、やはり気温を考慮に入れてのことだと思われます。 彼の体重は約550キロ近いそうで、やはりこのコクレーンで飼育されている彼の息子であるガヌークの体重が約350キロと父と息子では大きな体重差があるということで、もちろんコクレーンではこの父と息子の同居はさせない方針だとのことです。こういった体の大きさがかなり違う雄2頭の同居はとりわけ危険であるというのがその理由です。
a0151913_1992133.jpg
ミラク Photo(C)Aalborg Zoo/Kapuskasing Times

さて、このコクレーンの保護教育文化村 (Polar Bear Habitat) には先日、「デンマーク ・ オールボー動物園のミラクがカナダ・コクレーンのホッキョクグマ保護教育生活文化村へ!」という投稿でご紹介していますのでまずそれを最初にご参照いただきたいのですが、デンマークのオールボー動物園から4歳半の雄であるミラクが移動してくることをカナダ側のマスコミがすでに報じています。 カナダ政府の輸入許可も発行されたそうです。 具体的なミラクの来園の日程は近く発表されるとのことでした。

ところが一昨日のコクレーン・ホッキョクグマ保護教育文化村がSNSのページで明らかにしているところによりますと、EAZA (欧州動物園水族館協会) のコーディネーターはEEP (European Endangered species Programme) の適用対象個体であるミラクの欧州内で受け入れが可能な施設の選定・検討 (evaluate) を現在行っているという極めて微妙な状況であるようです。 オールボー動物園ではヴィクトリアとマリクという2頭の雌の次の繁殖のためにはミラクを他園に移動させねばならなかったわけです。 その調整についてオールボー動物園はEAZA のコーディネーターの動きのあまりの遅さにしびれを切らしていたようで、私はこれは冗談ではないかとも思いますがミラクを中国に売却することも考慮に入れていたようです。 そしてそういったミラクの中国行きの「危険性」に対して「救いの手」、すなわちミラクを購入する意思を示すことによってミラクの中国行きの「危険性」から救い出そうとしてオールボー動物園に手を差し伸べたのがカナダ・コクレーンのホッキョクグマ保護教育文化村であった...諸情報を総合しますと、どうもそれが真実であるようです。 ところが今頃になってEAZA のコーディネーターはEEP を盾にしてミラクの欧州域外流出をなんとか阻止しようと動いているということです。 ミラクがEEP の適用対象個体であっても、やはりオールボー動物園のミラクに対する所有権が優越しますのでオールボー動物園はそのミラクに対する自らの所有権を主張してミラクをコクレーンに売却しようとしており、ミラクのコクレーン行きは目前に迫っているというのが現時点での状況でしょう。 オールボー動物園はここのところEAZAのコーディネーターにかなりの不信感を持っており、今回の件では怒りすら感じているように推察できます。

今にして思えば、実はこのミラクのカナダ・コクレーン行きについてマスコミの報道はあるものの、何事にも情報発信に熱心なコクレーンのホッキョクグマ保護教育文化村がこのミラクの件について今まで一切沈黙を守ってきたというのが実に不思議でした。 つまり、オールボー動物園とコクレーンとの間の契約が土壇場でEAZAの介入によって履行不能に陥る危険性をカナダ側は察知していたということになると思われます。 だからこそ、ミラクの受け入れ(購入)の事実についてカナダ側は沈黙を守らざるを得なかった...そう考えると全て辻褄が合うわけです。

さて、EAZAのコーディネーターはミラクの欧州域外のカナダへの流出を阻止できるでしょうか? これから数日間の事態の推移に注目が集まります。 これはミラクという1頭のホッキョクグマをめぐる人間のドラマであるわけです。

(資料)
Polar Bear Habitat (Jul.16 2013 - Inukshuk Returns)
Cochrane Times Post (Jul.16 2013 - Nuki's coming back)
Kapuskasing Times (Jun.19 2013 - Cochrane Polar Bear Habitat to Get A New Polar Bear)

(過去関連投稿)
カナダでの飼育下期待の星、イヌクシュクの物語
カナダ・トロント動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 今シーズン最初の出産ニュース
カナダ ・ トロント動物園でホッキョクグマの三つ子の赤ちゃんが誕生するも全頭死亡!
カナダ・コクレーン、保護教育生活文化村のイヌクシュク、繁殖への期待を担って再びトロント動物園へ
デンマーク ・ オールボー動物園のミラクがカナダ・コクレーンのホッキョクグマ保護教育生活文化村へ!
by polarbearmaniac | 2013-07-18 19:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin