街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

フィンランド・ラヌア動物園のランツォの入手を狙う日本の動物園 ~ 「ダメで元々」の精神か?

a0151913_23325446.jpg
ランツォ Photo(C)Ranua Zoo

フィンランドのラヌア動物園で一昨年2011年の11月18日にヴィーナスお母さんから生まれた雄のランツォはすでに一歳八か月になっています。 このランツォについてはその誕生から成長を追いかけて昨年は多くの投稿をしました。 このランツォはおそらく今年の暮れにはヴィーナスお母さんに別れを告げて旅立たねばならない時期がやってくるわけで (*追記 - 報道では「来春」ということが報じられていますが)、それはヴィーナスお母さんが来年には次の繁殖に向けての挑戦を行うということと同じ意味を持つわけです。 このランツォの移動先について、ラヌア動物園の園長さんがEAZAのコーディネーターの調整に先んじて自らイニシアティブをとって選定を行っている件については前回の「フィンランド・ラヌア動物園が腐心する1歳半のランツォの移動先選定 ~ 個体移動調整と所有権との関係」をご参照ください。
a0151913_23334381.jpg
Photo(C)Ranua Zoo

さて、2日ほど前にフィンランドのマスコミが伝えるラヌア動物園の園長さんの興味深い話が出ていました。 それによりますと、このランツォについて日本の動物園から問い合わせがあったそうです。 つまりランツォを入手できないかということです。 まだ2歳にもならない雄 (オス)の個体を入手したいというのが日本のいったいどこの動物園なのかを考えてみましたが非常に考えにくいですね。 上野動物園がこのランツォをデアのパートナーにしようなどとは、第一に年齢的に開きがありますから考えてはいないはずです。 それに上野動物園ではデアの入手にからんで、EEPについては十分な知識を得ているものと思われますので、ランツォの入手を狙うということの困難さを熟知しているはずです。 円山動物園がアイラのパートナーとしてランツォの入手を狙うということであれば、ランツォは年齢的にアイラにピッタリです。 しかし、これもないでしょう。 何故なら円山動物園は現在、ホッキョクグマの新施設建設計画に着手している段階で、現時点ではランツォの入手を考えるような労力的な余裕はないからです。 そもそも欧州の個体はEEP の枠内で繁殖を担うわけで欧州域外には出さないというのがEAZA の方針です。 それでも先日、「カナダ・コクレーン、保護教育生活文化村へのイヌクシュクの帰還とEAZAの狙うミラクの欧州域外流出阻止」 という投稿でご紹介していますように幼年・若年個体の所有権を主張してカナダに若年個体を売却しようとしているデンマークのオールボー動物園のような場合もあるにはありますが、それは極めて例外的な場合でしょう。
a0151913_0343471.jpg
Photo(C)Ranua Zoo

つまりその日本の動物園は、そういった欧州内におけるホッキョクグマの繁殖計画の存在を知らずにラヌア動物園に問い合わせをしてきたということでしょうか。 知っていたとしても、ダメで元々と考えてのことでしょうか。 それとも、オールボー動物園の場合のようにラヌア動物園にEAZAに対してランツォの所有権を主張してもらうことによっての売買ならばEEPの壁を突破することが可能と考えたということでしょうか。 私が想像するに、やはりダメで元々と考えてのことでしょう。 ノルウェー政府が行っているホッキョクグマ保護政策を知ってか知らずか、ノルウェー政府に野生のホッキョクグマを捕獲して(しかも性別や年齢の指定までして)日本に送ってほしいというような依頼した日本の動物園すら存在したわけですから、ダメで元々ならば何でも言えるというわけです。

ラヌア動物園でヴィーナスお母さんとランツォが暮らす飼育場は1800平方メートルあるそうです。 その他に雄のマナッセが単独で暮らしている飼育場もそれに匹敵する広さが確保されていたと記憶しています。 ラヌア動物園の園長さんは、フィンランドで初めて飼育下でのホッキョクグマの自然繁殖に成功して誕生したこのランツォの移動先を、なんとか環境の優れた動物園であってほしいと願い苦闘しているわけですが、ランツォは欧州域内に留まるだろうと語っています。 ということはランツォはEEPの枠内で将来繁殖を担わせる個体であると認識しており、欧州域外への売却の意思は無いということを意味します。 ラヌア動物園の園長さんが、「早く欧州内でこのランツォを引き受ける動物園が現れてくれないとランツォは日本に行くことになりますよ。」と言ってEAZAのコーディネーターにブラフをかけたと考えられなくもありません。 しかしそれならば日本よりも中国の名前を挙げたほうが効果的でしょう。 それから園長さんが、カナダの動物園からも問い合わせがあったと言っていることからも、日本の名前をEAZAとの駆け引きのために持ち出したというわけではなさそうです。 となれば、やはり日本のどこかの動物園がランツォの入手を狙っていることだけは事実だと思われます。 しかし、成功の見込みはまずないと言ってよいでしょう。 「ダメで元々」...まさにそういうことでしょう。

(資料)
Kaleva.fi (Jul.21 2013 - Ranzo kasvaa vauhdilla)

(過去関連投稿)
フィンランド・ラヌア動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
フィンランド・ラヌア動物園で誕生の赤ちゃん、順調に生後1か月目へ
フィンランド・ラヌア動物園で誕生の赤ちゃん、生後4週間目の映像
フィンランド・ラヌア動物園で誕生の赤ちゃん、生後54日経過の産室内の映像が公開
フィンランド、ラヌア動物園の赤ちゃん、順調に生後70日間が経過
フィンランド、ラヌア動物園の赤ちゃんが元気に生後3か月へ
フィンランド、ラヌア動物園の赤ちゃん、遂に戸外に初登場!
フィンランド、ラヌア動物園の赤ちゃんの追加映像 ~ 何事にも慎重なヴィーナスお母さん
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃん、戸外の時間が非常に増える ~ 室内/戸外の扉開放方式を考える
フィンランド・ラヌア動物園の親子、まだまだ雪の感触を楽しむ
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんが生後6か月目へ ~ 観光プロモーション映像の公開
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんの水遊び ~ 生後7か月目へ
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃん、生後7カ月が経過 ~ ヴィーナスお母さんの遊び方
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃん、動物園の知名度向上に大きく貢献 ~ 入場料売上げが二倍となる
フィンランド・ラヌア動物園のヴィーナスお母さんと赤ちゃんにとってのオリンピック気分
フィンランド・ラヌア動物園が公開したホッキョクグマ親子の写真・動画を同国オリンピック委員会が問題視
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんが順調に生後9か月が経過 ~ 名前公募の締め切りとなる
フィンランド・ラヌア動物園の赤ちゃんの名前が公募によってランツォに決定 ~ 名前の雄雌識別について
フィンランド・ラヌア動物園のランツォ、間もなく一歳の誕生日 ~ 入園者増加に大いに貢献
フィンランド・ラヌア動物園のランツォ、元気に満一歳の誕生日を迎える
フィンランド・ラヌア動物園が腐心する1歳半のランツォの移動先選定 ~ 個体移動調整と所有権との関係
デンマーク ・ オールボー動物園のミラクがカナダ・コクレーンのホッキョクグマ保護教育生活文化村へ!
カナダ・コクレーン、保護教育生活文化村へのイヌクシュクの帰還とEAZAの狙うミラクの欧州域外流出阻止
by polarbearmaniac | 2013-07-23 23:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

気ままに歩くオールボー旧市街..
at 2017-07-28 05:00
モスクワからコペンハーゲン、..
at 2017-07-28 03:00
ノヴォデヴィチ墓地 (Нов..
at 2017-07-27 05:30
モスクワ、ノヴォデヴィチ修道..
at 2017-07-27 05:00
モスクワのクドリンスカヤから..
at 2017-07-26 05:40
モスクワの「チェーホフの家博..
at 2017-07-26 05:30
ムルマ (Белая мед..
at 2017-07-26 05:20
スネジンカ (Белая м..
at 2017-07-26 05:10
二年振りに訪問のモスクワ動物..
at 2017-07-26 05:00
夜も更けたアルバート通りを歩..
at 2017-07-25 05:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin