街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

カナダ北東部 ・ トーンガット山脈国立公園でアメリカ人のグループがホッキョクグマに襲われる

a0151913_14483829.jpg
トーンガット山脈国立公園で見かけるホッキョクグマ 
Photo(C) The Amazing Image
a0151913_14563544.jpg
先週の水曜日、カナダ北東部のニューファンドランド・ラブラドール州 (Newfoundland and Labrador) にあるトーンガット山脈国立公園 (Torngat Mountains National Park) のナクヴァク・フィヨルド (Nachvak Fjord) の付近でキャンプをしていた8名のアメリカ人のグループがいくつかのテントを設営してあった場所に一頭のホッキョクグマ現れ、電気柵を突破してその一つテントに近づき中にいた一人の男性に襲い掛かったそうです。 そのグループの他のメンバーは照明弾でそのホッキョクグマを追い払うことに成功し、瀕死の男性を救いだして早速カナダの国家警察 (RCMP - Royal Canadian Mounted Police) と連絡をとり、カナダの国立公園管理庁 (Parks Canada) が派遣したヘリコプターによってその男性はモントリオール総合病院に運ばれた治療を受けているそうです。この事件を伝えるTVニュースをご紹介しておきます。 



このグループのメンバーの一人に医師がいたため、男性がホッキョクグマに襲われた直後に応急措置が施されることが可能であったことが、その男性がなんとか一命を取り留めた原因のようです。

この男性はアメリカ・メイン州の有名な弁護士であるマット・ダイヤー氏だそうです。現在のダイヤー氏の状態は重体ではあるものの安定はしているとのことです。ホッキョクグマに日常によく遭遇するこの地域が2005年からトーンガット山脈国立公園として設定されて以来、こんな事件は初めてのことだとカナダの国立公園管理庁 (Parks Canada) の担当者は語っています。

さて、人間がホッキョクグマに襲われるこうした事件は年に何度か起きるわけで、今回の事件をここでとりたてて投稿する必要もないのではないかと思ったのですが、しかし今回の事件に遭遇したグループが他のそういった事件の被害者と大きく異なる点がありますので投稿しておくことにしました。

一般にこうしてホッキョクグマの生息地に入り込んでいく人間はどういった用事があってか知りませんが彼らの生息地に「土足」で入り込み、自ら勝手にホッキョクグマに襲われるかもしれないリスクを作り出しておきながら、いざ本当にホッキョクグマが現れると、いとも簡単に「正当防衛」を盾にホッキョクグマを射殺してしまうわけです。 ところがこの今回のアメリカ人のグループはそうではなかったようです。 まず彼らは銃は持たずに照明弾しか所持していなかったらしいことと、テントの周囲を電気柵で囲むことでホッキョクグマが接近するのを防ごうとしていた点です。 実はナダの国立公園管理庁 (Parks Canada) は、このトーンガット山脈国立公園を訪れる人は前もって銃を所持したイヌイットの警備員 (polar bear guard) を雇っておくことが必要であると訪問予定者に警告してはいるもののそれは法的義務ではないそうで、今回のアメリカ人のグループはそういった警備員はあえて雇っていなかったという事実があるようです。 今回の出来事はホッキョクグマが電気柵を突破するという想定外の事態が引き起こした事件だったと思われます。 重体の被害者には同情を禁じ得ません。 しかしホッキョクグマは射殺されることなく追い払われただけだったという点についてはよかったと思います。

(資料)
CBC News (Jul.26 2013 - Polar bear attack injures hiker in Labrador park)
CBC News (Jul.28 2013 - Hiker recovering in Montreal hospital after polar bear attack)
USA Today (Jul.26 2013 - U.S. hiker mauled by polar bear)
Globalnews.ca (Kul.29 2013 - Man mauled by polar bear in Labrador remains in critical condition)

(過去関連投稿)
カナダ・ニューファンドランド島で民家に押し入ったホッキョクグマが射殺される
カナダ・ニューファンドランド島で再びホッキョクグマが射殺 ~ カナダ警察による 「緊急処置」 との説明
カナダ・ニューファンドランド島で目撃されたホッキョクグマがまた射殺される
カナダ・ニューファンドランド島で目撃されたホッキョクグマ、生け捕りにされ無事に無人地帯に移送される
カナダ、ニューファンドランド・ラブラドール州でまたホッキョクグマが射殺される
カナダ・ニューファンドランド島で無許可でホッキョクグマを射殺した男が訴追される
by polarbearmaniac | 2013-07-29 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30
札幌・円山動物園で完成の「ホ..
at 2017-11-16 15:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-11-15 14:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-15 00:30
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-11-14 01:00
アメリカ・テネシー州 メンフ..
at 2017-11-13 01:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag