街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ウラル地方 ペルミ動物園が創設80周年を祝う ~ 偉大なるアンデルマ健在!

a0151913_163712.jpg
アンデルマ Photo(C)Аргументы и Факты

ロシア・ウラル山脈の麓にある都市、ペルミ市の動物園といえば小さな動物園であるにもかかわらず日本との繋がりは軽視できません。 特にこのペルミ動物園から日本にやってきたホッキョクグマとアムールトラは有名です。 アムールトラは釧路市動物園と浜松市動物園で飼育されています。 ホッキョクグマについては日本のどの動物園のどのホッキョクグマがペルミ動物園のこの偉大なるアンデルマから生まれ、そして日本にやってきたかなどはこのブログをご訪問いただいている方はご存じでしょうから今更もう書くことはしません。 私自身もこのブログを開設してから2度ペルミ市を訪問し、合計5回もこの動物園に足を運んでいます。 たった2ヘクタールしか面積のない小さな動物園ですから(ちなみに天王寺動物園は11ヘクタール、上野動物園が14ヘクタール、旭山動物園が15ヘクタールです)、その結果として数多く飼育されている動物たちの檻も狭くて飼育環境については褒められたものではないのですが、私にとっては非常に愛着を感じる動物園です。 そのためもあってか、このブログではペルミ動物園の話題を今まで数多く投稿してきました。 やはりなんといってもアンデルマという超の上に超のつく大物ホッキョクグマが余生をひっそりと送っている動物園であり、その点から言ってもやはり軽視することのできない動物園です。
a0151913_1153121.jpg
ペルミ動物園時代のユーコン (現 カザン市動物園)
Photo(C)Комсомольская правда

さて、年間の入園者数が30万人ほどのこのペルミ動物園が創設80周年を迎え、先週末にその大規模なお祝いの式典が催されたことが現地からのニュースで入ってきています。 動物園内で行われたアトラクションではウドムルト共和国から招聘された “Бурановских бабушек” (「ブラノヴスクの婆さんたち」とでも訳しましょうか) という有名な老女グループの歌と踊りが大人気だったようです。
a0151913_1213310.jpg
式典に登場した“Бурановских бабушек” (「ブラノヴスクの婆さんたち」)  Photo(C)Аргументы и Факты
a0151913_1243715.jpg
動物園内での式典に参加した人々 Photo(C)Комсомольская правда

このペルミ動物園創設80周年についてのTVニュースの映像をご紹介しておきましょう。 開始後19秒あたりから登場しているオリガ・アリキナさんはホッキョクグマの担当飼育員さんです。 開始後1分6秒あたりから登場しているのがアンデルマです。 彼女の元気な姿を見るのは嬉しいことです。 それから園長さんのカルダショヴァさんは、この動物園で生まれたホッキョクグマが日本に行っていることにも触れています。



ペルミ動物園の金網に手こずりながらも4日間連続でこのホッキョクグマ展示場に張り付いてアンデルマとテルペイを観察した思い出は尽きないところです。ペルミ動物園にはまた行くつもりです。

下にソ連時代の1960 ~ 70年代のペルミの街の様子を映した映像がありますのでご紹介しておきます。



こういった戦後のソ連時代のペルミ動物園で飼育されていたホッキョクグマの写真を一枚見つけました。 
a0151913_2521072.jpg
この上の写真のホッキョクグマの詳細については不明ですが、今後いろいろと調べてみたいと思います。 現在のアンデルマがペルミ動物園で飼育されるようになったのは以前も書きましたが1997年からでした。 彼女は極北の地で息子のメンシコフとともにレニングラード動物園のスタッフに捕獲され、レニングラード動物園、カザン市動物園を経てこのペルミ動物園にやってきたわけでした。 息子のメンシコフ、孫のシモーナというアンデルマの誇る輝かしい血族についてはこれも今さら改めて申し上げる必要はないでしょう。 彼女の血を引くホッキョクグマは日本の動物園に5頭存在しています。 その名前も今さらここで申し上げる必要はないでしょう。 そういったアンデルマの暮らすペルミ動物園は、規模は小さいながらも我々にとっては決して忘れることのできない動物園なのです。

(資料)
Администрация города Перми (Aug.5 2013 - Новости Перми)
Телекомпания ВЕТТА (Aug.5 2013 - Пермскому зоопарку - 80 лет - репортаж с празднования)
Местное время (Aug.5 2013 - «Бурановские бабушки» пообещали вернуться в Пермь к открытию нового зоопарка. Празднование 80-летия Пермского зоопарка прошло с размахом.)
Комсомольская правда в Перми (Aug.5 2013 - Бурановские бабушки поздравили пермский зоопарк с юбилеем)
Аргументы и Факты - Прикамье (Aug.5 2013 - Бурановские бабушки выступили на 80-летии пермского зоопарка)
Телекомпания НТВ (Aug.5 2013 - Участницы «Евровидения» выступили на празднике в Пермском зоопарке)
Аргументы и Факты в Перми (Jun.17 2013 - В мире животных: Пермский зоопарк на пороге 80-летия)
Комсомольская правда (Dec.25 2012 - Руководство пермского зоопарка в штыки встретило новое предложение губернатора)
vk ИСТОРИЯ ПЕРМИ (История пермского зоопарка)

(過去関連投稿)
雌の入手を求めてペルミ動物園を訪問したベルリン動物園のブラスキエヴィッツ園長ロシア・ペルミ動物園の歴史を物語る貴重な写真 ~ ペルミ州知事が公開のコレクションより
ロシア・ペルミ動物園、ホッキョクグマ舎に置かれた「赤いソファ」
ロシア・ペルミ動物園でのホッキョクグマへの活魚のプレゼント
ロシア・ペルミ動物園で夏期恒例の活魚のプレゼント始まる ~ アンデルマ健在!
ロシア・ペルミ動物園、アンデルマとテルペイの夏
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園で夏期恒例のホッキョクグマへの活魚のプレゼント始まる
(*2010年、2011年ペルミ動物園訪問記)
ペルミ動物園に入ります
「おいゴーゴや、お母さんだよ。元気でやってるかい?」
アンデルマの輝かしい姿に感動....!
アンデルマの三態
アンデルマさん、お元気で!
ペルミ動物園へ ~ アンデルマとの待望の再会!
アンデルマ、至高の存在である名ホッキョクグマの素顔
好男子テルペイの素顔 ~ ペルミ動物園2日目
アンデルマ、その年齢を超えた丸顔の美形
アンデルマに午後3時のおやつは肉のプレゼント
ホッキョクグマに魚のプレゼント ~ ペルミ動物園3日目
ペルミ動物園、ホッキョクグマに一日2度のおやつのプレゼント
アンデルマさん、お元気で! ~ ペルミ動物園最終4日目
ペルミ動物園前のオルジョニキーゼ通りを西に歩く
(*アンデルマ関連)
ロシア・ペルミ動物園のホッキョクグマ、「生ける伝説」となったアンデルマ
ロシア・ペルミ動物園で一般公開された生後3ヶ月のゴーゴ(現・天王寺動物園)の様子
ロシア・ペルミ動物園、アンデルマの表情(1) ~ 捕捉し難き素顔
ロシア・ペルミ動物園、アンデルマの表情(2) ~ その存在への認識
2011年ロシア遠征後半(ペルミ動物園関連部分)
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(1) ~ 遠征での映像より
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(2) ~ 遠征での映像より
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(3) ~ 遠征での映像より
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(4) ~ 遠征での映像より
by polarbearmaniac | 2013-08-05 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア南部 ・ ドン河下流の..
at 2017-06-27 19:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-06-26 23:50
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin