街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

餓死したホッキョクグマの写真を掲載した報道記事の波紋 ~ イアン・スターリング氏のコメントをめぐって

a0151913_2395221.jpg
Photo(C)The Guardian/Ashley Cooper

「またもや」 とでも言いたくなるような写真と記事が8月6日付けのイギリスの日刊紙であるガーディアン(“The Guardian”) 紙に掲載されました。 それが冒頭のホッキョクグマの遺体の写真です。

ガーディアン紙の記事 (及び追加取材を行ったアメリカNBC) によりますとこういうことが書いてあります。 まずこの「骨と皮」だけになった16歳の雄のホッキョクグマの遺体は7月にノルウェーのスヴァールバル諸島で発見されたもので、この遺体について著名なホッキョクグマ研究者であるイアン・スターリング (Ian Stirling) 氏によれば、「この場所でまさに死に瀕したホッキョクグマは骨と皮だけになって餓死したようだ。」 と同紙に語り、そして北極圏における氷の減少によってホッキョクグマたちが食料を求めてより広範囲に動いているものの、結局それには成功していない。」 と、その背景について語っています。
a0151913_23131266.jpg
Photo(C)Ashley Cooper/Global Warming Images

また、この個体については前年にノルウェーの極地研究所がスヴァールバル諸島の北部で確認しており、今年の4月にも同じ地域で健康な状態であることが確認されていたそうです(おそらくタグによって確認したということなのでしょう)。 ところが今回この個体の遺体が発見されたのはそういった地域から250キロも離れた場所であり、この事実は通常この地域に暮らすホッキョクグマが移動する距離の2~3倍の距離であることも明らかにされました。 イアン・スターリング氏は、「昨冬にこの列島間の地域の海洋の氷結は正常なものではなく、本来ならばホッキョクグマが狩猟することが可能な地域でも十分な成果がなかったために、また別の場所に移動してみたもののやはり成果がなかったらしい。」 とも述べています。 要するに地球温暖化の影響で昨冬の北極圏の氷の減少が顕著だったために、この個体は獲物を求めて長い距離を移動して体が痩せ細りこの場所で亡くなったのだという解釈です。
a0151913_23141169.jpg
Photo(C)Ashley Cooper/Global Warming Images

さて、こういう写真があるとすぐに飛びつくのがマスコミです。 そしてマスコミの取材に対して地球温暖化のホッキョクグマに与える影響を解説し、そしてその写真の意味するところを説くのは決まってこのイアン・スターリング氏です。 実は以前に「ホッキョクグマの cannibalism(同種食い) を考える」という投稿をしておりますが、その時もマスコミに登場した写真についてイアン・スターリング氏は地球温暖化とホッキョクグマとの関係に結びつけて、掲載した写真の意味を説明しようとしていたわけです。 今回のこの痩せ細って亡くなったホッキョクグマの写真についても同じことです。 しかしさて、こういった写真による一例をもって果たして本当にこのホッキョクグマの死が地球温暖化のもたらせたものなのかと言えば、実はそう断言する明確な根拠はないわけです。 今までだってこんな形で死亡したホッキョクグマなどは何頭もいただろうからです。 いくつかの国のマスコミもこの今回の写真に飛びついてこのホッキョクグマの死を地球温暖化に結びつけた報道を行っていますが、私にはそれは奇妙なことに思われます。 しかしそういった欧米各国の報道をいくつか読んでみた中で唯一、非常に冷静に報道を行っているのが8月7日付けのフランスのフィガロ ("Le Figaro") 紙です。
a0151913_23153962.jpg
フィガロ紙は別の専門家にこの写真を見せて意見を取材しています。 そのうちの一人がノルウェーの極地研究所のヨン・オーシュ (Jon Aars) 氏です。ヨン・オーシュ氏はこの問題のホッキョクグマが今年の4月には健康であったことをノルウェーの極地研究所のスタッフの一員としてのフィールドワークの中で自身で確認しており、そしてその問題のホッキョクグマが7月に遺体で発見されたことも知っていた方です。 つまり調査の当事者の一人であったわけです。 そのヨン・オーシュ氏は、この問題のホッキョクグマが痩せた原因としてまず一般的に考えうる理由としてその個体の加齢と、そして直前の繁殖行動期における他の雄のライバルの個体との闘争などによって体力を消耗した結果である可能性を述べています。 そして、そういった春の時期に雄は歯を失うこともよくあり、それが栄養失調をもたらせたであろう可能性についても言及しています。 フィガロ紙はよくぞこの問題のホッキョクグマを調査していたノルウェーの極地研究所のスタッフ当人に取材してその見解を得るということを行ったものだと思います。 つまり、この写真におけるホッキョクグマの死が地球温暖化の影響であると何のためらいもなく断定することなど到底でき ないということを意味しています。 フィガロ紙の記事は、こういったガーディアン紙のセンセーショナルともいえる扱いを戒める内容となっています。
a0151913_23152926.jpg
Photo(C)Ashley Cooper/Global Warming Images

一般的に、こういった写真をマスコミに持ち込むのは写真家だと思いますが、このような形で記事に使用されれば金銭的な報酬を得られるわけですし、センセーショナルな形で地球温暖化の悪影響を報道したいと考えるマスコミはこういった写真は大歓迎というわけです。 そのようなマスコミに対してホッキョクグマ研究者としては世界で第一人者の一人でもあるイアン・スターリング氏は、いとも安易にマスコミの意図に乗っかる形で発言を行うというのは問題でしょう。 前回のホッキョクグマの cannibalism (同種食い) の件についても然りです。 このイアン・スターリング氏の著作は私も持っていますしホッキョクグマの研究については大変に功績のある方であり、私はその著作だけでなくこの方の書かれたものにはかなり目を通して大変に貴重なことも学んできたつもりですが、敢えて言わせていただくならば、中・長期的な気候変動がもたらすであろうホッキョクグマへの影響についてはともかくとして、このイアン・スターリング氏は短期的な気象変動すらも簡単にホッキョクグマの減少と結びつけてしまいたがる傾向があるのではないかということです。 そういった性急な結論付けの細かい部分の discrepancy について温暖化否定論者やホッキョクグマ減少否定論者に付け入る隙を与えているように思うわけです。 まあこのことはいつか詳しく述べてみたいところです。

イアン・スターリング氏がカナダでホッキョクグマの調査を行っている様子を下のカナダ放送協会(CBC) の映像でご覧ください。この映像は1999年の映像です(冒頭、及び途中に2つほどCMが入ります)。 音声は on にして下さい。



1999年の時点からホッキョクグマの体が以前と比較して小さくなってきているとの調査結果について、ではそれから13年経過した現在ではどうなのか、頭数はどうなっているのかについてその結果を地球温暖化と結びつけて立証するのは実は難しいのではないかという気もするわけです。 「イアン・スターリング氏は昔からホッキョクグマは危機に瀕していて頭数は減少の傾向を示すだろうと言い続けているが実際はそう減ってはいないらしいのはどうしてか?」 という問いが最近になって発せられているのはどう考えたらよいのでしょうか。

(*追記) ホッキョクグマの将来は地球温暖化によって非常に悲観的なものであることは間違いありません。 そのことを、ホッキョクグマ研究者としてはイアン・スターリング氏に勝るとも劣らないスティーヴン・アムストラップ氏は、実は数字に裏付けられたデータを示してこのことを主張しようという意図は薄いようで「生存圏が縮小すれば頭数は減少する。」といったような、物の道理を中心に据え力点を置いて論じようとしています。 ところがこれを数字に裏付けられたデータとして明確に証明しようとする傾向が非常に強いのがイアン・スターリング氏です。 将来の頭数の減少の必然性を証明するためにイアン・スターリング氏が持ち出してくるデータは、たかだか過去20~30年ほどのホッキョクグマの(頭数)データをさらに何年かに区切って、その時の気温の変動、氷の面積と対比させたものを用いて証明しようというわけです。 ところが、そのような短いタイムスパンでの気候変化ではホッキョクグマの頭数の変化にぴったり牽引された結果が出にくいわけで、そこのところを「ホッキョクグマ減少否定論者」に突かれてしまうわけです。 つまり、現時点以降の地球温暖化が確実にもたらすホッキョクグマの頭数の減少を近過去のデータを用いて証明することは非常に難しいということを、はかなくも証明してしまっているように思います。 スティーヴン・アムストラップ氏は、そういうイアン・スターリング氏の採用した正攻法である手法の欠陥を予想できたからこそ、データの提示によってよりも、「生存圏が縮小すれば頭数は減少する。」 という生命界における絶対不変のテーゼを前面に持ち出して地球温暖化がホッキョクグマの頭数の減少を確実にもたらすのだということを主張しているように思います。 しかしながらやはり、いくら結論としては正しくてもデータの裏付けが希薄に見える主張は科学としてはそれほど評価されないという欠点もあるわけです。 私の見たところ、これがイアン・スターリング氏とスティーヴン・アムストラップ氏の、地球温暖化がもたらすホッキョクグマの頭数減少を主張する場合の立場の違いであるように思います。 データを用いて何かを証明しようというイアン・スターリング氏の科学者としての正攻法が、実はうまく成功していないということです。 イアン・スターリング氏のそういった焦りが、マスコミの取材に対して、たった一つの事例を地球温暖化に結び付けて性急に解釈しようという気持ちを強くさせているのではないかと私は感じています。

(資料)
The Guardian (Aug.6 2013 - Starved polar bear perished due to record sea-ice melt, says expert)
NBC News.com (Aug.7 2013 - A victim of climate change? Polar bear found starved to death looked 'like a rug')
Le Figaro (Aug.7 2013 - Derrière l'émotion d'une photo, la situation contrastée des ours polaires)
CBC (Sep.23 1999 - Climate change threatens polar bears)

(過去関連投稿)
ホッキョクグマの cannibalism(同種食い) を考える
カナダ北部、ヌナブト準州の村落近くでホッキョクグマ親子3頭が射殺される ~ 経験と科学の相克
by polarbearmaniac | 2013-08-08 23:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00
エストニア・タリン動物園の雄..
at 2017-06-16 23:55
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-06-15 23:55
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-14 23:55

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin