街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ ・ シカゴ郊外のブルックフィールド動物園のホッキョクグマたち ~ 氷のプレゼントと繁殖への展望

a0151913_0163179.jpg
ハドソン Photo(C)Brookfiled Zoo/Chicago Zoological Society

夏期になりますと、ほとんどの動物園でホッキョクグマに氷のプレゼントというものがあります。 そのようなイベントの模様を伝えるマスコミは多くの場合、「ホッキョクグマは嬉しそうに夢中で氷に噛り付いていた。」 というような表現でその模様を伝えるわけです。 ところが実際のところ、夏の暑い日でも氷などにはさほど関心のないホッキョクグマは多いわけで、氷に噛り付くのは中に何が好物が入っている場合がほとんどです。 ですから、「ホッキョクグマは嬉しそうに夢中で氷に噛り付いていた。」 という表現自体は我々人間の願望、すなわち暑い季節だからホッキョクグマは氷をもらって喜んでほしいし、喜んで当然だという固定観念と期待を意味するものであると理解すべきでしょう。

さて、そうは言うものの、やはり純粋に氷だけを喜ぶホッキョクグマも当然いるわけで、それが下にご紹介するアメリカ・イリノイ州の大都市シカゴの郊外にあるブルックフィールド動物園のホッキョクグマたちのようです。 7月下旬に行われたその模様をCBS のニュース映像で見てみましょう。 登場しているのは雄のオージーでしょう。 三つ目の氷には何かが入っているようです。



このオージー、まさ人間の事前の期待を裏切らない程度に氷を抱いて喜んでいるような表情を見せています。 このシカゴのブルックフィールド動物園ではもちろんホッキョクグマ以外にも氷のプレゼントがあったわけで、そういった様子を同園の公式映像で見てみることにしましょう。



この雄のオージーは実は南半球のオーストラリアで初めて飼育下で誕生したホッキョクグマであり、現在では27歳になっていたはずですが、長く雌のアーキとペアを組んでいました。 そのアーキは2011年の2月に生まれてから26年間過ごしたブルックフィールド動物船を去ってケンタッキー州のルイビル動物園に移動した件は、「シカゴ・ブルックフィールド動物園を去り新天地のケンタッキーへ移動するアーキ」、そしてそのアーキが今年の5月にルイビル動物園で亡くなった件は「アメリカ・ケンタッキー州、ルイビル動物園のアーキ逝く ~ 長く暮らした生まれ故郷を離れての死」のそれぞれの投稿をご参照ください。 アーキーは私もシカゴのブルックフィールド動物園で会ったことがあるホッキョクグマですが、この彼女をわざわざルイビルに移動させた件については私は今でも納得のいかない気持ちです。
a0151913_165210.jpg
故アーキ Photo(C)WDRB.com
a0151913_111878.jpg
オージー Photo(C)Kim Pruim/Polar Bears International

オージーとアーキのペアの間には5頭の子供が成長しましたが、そのうち2頭はすでに亡くなっています。一頭は1999年生まれのティグアクで、彼女の死については 「カナダ・ケベック水族館の11歳のティグアク、歯科治療の麻酔中に亡くなる」を是非ご参照下さい。 また、もう亡くなったもう一頭はキナパクで、彼女の不可解な死については、「動物園による情報公開 ~ アメリカ・バッファロー動物園でのホッキョクグマ連続死亡事件」をご参照ください。 現在このブルックフィールド動物園で飼育されている6歳の雄のハドソンは、このオージーとアーキの最後の子供というわけです。
a0151913_1312424.jpg
ハドソンとアーキお母さん (2007年)
Photo(C)Chicago Zoological Society

アーキ亡き現在のブルックフィールド動物園にはあのバッファロー動物園でルナを産んだアナーナ(札幌・円山動物園のデナリの妹)がバッファロー動物園から移動してきています。 彼女はまだ12歳ですが、雄のオージーが27歳になっていますのではたして繁殖がうまくいくのかが気がかりなところです。 以下は今年の春のオージーとアナーナとの映像ですが、雄のオージーには発情の徴候は確かに見ることができます。



これで27歳のオージーが父親になることができたとすれば快挙でしょう。 それから、オージーとアーキの間の最後の息子であるハドソンですが、彼ももう6歳になっています。 彼もそろそろパートナーが必要な年齢ですが、父親のオージーとアナーナとの間の繁殖が不可能となった場合にはアナーナがハドソンのパートナーになるような気がします。 以下の映像は今年の4月のもので、アナーナとハドソンの同居の映像ですが、ハドソンは6歳にしてはかなり幼い印象を与えます。



ともあれ、これからこのブルックフィールド動物園のホッキョクグマの繁殖を背負っていくのはハドソンでしょう。
a0151913_0555533.jpg
ハドソン Photo(C)Chicago Zoological Society

(資料)
The Washington Post (Jul.19 2013 - Polar bears keep cool in heat)
Brookfield Zoo (Operation Polar Bear)
Brookfield Zoo (Bear Apparent - More Info on Arki and Her New Cub)

(過去関連投稿)
シカゴ・ブルックフィールド動物園を去り新天地のケンタッキーへ移動するアーキ
アメリカ・ケンタッキー州、ルイビル動物園のアーキ逝く ~ 長く暮らした生まれ故郷を離れての死
カナダ・ケベック水族館の11歳のティグアク、歯科治療の麻酔中に亡くなる
動物園による情報公開 ~ アメリカ・バッファロー動物園でのホッキョクグマ連続死亡事件
by polarbearmaniac | 2013-08-09 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-11-24 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag